ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,815
登録商品件数
8,291
Q&A質問数
3,015
Q&A回答数
13,502
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
UTシャフトについて
4679
UTのシャフトがDGS300で、アイアンのシャフトがS200の場合、重量フローが逆転していなければUTのシャフトはS300のままでも特に問題はないのでしょうか?S200に揃えたほうがいいでしょうか?S300のまま使う事で想定される弊害などありましたら教えてください。
 関連用語: アイアン  シャフト 
 回答数:2 | 閲覧数:18563質問者:ふぁいぶ  質問日時:2009/10/27 (火) 0:51 
ふぁいぶさんのコメント
UTはタイトリストのPT585Hで21度と24度を入れています、アイアンは695CBでS300です。今のUTには特に不満はありません。基本的にはこのまま使い続けたいと思いましたが、アイアンをAP2のS200に変えようかと検討中だったので今回の質問となりました。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. ヴァル  回答日時:2009/10/27 (火) 1:17
2384
S200とS300は多少の差はあっても、根本的には同じ性格なわけですし、UTのヘッドが何かわかりませんが、アイアンとUTのヘッドほどの差は無いかと・・・。

クラブはヘッド、シャフト、グリップの3つを組み合わせて成り立ってるわけですから、シャフトだけを見ずに、総合的に見て、自分が振りやすく、打ちたい弾道が出るのなら変える必要は無いです。

クラブセッティングにセオリーはあっても絶対はない。というのが私の考え方です。
異論のある方もおられるでしょうが、最終的には自分を基準に選ばれると良いと思いますよ

どうしても気になるようでしたら、ショップなどで詳しく計測してもらうのをお薦めします。
2. shingo119  回答日時:2009/10/27 (火) 21:17
2297
ヴァルさんのおっしゃるとおり,それほどシビアに考えなくても良いように思います。

スペックを調べると,S200とS300で1gしか違わないので,グリップの誤差以上に気にしなくても良いこととなります。

それでも,振った感じでUTの方が重たく感じるのであれば問題があるかもしれませんが,体感的に問題がないのであれば,許容範囲であると思いますし,何の問題もないと言ってもよいくらいだと思います。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
Steelhead XR PRO アイアン
これが全米No.1のアイアンブランドが作った飛びだ。飛びと打ちやすさに操作性を追及した「Steelhead XR PRO アイアン」誕生!
banner
マルマンSHUTTLE NX-1誕生!
ラクラク、ぶっ飛びシャトル。フルラインで登場!今なら試打アンケートに答えると、坂田信弘プロのレッスンDVDプレゼント!
banner
J.トーマス使用シャフト限定発売
今季3勝を挙げているジャスティン・トーマスが愛用するウッドシャフトとは…? 使用スペックを917本限定で発売!
banner
女性専用設計 新SWEEP誕生!
飛べば、いいのよ! プロギアより、女性ゴルファーが“もっと飛ばせる”高反発ドライバー登場!「SWEEP」3月10日発売。
banner
宅配試打キャンペーン
往復の送料のみ!レンタル料は無料でXXIOシリーズフルラインナップが試せます!
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop