ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

頭文字   メーカー名   ブランド名 
ドライバー
FW・UT
アイアン
ウェッジ
パター
ボール
シャフト
グリップ
シューズ
距離計測器
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ドライバー〜アイアンの重量フローについて
10633
自分体力のある部類に入る29歳の月一ゴルファーです。ドライバーはキャロウェイレガシー(MD6Sで313グラム)アイアンはセミキャビティーアイアン(DGのS200、5Iで430グラム)をしようしています。とある雑誌で5Iアイアンマイナス100グラムがドライバーのスペック、と書いておりました。現在の私のスペックではドライバーが軽すぎのでしょうか?自分では、特になにも違和感はありません。(自分が鈍感なだけかもしれないですが)適正スペックドライバーに変更したほうがいいのかどうかアドバイスお待ちしています。ちなみに、アイアン重量は自分にはベストマッチ、HSは45前後です。
 関連用語: アイアン  ティー  ドライバー  ライ 
 回答数:4 | 閲覧数:44752質問者:太郎  質問日時:2009/10/31 (土) 23:08 
太郎さんのコメント
すいません、重ねて質問ですが、ヘッドに鉛を張るのは、重量見直しの際有効なのでしょうか?御回答宜しくお願いします。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. 芝刈大好  回答日時:2009/11/1 (日) 0:00
2712
彼方の体力やスイング、スキルを確認できないので、あくまでも一般論として御理解願います。

普通、体力に自信がある人なら313gのドラはアンダースペックかも知れませんね。(少なくとも私が知ってる体力自慢で313gのアイテムなら)

レガシーはヘッド重量199g MD6は63g グリップが50g前後 接着剤で+αとして315g前後という配分でしょうか?
5鉄で430gなら本来320g以上は欲しい所ですが(5鉄マイナス100g前後10g位の考え方で良いかと思います)ならば安易にMD7にすれば良いか?と言うと、これが難しいところで他の銘柄も皆そうなのですが、MD6とMD7、または他の銘柄もひとランク重量帯が上のシャフトになると別物のシャフトになってしまうのが困ってしまします。

普通、ウッドからアイアンまでのフローが合っていないとウッドは調子が良いのにアイアンが巧くいかないとか、その逆とかウッドとアイアンの球筋が違うとか、ウッドがトップ気味なのにアイアンはダフリ気味、又はウッドが軽いのであればウッドが手打ち気味、打ち急ぎなどいろいろな弊害がでるものなのですが、現在そういった兆候が無いのであれば慌ててリシャフトする必要はなのではないでしょうか?兆候が現れてからその症状に対処しても良いかと思いますよ。(安易なリシャフトは誤爆の危険性が高いです)

それまでにシャフトのついて研究(勉強)しておけば誤爆の危険が減ると思います(その方が財布に易しいのでは?財布にもecoですしね)
2. 417814  回答日時:2009/11/1 (日) 11:08
2609
違和感がないのなら、変える必要はありません。スペックに惑わされているのでは?と思います。あくまで一般論で、というお話ならドライバーの総重量は320g前後がベストマッチです。でも、バランス・シャフトの調子等、重量だけで突っ走ると取り返しのつかないことになります。あくまで慎重に。
3. shingo119  回答日時:2009/11/1 (日) 16:55
2627
重量フローは,過去からの一般的に間違いが少ない差となっています。

現在では,様々なシャフトが作成されており,ヘッドも大型化しているため,少々軽かったり重かったりしても問題ないかと思います。

フィーリングで合っているのであれば,そのまま使用されても良いと思います。

なお,追記の鉛については,グリップ側などに貼って重量の調整をしたり,弾道の変更,回転数の見直しなどができますので,鉛による調整もできます。

しかしながら,ヘッドに貼る鉛の量が大きければ(4g以上といわれていると思います。)変えることとなると,ヘッドの特性が変わってしまうので,注意が必要となります。

シャフトに鉛棒をさしたり,タングステンや鉛の粉を入れて調整することもあります。
4. 芝刈大好  回答日時:2009/11/1 (日) 23:54
2691
再質問に付いてコメントします。(回答として断言するものではなく、あくまでもコメントに留めておきます)

鉛による調整も無くはないですが、シッカリとした知識をもって調整される事をお奨めします(シャフトやヘッドをイジメる訳ではないので再調整や微調整が何度でも出来ますが、知識がなければ変わった弾道に対してどう調整すれば良いのか判らずスイングを壊す事も可能性として無くはないです)

DRの場合、約3gで1〜1.5位のスイングバランスの変化があります。
それを補う為にはグリップ側に5〜6gの鉛を貼る必要があります。

これでおよそ10g弱の重量変化を付けられる訳ですが、話はそんな単純なモノではなく、ヘッドやシャフトに異物が付いている訳ですら設計段階での特性や性能に変化があって当然です。

仮にヘッド側に貼ったとして貼った位置に因って重芯距離や重芯深度、有効打点距離(重芯高)、重芯角全てが変わってきます。

また、シャフトに付いてもキックポイント、トルク、振動数なども全て変わります。つまりメーカーが開発の際に想定したシャフトとは別物になってします訳です。(ヘッドも然りです)

その辺を全て理解して(承知して)調整するのならとてもリーズナブルなチューニングでしょう。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
 よく読まれているQ&A
ダイナミックゴールドS200とモーダス3を比較して 7 257129 23612
シャフト系の質問 今話題のモーダス3のシャフトが気になります。過去のコメントを拝見しましたが、自分が今使用しているダイナミックゴールドS200と比較し、どうなのかがよく分かりません。具体的に言うとシャフト重量が重く感じるのか軽いのか、球の伸びはどうか、打感はどうか、飛距離はどうか、コントロール性はどうか、球はDGに比べ低いのか高いのかと...
カーク  2011/10/9 (日) 10:39 
ハイバウンス、ローバウンスどちらのほうが簡単ですか? 11 237385 38459
ゴルフギア系の質問 サンドウェッジとして、タイトリストのヴォーケイシリーズを購入しようと考えています。 バンカーショットが苦手なので、とりあえずバンカーから脱出しやすいスペックとして、56度のバウンス08〜14のどれが一番簡単なのか教えてください。ちなみに湿った硬い(締まった)砂質のバンカーのコースでプレイすることが多いです。 どうぞよろしくお...
yuki72  2009/5/20 (水) 18:38 
シャンク病に悩んでます。ご指導お願いします。 24 197514 107814
レッスン系の質問 シャンク病に悩んでます。80台前半でコンスタントに回っていたのですが、先週から発病し、練習場・コースとも出っぱなしでした。いつもですと応急処置でクリアしていたのですが今は何を打ってもシャンクです。アイアンを握る気がしないのです。ご指導お願いします。
かずさん  2008/9/25 (木) 22:24 
ライ角で悩んでいます。調整は本当に大事なのでしょうか? 14 195962 59669
ゴルフギア系の質問 ライ角で悩んでいます。 先日、ゴルフ5でスイングチェックしてもらった所、7Iでライ角66°。 市販の軟鉄アイアンではライ角調整ができないので三浦技研のアイアンを薦められました。 ライ角を調整すれば、抜群に方向性・飛距離がよくなるとのことでしたが、、、、。 ライ角の調整は本当に大事なのでしょうか?
ぼうず  2008/10/7 (火) 22:55 
ウェッジの選び方(56度と58度)について 4 189634 7491
ゴルフギア系の質問 いつも楽しく拝見しています。 ウェッジの購入を検討しているのですが、雑誌等では、52度-58度を選択されている方が多いようですが、現在、50度のUWを持っているので、50度-56度にするか50度-54度-58度にするか悩んでいます。54度の使い勝手のイメージがわかないのと、56度と58度の使いやすさの違い(56度のほうが簡...
nok  2013/5/26 (日) 16:52 
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>

注目

banner
マスターズ王者の使用シャフト
昨季マスターズ覇者セルヒオ・ガルシアが使用するウッドシャフトの最新モデルとは?
banner
柏原明日架の使用シャフト
初優勝が期待される若手注目株・柏原明日架が使用するウッドシャフトの最新モデルとは?
banner
トッププロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2018 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop