ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,198
登録商品件数
8,188
Q&A質問数
2,940
Q&A回答数
12,932
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
レフティ用ウエッジの品ぞろえ
10108
毎度質問致します。

最近どうにかこうにかコースに行っても、ゴルフのようなモノらしいスコアが出る(100を叩く事はそんなになく)なってきたのですが、私は実は左利きです。

左利きの中にもある程度右手が使える方とダメな方がいらっしゃると思いますが、私はハサミと定期券以外はすべて左(直された事すらない)なので、力とコントロールの両方を求められるというのが非常に難しいようなのです。(クオーターショット等は練習すれば出来ても、そこからプラス5ヤードとかを加減する感覚が練習しても全く判らない。)

フルショットでは左利き右打ちの恩恵を非常に感じていますし、パターは振り幅のみの世界なので(腕力に依存しないので)そんなに不都合を感じないのですが、アプローチに問題を感じています。

そこで、レフティ用のAWを購入してダメ元で練習してみようかと思っているのですが、私の生活圏内の用品店には試打施設すらないような所が多いのです。
川崎・横浜・大田・目黒・品川・杉並辺りでレフティにも力を入れているショップがありましたら参考に教えてください。
 関連用語: アプローチ  エッジ  パター  ヤード 
 回答数:6 | 閲覧数:26214質問者:nobunaga  質問日時:2009/11/19 (木) 3:23 
nobunagaさんのコメント
お二人のおっしゃる事は良く存じております。
そして、親身に応対して頂いているお二人なのも良く存じております。
岡本・ミケルソンもそうですし、諸見里もそうですし、格闘技の世界でも結構多いのは存じております。

ですが・・・
最近DR+2UT+アイアン10本+PTでコースが廻れそうなのでその時に左のUTか9IかAWを余計に入れたらどうかな?トラブルショットの時使える時もあるんじゃないかな?と思って相談したという所なのです。

でも・・・確かに皆さんのお陰でゴルフの楽しさを知った訳だし、やっぱもう少し思いとどまってみます。
90切ったら、どちらにせよ左も練習しようと思ってるんです。身体のケアにもなるだろうし。

いつもいつも親身な回答ありがとうございます。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. shingo119  回答日時:2009/11/19 (木) 20:28
1724
すみません。
質問の回答ではないのですが・・・

フィルミケルソンは,本当は右利きです。
ですが,レフティーで優勝しています。

確かに,レフティーの方が有利なコースもありますが,そのためではなく,利き腕が邪魔をしない特性を生かしているのだと解釈しています。

nobunagaさんも,アプローチの練習をつめばよいだけで,右でラウンドされる方が良いと思います。
実際,クラブの選択肢も右の方が圧倒的に多いですし,クラブ自身の作りから,左用はちょっと製作が複雑になると聞いたことがあります。

これだけのスピードで,上手になられてきているのですから,アプローチの練習をされればもっともっと上達していくことと思います。
まだ,5Yの違いを体が覚えていないだけで,練習さえすればすぐに身についてきます。
答えを急ぐ必要はありません。
一歩一歩の積み重ねが大切だと思います。


せっかくですので,右で続けられて,ロングアイアンでもしっかりと打てるアスリートになっていただきたく思います。

左用は,うまくなってからでもよいのではないでしょうか。
2. 芝刈大好  回答日時:2009/11/20 (金) 0:33
1611
右が良いか左が良いか、単純に言えば断然右に固定されるべきでしょうね。

ただ、ウォームアップなどで左もある程度打てる様にトレーニングをしておけば身体的にもスキルとしても、とても有効である事は認めますが、ショットやパットは右アプは左と統一しないでいると感覚的におかしくなりそうな気がします。

トラブルショットなど特別な場合に限った方が良いのでは?

本来、利き腕と逆の打ち方(右利き左打ち又は左利き右打ち)をする人には巧者(テクニシャン)が多いのは何故か考えればお解り頂けると思いますよ。

野球などに右利き左打ちの巧打者が多いのはそれだけ利き腕でリードする事の有利さをお解り頂けるでしょう。

shingo119さんが挙げたフィルもそうですが、もっと身近な所では世界を制し(LPGA賞金女王に輝いた)、世界一美しいスイングと賞賛された「世界のOKAMOTO」こと、岡本綾子プロは左利きなのは有名な話です。

アプは経験が第一です。練習を積みましょう。
3. みなかな  回答日時:2009/11/20 (金) 17:14
1708
横浜市営地下鉄のセンター北駅とセンター南駅のちょうど中間くらいのところにある「港北みなも」にあるゴルフ5なんかいいんじゃないですか。
レフティ用の3カメ計測器もあるし、バンカー&アプローチの試打コーナーもあって、そこにはミウラやボーケイやゆるりとかのレフティ用試打クラブもありますよ。AWも何本かあったと思います。
4. shingo119  回答日時:2009/11/20 (金) 22:44
1613
コメントに対して,追記します。

1本余っているのでしたら,左用を入れておくのもひとつの手ではあると思います。

チッパーを入れたり,バンカー用SWを入れたり,LWを入れたり,同じ飛距離でも弾道の違うロングアイアンとUTを入れたり,使用目的の違うDWを入れたり,パターを2本入れたり。

自由な発想はたくさん浮かんできます。

使わないクラブがあるのであれば,それを抜いて,目的のあるクラブを入れることもよいように思います。
1ラウンドで1回くらいしか使う機会がないクラブであっても,そのクラブがあるおかげでたたかなくても済むのであれば,そのクラブを入れる効果はあります。

取捨選択は難しいですが,今,1本クラブが余っているのでしたら,トラブルショット用として使えるものや弾道を変えるもの,安全性を担保するものなどの中から,そのコースに合わせて入れて見られたらどうでしょうか?

ただ,左用のクラブを使うトラブルが発生することは早々ないと思いますし,ミスショットを前提としたマイナス思考の考え方のように感じますので,この点は十分に考えられてから入れられる方が良いように思います。
5. シロナ  回答日時:2009/11/21 (土) 18:41
1727
渋谷のおしゃれ、アスリート系ショップEXCORSのオーナーの大槻君はレフティーだよ。
6. Ninja  回答日時:2009/11/22 (日) 14:24
1735
nobunagaさんこんにちは。
左用で打つのは、良いコトだと思いますヨ。
私も左利き右打ちです。ゴルフ始めた頃はお下がりの道具で、慣れない右打ちに最初は苦労しましたが、100切りした時に、元々左利きだからとの思いで、左打ちへ切り替えようと試みましたが、不思議と上手く行かず右打ちへ戻しました。
私は、両利きと言える位(包丁・ハサミ以外)左右を使えますが、ゴルフは、右の方が合っていました。(今でも時々、左打ちの練習をします。)
私の場合、左右の違いに気付いた点ですが、左利きなので、距離は左打ちが出ましたが、方向性が犠牲に。右打ちでは、飛ばない代わりに方向性・距離感が安定します。
結果として、スコアメイクに有利かな?と感じて右打ちを選択しました。

なので、アプローチとパットは両方練習してみて得意な方を取り入れた方が、ショートゲームが楽しくなるかと思いますよ。
自分の可能性を信じて取り組んでみるコトで色んな気付きが生まれて、良い結果になるかと思います。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
BSグローブモニター結果発表!
ブリヂストンゴルフ TOUR Bシリーズ『TOUR GLOVE』の100名モニターを実施。体感したゴルファーの評価はいかに!?
banner
禁断のドライバー、解禁。
キャロウェイより革新的な2本の柱[JAILBREAKテクノロジー]を搭載した『GBB EPIC STAR/Sub Zero』ドライバー登場!2/17発売
banner
絶好調 J.トーマスの使用シャフト
SBS&ソニー・オープンと2017年2連勝を飾ったジャスティン・トーマスが使用するウッドシャフトとは…?
banner
発売前に全世界で18勝!
松山英樹が選び、すでに5勝を挙げたボール「NEW SRIXON Z」シリーズが2月に発売開始に!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop