ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
26,578
登録商品件数
8,407
Q&A質問数
3,120
Q&A回答数
14,215
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ドライバーのヘッド容積
9421
お世話になります。当方どうも460ccのヘッドがしっくり来ないので小さ目を探しているのですがヨネックスとBS位しか見当たりません。他にも430とか410くらいを出しているメーカーってあるのでしょうか?ご存知の方がいましたらどうぞ宜しくお願いいたします。
 関連用語: ドライバー  ネック  ヘッド  ライ 
 回答数:5 | 閲覧数:27326質問者:team23  質問日時:2009/12/1 (火) 11:42 
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. duffer  回答日時:2009/12/1 (火) 12:28
1981
大メーカーですとミズノのMP-CRAFT S1、テーラーメードのR9があります。ヤマハのInpresX V201Tourmodelも430ccですし、ロイコレのcvXerは440ccですが結構小さめに見えます。440ccまで広げるとキャロウェイのLegacyTour、タイトリストの909D3が入ってきますね。

あとここ数年ドライバーの技術革新も頭打ちになってきているようですので中古クラブを検討してみてはいかがでしょう。プロでも伊澤利光選手はテーラーメードR510TPという400cc弱のヘッドを使っていますし、丸山茂樹選手も400cc以下の古いTourstage X-Driveを使用しています。
2. nobunaga  回答日時:2009/12/1 (火) 13:15
1840
R9が420CCですよ。

僕の叔父も同じ事(デカヘッドはどうも合わない)を言います。
3. shingo119  回答日時:2009/12/1 (火) 19:53
1936
ヤマハのV201は430ccですし,キャロウェイのレガシーツアーも440ccです。

最近は,重量配分や操作性を求めて小さめのヘッドが流行り始めていますね。

ヘッド製造の技術が上がってきていますので,460ccと420cc〜450cc位のヘッドの両立がラインアップされてきていますね。
4. シロナ  回答日時:2009/12/2 (水) 9:19
1790
ピンG10からキャロのレガシーツアーVに乗り換えました。

ヘッドに色々マークがあるのが嫌な人むき。

すっきりハンサム顔です。
5. K218  回答日時:2009/12/2 (水) 22:49
1882
Srixon ZR-30はハイアマに根強い人気でまだ現行モデルですね。
425CCです。非常にいいモデルですね。

http://golf.dunlop.co.jp/srixon/wood/sri_wd_zr30.html
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner

注目

banner
ツアープロが好むシューズとは?
松山英樹の活躍で盛り上がった全米オープン。距離の長さに驚きませんでしたか? そこで感じたプロ着用シューズの変化とは?
banner
“飛び”の理由はこちら>>
ギリギリの反発性能と広い高初速エリアで飛ばす。さらに進化した『RS2017』はプロもアマチュアもとことん飛距離を伸ばす。
banner
美女ゴルファー香妻琴乃の使用ギア
ツアー初Vを目指す香妻琴乃が今季使用しているドライバーシャフトとは…?
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
新しいZはどうだ?
松山英樹が選んだボール「NEW SRIXON Z」シリーズの実力は?
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop