ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,815
登録商品件数
8,291
Q&A質問数
3,015
Q&A回答数
13,502
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
DGS200とダイナライトゴールドX100
5482
現在DGS200+MP57(中古)を使用してますが左に行くためゴル○5で見てもらった所ライ角が合わず57,5(7I)がフィットするとの結果でした。この際ダイナライトゴールドX100+MP58に変えようと思いますがその組み合わせ如何でしょうか?ちなみにDGS200は良いんですがプレー終盤に振り遅れなのかいまいちもてあます傾向にあります。
楽をしながら最後までミスを軽減したいと思ってます。
 関連用語: ライ 
 回答数:3 | 閲覧数:20307質問者:harupapa7063  質問日時:2010/2/11 (木) 13:07 
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. ヴァル  回答日時:2010/2/12 (金) 0:12
1781
私は良い機会だと思います。
フィッティングの結果と、実際のラウンド時の経験を元に判断されている様ですので、御自身が扱いやすく不安無くラウンドできるのが一番だと思います。

ただ軽くなる分、他のクラブとの重量フローが気になるのと、ダイナライトのX-100は振った事が無いですが、振動数はS300と大きく変わらないので「硬くないのかな・・?」と思います。
2. シロナ  回答日時:2010/2/12 (金) 9:41
1754
ライ角57.5度???

もう一度確認されたほうが。

ちなみに80台でラウンドされるなら、フルショットのアイアンは22回程度。

後半振り切れないと思うのは重さではないのでは?
3. 元村の飛ばしや  回答日時:2010/2/15 (月) 10:47
1951
適正ライ角が57.5度と言うのは相当なフラットスイングですね。市販のクラブは62度前後(P〜5I)で、絶対にないライ角だと思います。もしもそのライ角が適正であれば、フィッティングシステムのあるミズノやミウラなどでオーダーするしかないでしょう。シャフト重量以前の問題でスイングしにくいのではないでしょうか。最近私もライ角調整を同じショップでしましたが、フラットにヘッドがボールに入っており、61.5度が適正だと言われましたが、+-1度の調整しかできないので、ミズノを勧められました。しかし最近購入したクラブなので−1度だけ調整してもらいました。
それだけでもひっかかるボールは随分減りました。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
Steelhead XR PRO アイアン
これが全米No.1のアイアンブランドが作った飛びだ。飛びと打ちやすさに操作性を追及した「Steelhead XR PRO アイアン」誕生!
banner
マルマンSHUTTLE NX-1誕生!
ラクラク、ぶっ飛びシャトル。フルラインで登場!今なら試打アンケートに答えると、坂田信弘プロのレッスンDVDプレゼント!
banner
J.トーマス使用シャフト限定発売
今季3勝を挙げているジャスティン・トーマスが愛用するウッドシャフトとは…? 使用スペックを917本限定で発売!
banner
女性専用設計 新SWEEP誕生!
飛べば、いいのよ! プロギアより、女性ゴルファーが“もっと飛ばせる”高反発ドライバー登場!「SWEEP」3月10日発売。
banner
宅配試打キャンペーン
往復の送料のみ!レンタル料は無料でXXIOシリーズフルラインナップが試せます!
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop