ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,890
登録商品件数
8,303
Q&A質問数
3,019
Q&A回答数
13,547
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ライ角
2581
先日あるゴルフショップに行きアイアン7番を試打したところあなたはこのクラブが合いますと、言われマルマン、コンダクタ、AD460、ライ角4度フラットと言われましたが、意味が判りません、。どなたか教えてください。そしてタイ角は初めから調整したほうがよろしいのでしょうか?よろしくお願いします。(ラウンド95男)
 関連用語: アイアン  ライ  ラウンド 
 回答数:1 | 閲覧数:16148質問者:acb228jp  質問日時:2010/5/22 (土) 16:31 
acb228jpさんのコメント
ヴァルさん、大変判りやすいご回答ありがとうございました。
アイアンセットを購入に参考になりました。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. ヴァル  回答日時:2010/5/22 (土) 23:20
2567
ライ角というのは、シャフトとヘッド(ソール)の角度差のことです。

ボールをインパクトする際、当然ながらシャフトは地面と直角にも平行にもならず、斜めになります。(後ろから見た場合)
この時の斜めになる角度というのは個人差があり、ライ角が合っていないクラブを振った場合、ヘッドのソール部分が地面と平行にならずきちんと地面に当たりません。
極端に言えば、トゥ側だけ地面に強く当たったり、逆にヒール側だけ地面に強く当たったりする事になります。

アドレスできちんとソールが地面に付いてる状態で構えていても、インパクトの際もその角度を維持できてるとは限りませんし、スイング中はシャフトに下向きの負荷(遠心力+重力)がかかる為、トゥダウンという現象も起きます。
これらの現象を調整し、ソールを地面にきちんと当たるように合わせる事がライ角調整の基本的な考え方で、左右の曲りに大きな影響を与えます。

横振りの方はフラット目、縦振りの方はアップライト目な調整になると思いますが、ライ角調整は可能ならば、最初にやっておいた方が良いです。
軟鉄かソフトステンレスなら、調整は可能ですが素材によって曲げられる角度の限界はあり、4度のフラット調整というのは大き目の調整だと思います。
以前、このQ&Aで芝刈大好さんが、大き目のフラット調整をするというの記事を投稿されていましたので、それをご覧になれば非常に参考になると思います。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
Steelhead XR PRO アイアン
これが全米No.1のアイアンブランドが作った飛びだ。飛びと打ちやすさに操作性を追及した「Steelhead XR PRO アイアン」誕生!
banner
マルマンSHUTTLE NX-1誕生!
ラクラク、ぶっ飛びシャトル。フルラインで登場!今なら試打アンケートに答えると、坂田信弘プロのレッスンDVDプレゼント!
banner
J.トーマス使用シャフト限定発売
今季3勝を挙げているジャスティン・トーマスが愛用するウッドシャフトとは…? 使用スペックを917本限定で発売!
banner
女性専用設計 新SWEEP誕生!
飛べば、いいのよ! プロギアより、女性ゴルファーが“もっと飛ばせる”高反発ドライバー登場!「SWEEP」3月10日発売。
banner
宅配試打キャンペーン
往復の送料のみ!レンタル料は無料でXXIOシリーズフルラインナップが試せます!
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop