ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
26,923
登録商品件数
8,475
Q&A質問数
3,165
Q&A回答数
14,564
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ドライバーのシャフト
4353
●前提条件
現在のシャフト:UST AXIVCORE RED S 79g 元調子
ドライバー:44.5インチ 327g 10度
トータル飛距離:250y前後
弾頭:中高
軌道:ややインサイドアウト
※5#アイアン420g

●悩み
ドライバーの右のミスに悩んでいます。
以前のドライバーではドローだったのですが
このドライバーにしてから球筋が変わりました・・
ちなみに以前のドライバーは
320g、45インチ、シャフトは現在のものと一緒 
最初から右にいくこともありますし、まっすぐ飛んでから
右に切れることもあります。右に切れても240-250Yくらいは飛びます。
あとたまーにチーピンもでます。これは腕の問題ですが・・


●自分なりの解決策としては・・
少し重いのが原因かと考えていますので
・今のシャフトを44インチにする。
・10g程度軽いシャフトにリシャフトする。
のどちらかにすればミスは軽減するかと思ってはいるのですが・・

皆様のお知恵を拝借させていただければと存じます。
よろしくお願い申し上げます。
 関連用語: アイアン  インサイドアウト  COR  シャフト  チーピン  ドライバー  ドロー  ライ 
 回答数:2 | 閲覧数:20501質問者:ゆうき  質問日時:2010/6/1 (火) 11:28 
ゆうきさんのコメント
ご意見ありがとうございます。

昨日、まずは経済的にシャフトカットをしてみました。
結果は、シャフトカットしないほうがよかったかな・・

しばらく試してみて69Xにするか検討したいと思います。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. チャーリー7  回答日時:2010/6/1 (火) 18:28
2235
UST AXIVCORE RED は中元調子のシャフトですね。
もしリシャフトできるのであれば、
motore F1などの先中調子で先端剛性が強めの
シャフトがよいのかも。
79gのシャフトということもあると思いますが、
H/Sが48以上あるようでしたら、
そのままの重さでフレックスを固めに
する方法もあるかと思います。
たまにチーピンが出るのは、トルク2.6ということもあると思います。
69gのXがよいかも。
的確な助言かどうか怪しいものですが、
参考になれば・・・
2. なとかり  回答日時:2010/6/6 (日) 6:26
2120
リシャフトする事を前提にしますが
10g軽い物にして、FLEXをXにしてみては如何でしょうか?
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
全米プロ王者の使用シャフト
ジャスティン・トーマスをメジャー初制覇に導いたドライバーシャフトとは…?
banner
TOUR B Xボールモニター大募集!
発売前に打つチャンス!!ブリヂストンスポーツから10月6日に発売される『TOUR B X』のボールモニター100人を募集します!詳しくは>
banner
通算8勝 成田美寿々の使用シャフト
成田美寿々を2年ぶりの優勝、ツアー通算8勝目に導いたプレミアム・アスリートモデルのウッドシャフトとは?
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
新しいZはどうだ?
松山英樹が選んだボール「NEW SRIXON Z」シリーズの実力は?
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop