ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,889
登録商品件数
8,303
Q&A質問数
3,018
Q&A回答数
13,544
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
寄せの練習方法は?
8510
どうもグリーン周りが得意で無い為、チョロやざっくり又はトップしてしまいます。
克服する練習方法はないですか?
 関連用語: チョロ  トップ  寄せ 
 回答数:6 | 閲覧数:21429質問者:mori-7298  質問日時:2010/6/13 (日) 15:42 
mori-7298さんのコメント
皆さんの教えを毎週練習場で思い出しながら練習しています。

少しだけですが、何かつかめたような気がしています。

頑張ります。目指せ100切り。次回ラウンドで必ず達成します。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. ひでまる  回答日時:2010/6/13 (日) 18:18
1422
基本は雑誌やレッスンプロの言う通り「あらかじめヒッティングの状態」をつくりアドレスし・・・などと共通点ばかりですがなかなか「肝」は教えてくれません。ボールを見る位置(通常右 3時)を左端(9時)を見ながらヒッティングして見て下さい!!必ず効果がでますよ!
2. nobunaga  回答日時:2010/6/14 (月) 0:36
1435
まずウエッジのソール面を良く見てください。
他のアイアンと違って、広い面で綺麗に作られていて
これなら地面の上をいかにも軽く滑ってくれそうですよね。
ソールが滑らかにすべってるスロー映像を目を閉じてイメージします。

そしたら笑顔を作って1〜2回滑らす素振りをします。
その後実際に球を打ってみてください。
クラブは必ず滑ってくれます。アナタの味方です。
3. ヴァル  回答日時:2010/6/14 (月) 3:16
1446
たまにレッスンなどで「アプローチも体重移動を行い、体の回転を使って打つ」というレッスンを見ます。

私はこの考え方は間違いではないと思いますが、インパクトの精度の低いアマが行うと難しい打ち方な気がします。
アプローチは飛距離を出す必要は無く、振り幅に対して常に同じ距離(狙った距離)を打つ事が大事なので、体重移動を入れるとインパクトと距離のブレが生じやすいと思います。

私の場合、アドレス〜フィニッシュまで体重は左に乗せたまま。バックスイングは肩の回転だけで回し、ダウンスイングも肩の回転を戻すだけ。
右手首の角度を常にロックしたままでコックは使わずフェースも返しません。

簡単に言えば手打ちですが、インパクトは一切ブレないので、再現性が高くコースでもトップやザックリは皆無です。

距離はクラブと振り幅、スタンス幅で調整し、スイングの速度は変えません。70y以下は全てこれで打ってます。

寄せの型は人それぞれでしょうが、何かの参考になれば幸いです。
4. shingo119  回答日時:2010/6/15 (火) 1:14
1429
ちょっと回答が遅いかもしれませんが。

私の場合,右手の力を抜くようにしています。
右手に力が入っていると,ダフリやトップの原因になります。
テークバックは,体重移動の後,右手薬指から始動していますが,
ダウンでは,右手を使わないようにしています。

もちろん,ヴァルさんのおっしゃられているように,振り幅を揃えて,自信を持ってスイングすることが必要です。

右手の力を抜く方法は意外と効果的でしたので,試してみる価値はあると思います。
5. 元村の飛ばしや  回答日時:2010/6/16 (水) 9:38
1423
雰囲気だけでもミケルソンを真似てはどうでしょう。
体勢を低くして、左足上がり以外は、左足体重にし、
なるべく左腕の延長線にシャフトがあるようにグリップし、
バックスイングは左腕または肩を使い、
ダウンでは、私の場合は右手でヒットしますので左手首が外に折れないように、しっかり握りアドレスの状態が復元できるようにして、打ちたい方向に振りぬくようにしています。
50から60yくらいまではこの意識を強く持ってアプローチしています。
参考になれば幸いです。
6. むーちゃん  回答日時:2010/6/21 (月) 22:02
1365
私もヴアルさんの言ってられる事正解だと思います。
短い距離も身体の回転で、膝を送ってとか、よく聞きますが、一流のプロならともかく、私はアドレス時少し体重を左側にかけ(右利きの場合)、方の回転だけでバックスイング、ダウンスイングを行い、右手首の角度を変えずに、右手のひらでボールを送る感じで打ってます。
50ヤード以下位は、殆ど52度のウエッジで上げる時は左に、転がす時は右目にボールを置いて打ち分けてます。余りウエッジを使い分ける事は避けた方が良いと思います。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
Steelhead XR PRO アイアン
これが全米No.1のアイアンブランドが作った飛びだ。飛びと打ちやすさに操作性を追及した「Steelhead XR PRO アイアン」誕生!
banner
マルマンSHUTTLE NX-1誕生!
ラクラク、ぶっ飛びシャトル。フルラインで登場!今なら試打アンケートに答えると、坂田信弘プロのレッスンDVDプレゼント!
banner
J.トーマス使用シャフト限定発売
今季3勝を挙げているジャスティン・トーマスが愛用するウッドシャフトとは…? 使用スペックを917本限定で発売!
banner
女性専用設計 新SWEEP誕生!
飛べば、いいのよ! プロギアより、女性ゴルファーが“もっと飛ばせる”高反発ドライバー登場!「SWEEP」3月10日発売。
banner
宅配試打キャンペーン
往復の送料のみ!レンタル料は無料でXXIOシリーズフルラインナップが試せます!
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop