ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
26,948
登録商品件数
8,476
Q&A質問数
3,171
Q&A回答数
14,599
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ドローボール
4894
私は、どちらかというとフェードボールです。ドローボールの打ち方を教えて下さい。
よろしくお願いします。
 関連用語: ドロー  フェードボール  ボール 
 回答数:3 | 閲覧数:19169質問者:mori-7298  質問日時:2010/8/10 (火) 11:54 
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. 嫁よりゴルフ  回答日時:2010/8/10 (火) 12:49
1513
技術論的には人によって色々なご意見があるかと思います。

あくまで素朴(?)に打ち方を述べるとすると、「左の壁を作って、手を返す」ということかと思います。mori-7298さんは現在スライスを打っているとのことですが、おそらく早い段階で左肩を開いてクラブヘッドを外から中に入れた結果、フェースを開いて球を逃がし気味に捉えているのではないかと思います。要はこの逆の動きを行って球を捕まえればフックが出ると言うことです。

おそらく、練習場では一度くらいフックを打とうとされてクローズドスタンスで球を打ったことがあるのではないかと思いますが、これを繰り返し根気良く行えば左肩を開かず我慢し、かつ手を返す動きが出来てくると思います。
最初は、ショートアイアンで、背中を打つ方向に向けるくらい極端なクローズドスタンスで打ってみてください。スライサーなら、それでも最初は球が捕まらないかと思いますので根気良く必ず球を捕まえてフック出るまで継続し、慣れてきたら徐々にスタンスをスクエアに戻してみてください。いずれにせよ無意識に振ってフックを打つには根気良く練習することが必要かと思います。単純なコメントですいません。
2. シロナ  回答日時:2010/8/10 (火) 14:38
1666
ドロー(フック)は憧れの球筋ですよね 

まず、意識的に手首を返しては駄目です あくまでもフリーにしておきます

そして、出球を右に出すのが出来ないとドローとはいえません

ダウンで下半身は左後ろに引いて、上体は飛行線より右へ振るぐらいでちょうどです

上と下がトップから「泣き別れ」ですかね
3. nobunaga  回答日時:2010/8/10 (火) 16:18
1719
野球で言うアッパースイングをするとドロー、ダウンスイングで打つとフェードです。昔西武に居たデストラーデやダイエーに居たアップショーの打ち方です。

打ってる本人のイメージとしてはトップの左拳を右肩の先に平行になるように置いて振り出し、ボールを打った後真上に振り上げるイメージです。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
全米プロ王者の使用シャフト
ジャスティン・トーマスをメジャー初制覇に導いたドライバーシャフトとは…?
banner
TOUR B Xボールモニター大募集!
発売前に打つチャンス!!ブリヂストンスポーツから10月6日に発売される『TOUR B X』のボールモニター100人を募集します!詳しくは>
banner
通算8勝 成田美寿々の使用シャフト
成田美寿々を2年ぶりの優勝、ツアー通算8勝目に導いたプレミアム・アスリートモデルのウッドシャフトとは?
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
新しいZはどうだ?
松山英樹が選んだボール「NEW SRIXON Z」シリーズの実力は?
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop