ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
24,773
登録商品件数
8,158
Q&A質問数
2,878
Q&A回答数
12,501
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
風で抑え込まれる様な現象について
8598
久しぶりに質問させていただきます。
悩みというより疑問なのですが、強いフォロー風の時にSWなどで高い球を打つと、ボールが風に抑え込まれて上がりきらない現象についてです。
私自身、過去の失敗経験からフォローの強い時に、ウェッジ系の距離が残った場合、高く打たない様に工夫していますが、なぜ、このような現象が物理的に起こるのか?と疑問に感じる時があります。

私的な考察では・・。
。咤廚覆匹蚤任辰織棔璽襪凌緤進向の移動速度を風速が上回った場合に、切り上がる為の空気の壁が無くなり、バックスピンによる浮力量が小さくなる。又、後方からの風の方が速い場合、それに対してはオーバースピンになる為、空気を切り下がる現象が起こる。

▲棔璽襪凌眥省向の上昇力は変わらないが、フォロー風に圧されて水平方向への移動速度も上がる為、自分の感覚より低く飛んでいる様に見える。

一見、,諒が理に適っていそうなのですが・・・なにぶん、強風下でのラウンド経験が少なく、抑え込まれた球を見る機会、試す機会にも恵まれておりません。(実ラウンドでは怖くて試し打ち出来ないというのもありますが・・・)
その方のスピン量や、使用ロフト、風速などで結果が変わる事象だとは思いますが、強風ラウンドに慣れている方、詳しい方がおられれば、ご教授願います。
 関連用語: ウェッジ  スピン  バックスピン  フォロー  ボール  ラウンド  ロフト 
 回答数:5 | 閲覧数:21719質問者:ヴァル  質問日時:2010/8/10 (火) 14:17 
ヴァルさんのコメント
この様なややこしい質問文にも、優しく回答してくださった皆様、ありがとうございました。
皆様のご考察やご意見、経験談など非常に楽しく読ませて頂きました。

皆様の意見を読ませて頂いて、もう一度考え直してみると、やはり,諒が正解に近いのだろうと思いました。
ならば、ボールが水平方向への移動する速度を上げ、風に追い抜かれない様にする事で、抑え込まれる様な現象は回避できる確率は高くなるという事になります。
低く速い球で攻めた方が安全という事になりますね。

風というものに対し皆様の意見を読ませて頂き、「ボールと空気との圧」という考え方、「風の質」という考え方、流動的で見えないものだからこそ、奥深いものだなと感じました。
今後のラウンドや日常生活においても、風の質を感じれる様に気を配ってみたいと思います。それだけでゴルフが今まで以上に楽しくなりそうです。
スキージャンプは私もイメージは近いのだと思います。ウェッジもジャンプも水平方向への移動速度に限りが有る為、前方から吹く風による揚力次第で飛距離に差が出ますね。
ならば・・あり得ない様な話ですが、スピン量と打ち出し角度によっては無風より微風のアゲンストの方が飛距離が伸びる可能性も・・?

可能性の話をすれば話は尽きないですね。
また次の機会にさせて頂きます。

回答してくださった皆様、重ね重ねありがとうございました。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. nobunaga  回答日時:2010/8/10 (火) 22:43
1459
ベルヌーイの法則が適用されるからじゃないでしょうか?

動圧と静圧の和が一定になる訳ですから、
風(動圧)が吹けば大気圧(静圧)はその分下がりますよね。

その為ディンプルは設計通りの揚力を得られず、いつもよりボールが上がらないのではないでしょうか?

私文系でしたので、高校の頃のうろ覚え物理なので間違ってるかも・・・
2. DEION  回答日時:2010/8/10 (火) 22:52
1582
風との戦いはゴルフよりはむしろ フリスビーの競技で
散々経験しました。もっと軽い、影響の受け易いものですから
シビアに対策を考えてやっていましたが、
周囲の地形、山や構造物、微妙な風の流れ、ダウンブローか
吹き上げ気味の風か。
湿度を含んだ重い風か 乾燥した風か。
突風かStableな風か。
いろいろ要素はあるので一概には言えず、読みずらいのが
面白いところでもあります。迎え角等の物理的な話は
大槻先生に譲るとして(笑) ホールによって違うことは
ありませんか?
全英OPENを見てて思うのですが、低く抑えたショットを
練習するか 一か八かですね。
3. ゆっきー  回答日時:2010/8/10 (火) 22:53
2430
野球に置き換えるとストレートボールはスピンによりボールの上側の
気圧が低くなりボールが気圧の低い側に引っ張られます。
伸びのあるストレートと呼ばれるのはこのためです。

ゴルフの話に戻ります。
アゲインストとフォローの時はボールの周りに出来る気圧の低い場所に
差があるのではないでしょうか?
アゲインストの場合はボールの後ろ側を引っ張られるような気圧が発生し、
フォローの場合は上昇する側に低い気圧が発生しにくいと考えれば納得いく気がします。
4. 芝刈大好  回答日時:2010/8/10 (火) 23:22
1641
学問的な事は解らないので理論的な事は言えませんが・・・

現実に弾は上から落とされる様ですね。
というのも、練習場などの籠の中で打ってると、微風や弱風程度ですと飛距離は伸びますが、それ以上の風速では上から抑え込まれる様です。
両脇はネットで囲まれていて上部は解放状態なので余計に上からの風に抑え込まれるみたいですね。

的外れかもしれませんが、スキーのジャンプ競技の場合、向かい風の時は大ジャンプが期待できますが、追い風の時は軒並み飛距離が落ちますよね。
ジャンプの場合、向かい風にスキー板を開脚して揚力を得ています。その(適度なという注釈が付きますが)向かい風がボールの場合のバックスピンにあたるのではないのかな?

フォローの場合、ボールの自重と風の性質や風速などとの兼ね合いで後ろから押されるのか上から抑えられるかの違いが出てくるのではないでしょうか?

イメージ的には  ,辰櫃い任后

学問や理論に基いたコメントではないのでスルーして構いません。
5. タイトマンフ゛ラサ゛ーズ  回答日時:2010/8/11 (水) 10:45
1494
面白い話ですね〜!

私20歳の頃からウインドサーフィンしてまして、今もしてるんですが
風を読むのが大事なんですね!風で走るもんなので!

そんなこんなで海に出て風を読むのが日常なんですw
風を読みながら海にでてるとだんだんと風の層が見えるようになってくるんです。

風は速度の違う風がいくつもかさなりあってて層があります。
強い風がはいる時はその層がだんだんと上空から海面に降りてきます。
その強い風が入る際に一瞬風がなくなるんですね。それは風の強さに差があるほど顕著に感じます。

私が考えるにその層の間に真空空間またはそれに似たものがあるのではないでしょうか?

ボールの回転は空気抵抗があって起こるものなので、その層にはいった瞬間空気抵抗がなくなり回転が一気に落ち、アゲンストであれば直進性と風がケンカしあい上昇してその層を超えて空気抵抗がまた発生するので高く舞い上がり、フォローであれば回転が落ちた段階で揚力がなくなりそのままその空間を前に押されてフライヤーと同じ状態になるのでは?

あくまで推論なのでご了承ください!!!

なんかこういった事を考えるのも楽しいですねw
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
イメージが膨らむアイアン
ゼクシオならではのやさしさと飛びに高い飛距離安定性を+したXXIO FORGEDアイアンがデビュー!
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
賞金王池田勇太が愛用するシャフト
今季3勝を挙げ、自身初の賞金王に輝いた池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
三代目“赤スピーダー”誕生!
今までにない飛距離性能と操作性が共存した『Speeder EVOLUTION III』10月7日デビュー!
banner
『TW737』デビューキャンペーン
TOUR WORLD『TW737』10月18日。デビューキャンページ実施中!「TEAM HONMA」今季国内外ツアーで20勝!
banner
SRIXONドライバープレゼント!
NEW SRIXON Zシリーズ発売記念、抽選で3名様にドライバーをプレゼントします。今すぐ特集をCHECK!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
待望のシャフトが日本上陸! ジョーダン・スピースが使用しているシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2016 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop