ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
24,765
登録商品件数
8,158
Q&A質問数
2,875
Q&A回答数
12,489
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ロブショットの打ち方について
9072
バンカー越えでピンまで距離が無い場合など、「ロブショットが打てたら・・・」と思い、練習しようと考えました。そこで二つのレッスンビデオを観てみたのですが、それぞれ異なる打ち方でロブショットの打ち方が説明されていました。

「フェースを開き、オープンスタンス、ボール位置は左足寄り」までは共通なのですが・・・

(レッスンA)・「円」をイメージして、ゆっくり大きなスイング、高いフィニッシュ
(レッスンB)・ボールをすくうような感じで、V字にスイング、低く小さなフィニッシュ

と、全く異なるスイングです。

どちらもプロによるレッスンですから、どちらも「正」なのでしょうが・・・・
この違いはどのように理解すればよろしいのでしょうか?それぞれのメリット・デメリットなど教えていただけますでしょうか?

また、ロブウエッジ(60度バウンス8°など)の使用は有効でしょうか?
現在58度バウンス8°は所有しているのですが、60度になるとだいぶ違うのでしょうか?

宜しく御願い致します。
 関連用語: エッジ  スイング  スタンス  バウンス  バンカー  フィニッシュ  ボール  ロブショット 
 回答数:6 | 閲覧数:30359質問者:そうた  質問日時:2010/9/29 (水) 11:30 
そうたさんのコメント
皆様、有難う御座いました!「レッスンA」を基本に皆様のアドバイスを参考にさせて頂き練習することにします。
DEIONさんおすすめのウェッジ、気になります!!
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. mooshikan  回答日時:2010/9/29 (水) 11:54
1493
私は全てダウンブローですのでフォローを低く出しそこで終わりという感じですね。インパクトは普通にそんなにパンチを入れず軽くやわらかく打つようにしています。ボールをすくうようにとか円をイメージして打つと必ずだダフリやトップが出ます。

ヘッドをふり幅でのトップからボールに向かって直線的に落とすイメージです。ボールを上から切る、カットするイメージですね。当然まえのターフをとりフォローは低く収まります。

構え方は同じです、フェース、体を開き、左足重心で、ボールはラフだったら左より、フェアウェイだったら真ん中です、フェースのヒールにセットしスピンがかかるようにして打ちます。

58度あれば十分でしょう。60度のロブウェッジは距離感も難しく開いて打つのも逆に難しくなります。
2. 嫁よりゴルフ  回答日時:2010/9/29 (水) 13:01
1546
A)の打ち方で打ってます。SWは58でバウンスは12です。フェースを開いてバンスで滑らすイメージですのでだふることは殆どありませんが、距離をあわせるのが難しいです。
よく行くコースが砲台でラフもきついので局面に応じてこの打ち方で打っていましたが、転がせるなら転がした方が寄る確率は高いです。
B)の打ち方(ボールをすくうようにV字というのがピンときませんが…)は試みたことがないのでコメントできませんが、折角フェースを開いてバウンスを出すならそれを利用できるA)の打ち方の方が楽ではないかと思います。これは人によりけりでしょうが…
後、60のSWについては試打程度でしか使ったことがありませんのでとやかく言えませんが、58を使いこなせれば充分ではないかと思います。
3. シロナ  回答日時:2010/9/29 (水) 14:32
1562
Aは通常のライ いわゆるロブショット

Bは左足下がりのラフからの打ち方のお手本

落ちてからランを出さないうち方ですね

右手で掬うように打つのはスイングが判っている人ですね(誤解されやすいですが)

アマは皆さんが言うとおり60度は扱いずらいですね
4. 芝刈大好  回答日時:2010/9/29 (水) 19:38
1456
ロブショットそのものはそれほど難しいモノではないですよ。練習場レベルではね。

ただ、それが現場で臨機応変に対応でき、納得のいく結果に収められるかは全く別でしょうね。

質問のA、Bの打ち方はどちらもありでしょうね。

Aはシロナさんの言われる通り基本的な打ち方です。
Bはシロナさんの言われるライから、それにプラスして私はバンカーショットで多用します。(基本的に私のバンカーショットはロブショットです)

ロブショットはコツをつかめば意外と簡単で面白いですよ。

簡単に言ってしまえば掬い上げるかだるま落としのどちらかでしょう(状況によりますが、どちらでも可です)

60度のロブウェッジはアマチュアでホントに使いこなせる人はほとんど居ないでしょうね。
5. DEION  回答日時:2010/9/30 (木) 1:46
1477
アプローチがしっかり体の大きな筋肉で打てていれば
できます。距離感はライの状態でかなり変わってくるので
実践での練習が必要です。授業料はそれなりに覚悟しましょう。
ミケルソン;ロブの達人 曰く、ロブも打ち込め、しかしフォローでは大きく跳ね上げる、但し体全体で!
といったイメージでしょうか。60°は私は確率が落ちるのと、
ロブしか使えなくなるのでおすすめしません。
またクラブによって、ショットし易い、そうでないが顕著に出るので
しっかり考えて選びましょう。個人的にはキャロウェイ
XフォージドCグラインド、ミズノのMPRがおすすめです。
歯でコツンといくイメージが湧かないからです。
その代わりバンカーが少し難しいかも。
6. タイトマンフ゛ラサ゛ーズ  回答日時:2010/10/3 (日) 9:23
1548
Bはフラップショットとかホールドロブとか言われています。

グリーン周りの深いラフや逆目の時によく使われます。

フォローでDEIONさんが書かれてるようにフェースにボールを乗せて

体を使って上に放り投げる感じです。

利点はホールドして投げるので通常のロブと違って距離感を出しやすく、

球の重さでランを抑える事ができる事です。それとダルマ落としがでにくい事です。

するのであればSWではやはりやりにくく、LWのほうがやりやすいです。

難しいですが、遊び感覚で楽しんでやるのもいいのではないでしょうか!
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
イメージが膨らむアイアン
ゼクシオならではのやさしさと飛びに高い飛距離安定性を+したXXIO FORGEDアイアンがデビュー!
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
賞金王池田勇太が愛用するシャフト
今季3勝を挙げ、自身初の賞金王に輝いた池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
三代目“赤スピーダー”誕生!
今までにない飛距離性能と操作性が共存した『Speeder EVOLUTION III』10月7日デビュー!
banner
『TW737』デビューキャンペーン
TOUR WORLD『TW737』10月18日。デビューキャンページ実施中!「TEAM HONMA」今季国内外ツアーで20勝!
banner
SRIXONドライバープレゼント!
NEW SRIXON Zシリーズ発売記念、抽選で3名様にドライバーをプレゼントします。今すぐ特集をCHECK!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
待望のシャフトが日本上陸! ジョーダン・スピースが使用しているシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2016 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop