ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
24,717
登録商品件数
8,154
Q&A質問数
2,866
Q&A回答数
12,419
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
不調のときの対応策を教えて下さい。
5848
不調の時によく見られる傾向なんですが、1W〜アイアンまで全てがフックフェイスに見えるのです。私はフックフェイスが大嫌いで苦手なんですが、練習場でもコースでもときどき起きます。前上がり、前下がり、左上がり、左下がり、練習場のようなフラットなときでも起きるときがあります。心理的なことかもしれませんが、そうなるとグローブを新品に替えたり、足を揃えて直立したりいろいろやってはいるのですが結果は散々なものです。視力は左右1.0ぐらいですので問題ないと思います、脳までは検査しておりませんが、皆さんはそういうのはありませんか?ちなみに持ち球はフェードです。よろしくお願いします。
 関連用語: アイアン  グローブ  フック 
 回答数:3 | 閲覧数:19489質問者:jamusbond  質問日時:2010/10/26 (火) 9:14 
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. シロナ  回答日時:2010/10/26 (火) 9:58
1910
??????強いハンドファーストになっているのでは?

俳優の渡辺裕行さんみたいな?
2. プロビショナルボール  回答日時:2010/10/26 (火) 16:14
2041
玉を近くに置くとそうみえます
玉をすこし身体から離しましょう
慢性的ならライ角調整 プル角調整したほうがいいかも
3. ヴァル  回答日時:2010/10/27 (水) 7:10
1901
握る時、左右どちらの手を主軸にグリップを作り、フェースを合わせますか?
大抵、左手が主軸で右を後に握りますよね。

左右のグリップバランス、先の左手に対して後から握る右手の関係が崩れた時、急にフックフェースに見える場合があります。フックフェースに感じた時、左手(主軸側)を離して、右手1本で数度ワッグルして、フェース確認して見てください。

それでフックに見えるなら、握る時は左手でフェースを合わせて、構えてからは右手でフェース管理している事になります。
もし、上記の様な事となれば、左と右のグリップのズレ、緩みがあるのかもしれませんので、握る時に注意を払えば直ります。

参考になれば幸いです。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
イメージが膨らむアイアン
ゼクシオならではのやさしさと飛びに高い飛距離安定性を+したXXIO FORGEDアイアンがデビュー!
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。国内最終戦 日本シリーズで力を証明する
banner
TOUR B ドライバーが当たる!
「TOUR Bシリーズにクチコミをしてドライバーを当てよう」クチコミキャンペーン実施中! 12/5締切
banner
好調・池田勇太が愛用するシャフト
今季3勝を挙げ、現在賞金王争いを繰り広げる池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
三代目“赤スピーダー”誕生!
今までにない飛距離性能と操作性が共存した『Speeder EVOLUTION III』10月7日デビュー!
banner
『TW737』デビューキャンペーン
TOUR WORLD『TW737』10月18日。デビューキャンページ実施中!「TEAM HONMA」今季国内外ツアーで20勝!
banner
SRIXONドライバープレゼント!
NEW SRIXON Zシリーズ発売記念、抽選で3名様にドライバーをプレゼントします。今すぐ特集をCHECK!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
待望のシャフトが日本上陸! ジョーダン・スピースが使用しているシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2016 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop