ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,471
登録商品件数
8,234
Q&A質問数
2,977
Q&A回答数
13,178
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
スライス克服法をご教示ください
9100
私は、DRを打つとどうしてもOUT⇒INに振ってしまいスライスが出てしまいます。

この癖を直す練習方法は、無いのでしょうか?教えてください。

今は、ゆっくりとテイクバックを30cm程ますっぐにを心がけています。
正しいでしょうか?疑問です。
よろしくお願いします。
 関連用語: スライス  テイクバック  ライ 
 回答数:9 | 閲覧数:24297質問者:mori-7298  質問日時:2011/5/6 (金) 21:49 
mori-7298さんのコメント
みなさん貴重なアドバイスありがとうございました。
早速、練習場で試してみます。
道のりは長いかもしれませんが、地道に頑張ります。

これからも、よろしくお願いします。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. shingo119  回答日時:2011/5/6 (金) 22:29
1049
よく読み取れていませんが。

「DRを打つと」
と言うことは,DR以外はスライスしないということでしょうか?

シャフトの硬さやタイミングにもよりますが,短くもって振ってみたりすることを試してみては,と。
DRだけの問題であれば,シャフト(種類だけでなく,長さや硬さも含めたトータルコーディネート)を合わせることが近道のようにも思います。


スイングでの解消は,テイクバックをゆっくりだけではなく,ダウン以降もゆっくりとだと思います。
インパクト時のフェースアングルが(開いていると思われるため,)合うようにグリップすることも必要でしょうし,ダウンスイング時におけるコックのリリースのタイミング(が遅くてクラブが戻ってきていないように思われるので,リリース)を早くすることも必要なように思います。

ただ単に,OUT→INのスイングなのでしたらクローズドスタンスにしてみるのもひとつの方法かと思いますが,
スイングをいじられるのでしたら,(本当にOUT→INのスイングなのかどうかもわからないですし,付け焼刃の対処療法で余計にひどくなることもありますので,)素直にレッスンを受けられるべきだと思います。
2. ヒラヤス  回答日時:2011/5/6 (金) 22:33
1028
癖を直そうとするよりも、まず、なぜアウトサイドイン軌道になってしまうのかを考えた方がよろしいのではないでしょうか。

アウトサイドイン軌道になってしまう原因は様々で、例えば、
・体重移動が不十分
・ダウンスィングからインパクトで体が開く
・右手(右打ちの場合)で打ちに行きすぎて右肩が被る
・スタンスがオープンになっている

これもほんの一例で、アウトサイドイン軌道になる原因は他にもたくさんあります。

もし、今挙げた4つの中のどれか1つでも当てはまっているのなら、クローズスタンスで構えて練習してみてください。
クローズスタンスにすれば、今挙げた4つの原因は起きにくくなります。

ゆっくりと30センチテークバックですが、間違っていないと思いますが、手先で操作せずに、肩で動かす意識でやると良いと思います。
3. sayonarasu  回答日時:2011/5/7 (土) 4:01
966
私のようなものがお話するのはいかがなものか、と思いますが、蛮勇を振るってお話します。
子供の頃、野球、ソフトボール、テニスを経験している方は、ほとんど、右手、右腕、右腰主体で振ります。ほぼ全員スライサーから始まると思います。グリップも昔のスクエアか、弱ウイークで握る確率が高いと思います。切り返しも上体から始まりますからどうしても外から振り下ろすカタチになります。「トップを高くすることが大切」という意識が高いのでフライングエルボーになる確率も高いと思います。
本題に戻り、最初の30センチをまっすぐ、ゆっくり引くのは意識としては間違いではないと思います。(あくまで意識の中です)これは私も今抱えている課題でアーリーコックが良いかレートコックが良いかという課題、フェース(アーム)ローテーションを積極的に使うべきか、消極的に使うか?という課題につながっていると思います。日本のアマチュアのスイングのほとんどはレートコックか折衷型だと思っています。腕力があまり強くないので体重移動を積極的に使うスイングが主流になったのではないでしょうか。
遠回りのように思うかもしれませんが、体軸(中心線)の動きをビデオで観察することをおすすめします。私の場合右に動きその場で回る傾向が強かったのでアウトサイドインになることが多かったです。
まとめると、
1)左手主体で上げる
2)左手主体でダウンスイング
3)体軸移動をしてから回転(ダウンスイング)する
頭の位置を終始動かさないでスイングできれば良いのですが、これが出来る人はあまりお見かけしません。左右の体軸移動だけでも3種類のパターンがあると思います。
また、最初のセットアップ時点で腰や方が開いて構えている方も少なからずいらっしゃると思います。
4. シャンク野朗  回答日時:2011/5/7 (土) 8:27
931
スイングを見てないので分かりませんが、構えた時にヘッドが遅れないようにってつぶやいて打ってみてください。先にヘッドを出してやればスライス幅も減ると思いますよ。後はやはりシャフトですね、シャフトで球筋が全然変わります、いろんなメーカーからいろいろシャフト出てますんで
自分に合ったシャフトを選ぶのも手だと思います、フィッティングされるのもいいかと思います。
5. ぴいまか  回答日時:2011/5/7 (土) 11:26
951
はじめまして。失礼ながら私の意見を。
私の持論では、テイクバックを真っ直ぐ引くというのは、スライスを誘発する物だと考えています。なぜなら、真っ直ぐ引こうとすれば、自ずとヘッドは体から離れていきますからね。アウトサイドに上がっているという解釈になります。ハーフスイングやスリークォーターで、右ひじが体から離れない程度のテイクバックで練習されてはいかがでしょうか?もちろん手首の動きも抑えて下さいね。
ちなみに私は、大幹を中心にクラブヘッドが円弧を描くとイメージするように心掛けています。ご参考になれば嬉しく思います。
6. ヴァル  回答日時:2011/5/7 (土) 14:22
972
多くの方が語られる通り、原因の追究が先だとは思いますが、考え方を1つだけ。

アウトからヘッドが降りるのを直したいのなら、フォロー側で直す方が簡単だと思いますよ。
フォロースルーを意図的に飛球線右に振り抜き、インサイドアウトで振る意識を持ちましょう。
「そんな簡単にインサイドアウトが出来れば苦労しない」とお思いかもしれませんが、実はフォローがアウトに抜ければヘッドは絶対にアウトからは降りられなくなるのです。
【アウトトゥアウト】なんて言葉は聞いた事無いですよね。スイングが円弧軌道である以上、これは無理な話です。
故に、アウトサイド軌道を直したければ、ダウン側で直そうとせずフォローを抜く方向を意識した方が簡単だったりします。

アウトサイドから降りる原因は腕のリリースや肩の開きなど、色々あると思いますが、それらは既に身に染み付いてしまっている物で簡単には直りません。原因がどこにあるかにもよりますけどね。

まずは、右に打ち出してみましょう。その為にはフォローを右に抜く意識を持つ。最初はプッシュスライスでも飛球線右にさえ打ち出せればOKです。
フォローを右に抜こうとすれば、勝手に体の開きは抑えられヘッドも返ります。
その為に、インパクトで右肩を下げず、胸を右に向ける(開かない)事です。

参考になれば幸いです。
7. 横浜taka735  回答日時:2011/5/8 (日) 9:10
1127
データーが少ないので・・自身の経験からの助言です。

 スライスが出始めると、私はこれをよくいたします。
 極端な言い方ですと右30度に振りぬいてください。
 ●ボールは後ろ手前側から見ます。
 ●そして右30度に振りぬきます。

 なんじゃこれ・・と思われるかもしれませんが・・・
いろいろな訳はありますが、これが一番簡単に説明したやり方です。

 一度試してください。
 意識し始め、ある程度できるとフックも出ますが
(簡単には出ません・・)、「矯正」の練習としては
いいやり方と思ってます。

  楽しいゴルフライフとお祈りしおります。 
8. わし  回答日時:2011/5/8 (日) 11:57
969
現在、テークバックを引く方向が原因でアウトサイドインのダウン軌道になり、それを修正するためにテークバックを真っ直ぐ引くということでしょうか。
この“まっすぐ”というセオリー?は感覚的な表現で、本当に真っ直ぐ引いてしまうと手が体から離れて行ってしまいます。あくまでも真っ直ぐのつもりということですので、度合に注意が必要です。
また、テークバックの始動軌道を変えるだけでスライスが修正される事はあまりないと思いますが、テークバックのずれはスイングのずれになりますので、修正された方が良いとは思います。
因みに、アウトサイドインに振るからスライスするのではなく、ヘッドの軌道に対してフェースが開いているためにスライスします。但し、普通は自然にフェースを飛球線に対してスクウェアにしようとしますので、アウトサイドインの軌道がスライスを生みます。
ご参考になれば、
9. sayonarasu  回答日時:2011/5/10 (火) 3:53
1123
インパクトからフォローも大切です。
アウトサイドイン軌道を矯正する場合、意識として「引っ張る」のではなく「押す」感覚が大切です。弱インサイドアウトを目指して、押して行けば、いずれ手首は返ります。結果として大きなスイングアーク(弧)を描きます。フィニッシュも安定して同じところに収まるハズです。
最初は右にスッポ抜けるでしょうけど我慢して続ければドローボールになると思います。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
石川遼、R.マキロイ使用ドライバー
話題沸騰中のキャロウェイ『GBB EPIC STAR/Sub Zero』ドライバー 2月17日デビュー! 石川遼、R.マキロイが使用中!
banner
NEW PHYZボールモニター大募集
ブリヂストンスポーツから3月3日に発売される『NEW PHYZ』のボールモニター120名を募集します!詳しくはこちら!
banner
シリーズ3代目 コスパもGood!
クリーブランドRTXシリーズの最新作「RTX-3」が2月18日にデビュー。15,000円という価格も人気の秘密だそうです。
banner
BSグローブモニター結果発表
ブリヂストンゴルフ TOUR Bシリーズ『TOUR GLOVE』の100名モニターを実施。体感したゴルファーの評価はいかに!?
banner
賞金王池田勇太が愛用するシャフト
2016年に3勝を挙げ、自身初の賞金王に輝いた池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop