ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
27,271
登録商品件数
8,558
Q&A質問数
3,221
Q&A回答数
15,074
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
スイングについて、感覚的な質問で申し訳ありませんが・・・。
4310
先日、生まれて初めてこの年(65才)にして、プロからコースレッスンを受けました。
それで、バックスイングが結構「インサイド」に上がっていて、ボールを打つ方向にクラブを「送り出し気味」なことが原因で、すべてのショットの安定性やスピンがかからないアプローチになっている・・・との指摘でした。
その場では5分の1位は教えて頂いた通りにできていたと思いますが、数日して練習場で打ちましたら、従来はドロー気味なのが、フェードに変わっていました。

自分では、「ボールを打つ時に腕をターンして左へ打て」との教えに沿っているつもりでも、どうなんでしょうか?
修正後は、ボールの強さは強くなり弾道の高さも以前より高く、FWも球が上がり満足です。
ですが、もーちょっと!力強いストレートボールを打ちたいと思います。
プロには違和感があっても2ケ月間はイメージを合わせて振っていれば治る・・・と指導頂いております。
感覚的な質問で恐縮ですが、どうも、ダウンススイングで手もとをターンしきれていないと思いますので、コツというかポイントを教えてください。なお、ショットの時、ぐらつかなくなりました。
 関連用語: アプローチ    スイング  スピン  ダウン  ドロー  ボール 
 回答数:4 | 閲覧数:14093質問者:Murasan  質問日時:2011/5/26 (木) 11:05 
Murasanさんのコメント
ヴァルさん、わしさんありがとうございます。アドバイスに腹落ち
できました。
ほぼ2ケ月経ちましたが、結果は上々で、理想としている事に手応えが
出て来ました。飛距離も伸びましたし、まだ教わった事の50−60%
位にしかできていないと感じますが、安定感も出て、突然のビック
イニングがなくなり、スコアも80台後半に突入して参りました。
このまま続けようと思います。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. ヴァル  回答日時:2011/5/26 (木) 15:50
1098
球が上がって満足という事は飛距離に好結果をもたらし、尚且つ安定性が出ている。
良い事尽くめに見えますが・・?

・矯正前
クラブを送り出している=ヘッドが先行している=手のターンが早い(多い)=アッパー、レベルブロー=捕まるがスピンがかからず方向性が悪い

・矯正後
手のターンを抑える=ハンドファーストインパクト=以前よりヘッドが若干遅れ、ダウンブロー=スピンが増え方向性安定、遅らせた分フェード気味。

文章から想像すればこんな感じでしょうか・・?
読んで思う事は、「そのプロの方のアドバイスを信じて2ヶ月練習する。」がベストだと思います。
私達、サイトで回答する者は投稿者さんのスイングを見れませんし、所詮アマチュアです。
普段から分かる範囲、知りうる範囲で思う事は書きますが、必ずしも正解だとは限りません。
今回の場合、実際Murasanのスイングを見て指導なさったプロの方のアドバイス以上の答えは、誰も出せないと思いますよ。

スイングにおいては意見できませんが、以前打っていたドローに比べ、今のフェードの飛距離はどうでしょうか?
もし、飛距離変わらずのフェードになっているなら、それは最高の球筋を手に入れてると思います。
弱々しいスライスになっているのならば問題あると思いますが、以前に比べて弾道も強くなったとの事。

良く言われることですが、ストレートと言うのは見栄えは良くても、スコアを作る上では、一番難しく危険な球筋。
適正スピンのフェードが打てているならば、それを貫くべき。と、私は思います。

若輩者の意見ですが、後押しになれば幸いです。
2. ヴァル  回答日時:2011/5/27 (金) 20:17
1169
先の回答文の中で、Murasanさんに対する敬称が抜けていました。
申し訳ありません。
3. わし  回答日時:2011/5/28 (土) 11:36
1028
ヴァルさんとは逆の想定でコメントさせていただきます。というのはクラブをボールを打つ方向に”送り出し気味”とは、フォローにかけてヘッドが手をなかなか追い越していかない状態を記述されているかもしれないと思ったためです。であれば、プロの“腕をターンさせて左に打て“というアドバイスと辻褄が合います。現在は腕のターンを意識させることで、スイングスピードが上がり、軌道がスティープになり、今のような結果になったのかもしれません。但し、今は完全なインサイド・アウトの軌道になっていると思われます。それをフォローだけインサイドにしようとすると、右手でヘッドを左に振っていくしかなく、そのためダウンでターンしきれていない感覚が生じたり、球筋がフェードになるのかもしれません。
もし、このような状況であれば、個別の現状をベースに判断してくれる、そのプロに相談されるのがよいと思います。
4. シロナ  回答日時:2011/5/28 (土) 14:17
1021
ボディターンとかいわないそのプロは信用できます

ベテランゴルファーだと思われますので、癖はなかなか抜けないのであせらずプロに習いましょう

イメージは・・・・

ダウンから手を右前に振り下ろし、右ひざ前でハンドルを切る

ゆっくりと、出来るだけゆっくりと
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
四代目 速度狂“黒スピーダー”
女子プロを中心に絶大なる人気とトップクラスのモデル別使用率を誇る「Speeder EVOLUTION」シリーズ。ついに四代目が9/15に登場!
banner
『NEW RMX』の進化した点は?
“勝つために、進化”をコンセプトに開発されたヤマハ『NEW RMX』10/6デビュー。藤田寛之、今平周吾らも絶賛するその性能は?
banner
N.S.PROシャフトをGETしよう!
日本シャフト ベストマッチング試打会開催!同時に9/24からクチコミキャンペーンを実施。N.S.PROシャフトが当たるチャンス!詳細は▼
banner
アイアンも、禁断の飛び。
驚愕の飛距離にプロからも驚きの声、続出! キャロウェイ『EPIC アイアン』9月15日登場!
banner
MAJESTY Royal SP 誕生
包み込み、跳ね飛ばす。強靭な、蜘蛛の巣のように。MAJESTY Royalがさらに進化して登場『MAJESTY Royal SP』9月7日発売!
banner
待望の「飛びすぎ X」
とにかくドライバーの飛びにこだわるゴルファーお試しあれ! 革新的ゴルフボール『SRIXON -X-』誕生
banner
今季2勝池田勇太の愛用シャフト
昨季賞金王の池田勇太を今季2勝目に導いたウッドシャフトとは…?
banner
通算8勝 成田美寿々の使用シャフト
成田美寿々を2年ぶりの優勝、ツアー通算8勝目に導いたプレミアム・アスリートモデルのウッドシャフトとは?
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop