頭文字   メーカー名   ブランド名 
ドライバー
FW・UT
アイアン
ウェッジ
パター
ボール
シャフト
グリップ
シューズ
距離計測器
クチコミする

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > my caddie ノート一覧 > my caddie ノート詳細

≪ 次の記事 | my caddie ノート一覧 | 前の記事 ≫

ゴルフにも最適? J&Jが調光コンタクトレンズを新発表2019.11.19
my caddie 編集部です。

19日、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)株式会社 ビジョンケア カンパニーの新製品発表会に行ってきました。

今回発表されたのは、目に入る光の量を自動調節する世界初のコンタクトレンズ「アキュビュー オアシス トランジション スマート調光」。光の量が少ないとレンズの色が薄くなり、光の量が多いとレンズの色が濃くなる仕組みです。



運転時の対向車のヘッドライトなど夜間の光を調整することも可能なこのコンタクトレンズは、ゴルフだと逆光時にピン位置やターゲットが見えやすくなり、グリーンでは芝目が綺麗に見えるようになるとか。


光が調節された状態が右。プレーも快適になる?(写真提供:J&J)

太陽の光、パソコンやスマートフォンの画面からの光など多くの日本人は知らず知らずのうちに光を浴び、ストレスを感じているそうです。筆者が通っていたオーストラリアの学校では、帽子着用は義務、日焼け止めもほぼ義務、サングラスをかけている生徒も多かったです。日本では馴染みのない文化ですが、目を守るのは非常に大切なこと。

スマート調光コンタクトレンズは光の量を調整してくれるので快適に生活を過ごすことができますし、紫外線からも守ってくれるので、肌と同じく眼の紫外線予防にも役立ちます。眼に日焼け止めを塗ることは出来ませんから…。

しかし、あくまでも日常生活用のコンタクトレンズなので、サングラスが不要になるわけではありません。日照りが強ければサングラスと併用、くもりであればサングラスは外すなど臨機応変に使い分ける必要があります。


紫外線を当てると色が変わります。

 1987年に世界初の使い捨てコンタクトレンズを発表し、1995年に世界で初めて1日(ワンデー)使い捨てコンタクトレンズを世に送り出すなど最先端の考えを持ったジョンソン・エンド・ジョンソンの最新作は、
12月12日(一部店舗で先行発売)に発売されます。なお、2週間の使い捨てで、価格はオープンです。



■ジョンソン・エンド・ジョンソンの公式ページはこちら

■アキュビューの詳細はこちら

≪ 次の記事 | my caddie ノート一覧 | 前の記事 ≫

コメント一覧 0件

最新のmy caddie ノート情報
宮里3兄弟らが参加 Bridgestone Golf ドリームフェスタ 2019
ゼクシオドリームカップに潜入 中嶋常幸、畑岡奈紗らがアマチュアとラウンド
松山英樹、ウッズらが豪メルボルンに集結 ザ・プレジデンツカップ
中嶋常幸プロ愛用 コアフォースがヨドバシカメラにて新規取り扱い開始
カリー・ウェブが2019年の米女子ツアーを統括

ヤフーショッピング

楽天市場

dot あなたもクチコミ投稿してみませんか!?
会員登録はこちらから>>>

クチコミが参考になった
  ユーザーランキング(直近30日)

一覧へ

Q&Aの回答が参考になった
  ユーザーランキング(直近30日)

Copyright © 2019 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop