急上昇ワード
ギアカテゴリ
メーカー
  • ブランド
ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > my caddie ノート一覧 > my caddie ノート詳細

≪ 次の記事 | my caddie ノート一覧 | 前の記事 ≫

【試打動画あり】キャロウェイの最新ドライバーは柱がフレームに!2021.01.20
my caddie 編集部です。

20日、キャロウェイの新製品発表会がオンライン上で行われ、EPIC ドライバー、EPIC フェアウェイウッド、APEX フェアウェイウッド、APEX ユーティリティ、APEX アイアンなどの注目ギアが発表されました。




「全集中」なEPICドライバー



ドライバーは「EPIC SPEED」「EPIC MAX」「EPIC MAX LS(ロースピン)」の3モデル展開。共通で大きく変わったところは2本の柱「ジェイルブレイクテクノロジー」が「ジェイルブレイクAIフレーム」になったことです。

epicface

「GBB EPIC」「ROGUE」「EPIC FLASH」「MAVRIK」ドライバーで搭載された2本の柱。インパクト時のクラウンとソールがたわむことで起きるエネルギーロスを抑え、たわみによる反発力を最大化させるという効果がありました。



今回、発表されたフレームは上下だけでなく横方向(トゥ・ヒール方向)の挙動を抑え、インパクト時のエネルギーをよりフェースに集中させ、初速アップをはかるとのこと。 



発表会に登壇した河本結プロ、西村優菜プロ、田中瑞希プロは鬼滅の刃から「全集中です」と例えていました。



クラウン(トライアクシャル・カーボンクラウン)に関しては面積が拡大。大きくなったことにより、クラウン部の重量をさらに減らすことができ、重心位置の最適化に繋がっています。チタンと比べると、13〜19gほど軽いです。

また、新たにソールのトウ側にトライアクシャル・カーボンを採用したことで捕まりの良いドライバーに進化しました。



フェースはAI設計の「FLASH フェース SS21」を引き続き採用。「EPIC SPEED」「EPIC MAX」「EPIC MAX LS」とそれぞれ最適化したフェース設計となっており、「『MAX LS』は優しい大きいヘッドで低スピンなボールを打ちたいゴルファー向け」など膨大なデータをAIに計算させ、人間では思いつかないようなフェースが出来上がるという仕組みです。

ではそれぞれのドライバーの特徴を見ていきましょう。




EPIC SPEED」は浅重心モデル。重心を浅くすることのメリットは低スピンとなり、フェースに当たる打点の上下のズレに強くなることです。

また、「MAVRIK」に搭載されたサイクロン・ヘッドシェイプを採用。ダウンスイング時の空気抵抗を軽減することでクラブスピードを上げることが可能に。

なお、「EPIC MAX」と「EPIC MAX LS」にサイクロン・ヘッドシェイプは採用されていないので、スピードにこだわる方は「EPIC SPEED」がマッチすると思います。

ヘッド体積は460cc、ロフトは9度、10.5度。シャフトは「Diamana 50 for Callaway(S、SR、R)」が純正で、「Tour AD HD-6(S)」「Speeder EVOLUTION VII 661(S)」「Diamana TB 60(S)」がカスタム。純正シャフト装着モデルは7万7,000円+税、カスタムシャフト装着モデルは9万4,000円+税です。



EPIC MAX」はキャロウェイ史上最大級の慣性モーメント。インパクト時のフェースの開閉を抑えて安定した弾道でボールが飛んで行きます。また、ヘッド後部には独自のペリメーター・ウェイト(12g)が装着されているので、好みの弾道に調整できます。捕まりやすくてやさしいのが「MAX」と覚えておきましょう。

ヘッド体積は460cc、ロフトは9度、10.5度、12度、シャフトは「Diamana 40 for Callaway(S、SR、R)」、価格は7万7,000円+税です。



EPIC MAX LS」はロースピンモデル。前作の「Sub Zero(サブゼロ)」にあたります。低スピンな分、「EPIC MAX」よりは捕まらないのが特徴です。また、「MAX」と同様にウェイトがつけられていますが重量は9gと少し軽くなっています。

ヘッド体積は460cc、ロフトは9度、10.5度。シャフトは「TENSEI 55 for Callaway(S、SR)」が純正で、「Tour AD HD-6(S)」「Speeder EVOLUTION VII 661(S)」「Diamana TB 60(S)」がカスタム。純正シャフト装着モデルは7万7,000円+税、カスタムシャフト装着モデルは9万4,000円+税です。


2本の柱が進化したFWとUT



EPIC SPEED」「EPIC MAX」フェアウェイウッド、「APEX」「APEX PRO」ユーティリティの4モデルに共通していることは、「JAILBREAK AI ベロシティブレード」が搭載されたことと、2本の柱の位置が広がったということ。



柱が円柱状ではなくブレード(刀)のような形状になり、2本の柱の位置を広くすることで、より速いボールスピードを出せるそうです。なお、ユーティリティの柱は逆八の字になっています。



「EPIC SPEED」「EPIC MAX」フェアウェイウッドの一部の番手には高強度で薄く軽いC300マレージング鋼を採用し、ドライバー並みのボールスピードを叩き出すことが可能に。また、スイートエリアが36%も拡大したのでミスヒットにも強くなっています。


ユーティリティはフェアウェイウッドとは違い、グリーンを狙う目的で使用する機会が多いため、「APEX」「APEX PRO」ユーティリティはスピンが入るような設計になっています。

「APEX」はやさしさを求めるゴルファー向けで、ロフトを調整できるようアジャスタブルホーゼルを採用。一方、「APEX PRO」は操作性重視のコンパクトヘッドで、見た目にこだわる上級者向けということで接着型ホーゼルが採用されました。



アイアンは重量アップ! 



APEX」「APEX PRO」「APEX DCB(ディープキャビティバック)」アイアンの特徴はタングステンウェイトにあります。



「APEX DCB」は今回新たに加わったので比較対象外ですが、「APEX」「APEX PRO」を前作と比較すると、タングステンウェイトの重量が倍以上に!

重くなった分、スイートエリアが中央下部に移動。ミスヒットに強く、球が上がりやすくなっています。

また、3モデルとも軟鉄鍛造アイアンなのですが、軟鉄系のアイアンとしては初めてAIが設計したフェースを採用。モデル別、番手別でフェースが異なるので、思い通りの球筋を描くことが可能になりました。


フレームが最注目要素か

テクノロジーとしては、やはりドライバーの2本の柱がフレームになったことが一番の変化だと思います。形状を考えると2本の柱で支えるよりもフレームで支えるほうが安定性は出ると思うので、初速アップに繋がるのかなと感じます。

≪ 次の記事 | my caddie ノート一覧 | 前の記事 ≫

コメント一覧 0件

最新のmy caddie ノート情報
KBS GOLF EXPERIENCE TOKYO 東京・自由が丘に日本第一号店
ドライバーだけがテーラーメイドで満足? メディア試打会レポート
2年ぶりのジャパンゴルフフェア 一日5,000人の制限ありで開催
ファッション性と機能性を両立 ガーミン「Approach S42」
更なる進化を遂げた藤倉のベンタス&プラチナムスピーダー

ヤフーショッピング

楽天市場

dot あなたもクチコミ投稿してみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner

クチコミが参考になった
  ユーザーランキング(直近30日)

一覧へ

Q&Aの回答が参考になった
  ユーザーランキング(直近30日)

Copyright © 2021 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop