急上昇ワード
ギアカテゴリ
メーカー
  • ブランド
ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > my caddie ノート一覧 > my caddie ノート詳細

≪ 次の記事 | my caddie ノート一覧 | 前の記事 ≫

ブリヂストン「B1・B2」ドライバー新登場 ゴルファーズドックで最適クラブ提案2021.08.26
my caddie 編集部です。

ブリヂストンのBシリーズからB1・B2ドライバーが9月17日に発売されると発表されましたね。

ブリヂストンマニアの方は「奇数年だからJGRじゃないの?」と思われるかもですが、B1がTOUR B Xの後継、B2がJGRの後継にあたります。

特にB2は「JGRのデザインが…」と思われていた方でも満足のいくデザインになったかと思います。

ざっくり特徴をまとめると、B1は「捕まりを抑えて飛ばしたいゴルファー向け」、B2は「捕まえて飛ばしたいゴルファー向け」。基本はTOUR B XやJGRと変わりませんが、テクノロジーがかなり進化!

最も特徴的な技術はNewサスペンションコア(New SP-COR)です。



写真では伝わらないですが、この中にポリマーが入っています。従来品では先端についていたのですが、中に入れることで衝撃吸収と強度保持の効果をもたらします。



外のパーツは強度確保とフェースをおさえるためアルミからチタンに変更。



ポリマー入りのチタン素材パーツがヘッド内部(フェース中央付近)に搭載されています。



 素材と構造を見直したことで、フェースをより薄く(センター部は3.35mm、最薄肉部は1.7mm)、より軽く(従来品と比べると約7%の軽量化)することに成功。

フェースが薄くなると反発性能が上がるので、芯を外しても、そこまでの飛距離ロスには繋がりません。また、軽くなったことで初速がアップするというメリットもありますね。



さらに、フェースにはパワーミーリング加工が施されています。

これは、トゥとヒールのミーリングをセンターに対して2倍の粗さにすることで、芯を外した時のサイドスピン量を抑えられるという技術(=直進性が増す)です。



ソール側を固めクラウンをたわませるブーストパワーテクノロジーも進化しています。

クラウンはハニカムストリング内蔵のカーボンクラウン。ハニカムとは英語で「ハチの巣」を表し、正六角形または正六角柱を隙間なく並べた構造のこと。

この進化したクラウンにより、インパクト時のクラウンのたわみが増し、初速アップ&高打ち出しに直結。たわみの復元力が高いので、弾道が捻じれないという効果も。

単純にロフト角を大きくすれば、打ち出し角は高くなりますが、バックスピン量は増えてしまいます。そうならないように、ソールを固めクラウンがたわむように設計されているのです。



B1にはアジャスタブルカートリッジ3.0を搭載。9gのウェイト位置を変えることで、弾道調節ができ、ヒール側にすると強いドロー系、トゥ側にすると強いフェード系に。また、ソールセンターを硬くすることで直進性をアップさせています。



一方、B2は弾道調整機能がなく、ヒール内部に約18gのウェイトを加重したドローバイアスデザインを採用。JGRと比べると、横の慣性モーメントは約20%もアップ。また、B2はソール側ではなくトゥ側を硬くすることで、捕まりを良くしています。



また、実はB1には「より捕まりを抑えて飛ばしたいプロ・上級者向け」のB1-Limited B1というモデルが存在します。

このモデルは一般的なゴルフショップでは購入することができず、ブリヂストンスポーツのフィッティングサービス「ゴルファーズドック」、試打会または直営店などでしか買えません。



ゴルファーズドックは3球打つだけでスイングを丸裸にし、合うクラブヘッドとシャフト、そしてボールまでも瞬時に機械が提案してくれるというサービスです。



筆者は元々ドローが強めなので、捕まりを抑えるB1-Limited B1(シャフトはTOUR AD UB-7)がマッチするだろうという結果に。ウェイトのポジションまで提案されるのは凄いですね。

また、ボールは、少しバックスピン量を増やして高さを出すためにスピン系のTOUR B XSが適正と診断されました。



宮里藍さんがゴルファーズドックを体験している動画があるので、気になる方はご覧ください。



提案ドライバーで試打したところ、基本的にドロー(持ち球)はドローでしたが、危険なフックに近いドローはなくなりました。また、フェースを返さず、そのまま右に押し出していくイメージで打つと、より強く振れる感覚が!

フック球がたまに出るのはスイングが原因だと思っていましたが、自分にあったクラブを使えば一発解決。改めてフィッティングの重要性に気づきました(プロがより上手くなるのも納得…)。

なので、皆様もゴルファーズドックを受けてから、クラブ選びをしてみて下さい。自分にマッチしたクラブで練習すると上達するスピードもめちゃくちゃ上がります。





なお、ドライバー以外にもB1・B2フェアウェイウッド、B1・B2ハイブリッドが用意されているほか、最先端コンポジットアイアン「213HF」も2021年9月17日に発売されます。

■Bシリーズ特設サイト
https://www.bs-golf.com/bs-products/bsg/b_series/

≪ 次の記事 | my caddie ノート一覧 | 前の記事 ≫

コメント一覧 0件

最新のmy caddie ノート情報
ミズノのグローバル戦略モデル「Mizuno Pro」アイアン新登場
ゴルフクラブのシャフトの硬さ(フレックス)はどうやって選ぶ?
ゴルフトライアスロン参加者140名募集中 11月13日(土)開催
エボリューション誕生から8年… スピーダーNXに進化!
ピンの新モデル「i59」とグライドフォージドプロとは?

ヤフーショッピング

楽天市場

dot あなたもクチコミ投稿してみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner

Q&Aの回答が参考になった
  ユーザーランキング(直近30日)

Copyright © 2021 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop