急上昇ワード
ギアカテゴリ
メーカー
  • ブランド
ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > my caddie ノート一覧 > my caddie ノート詳細

≪ 次の記事 | my caddie ノート一覧 | 前の記事 ≫

フォージドβチタン搭載DR ミズノ「ST-Z 220」「ST-X 220」2022.01.17

my caddie 編集部です。

ミズノは14日、グローバルモデルのSTシリーズより、「ST-Z 220」「ST-X 220」ドライバーをジャパンゴルフフェア初日の3月11日に発売すると発表しました。

簡単に分けると、「ST-Z 220」はウェイトが中央にある低スピン設計、「ST-X 220」はウェイトがヒール側にあるドローバイアス設計。それぞれの特性を生かすため、「ST-Z 220」はロフト9.5度のみ、「ST-X 220」はロフト10.5度のみとなっています。

写真

写真

高初速・低スピンというコンセプトに加え、今作は「安定性」を強化。ソールに配置されたカーボンの総面積を4割ほど前作から拡大させたほか、ヘッド後方にウェイト(約13g)を配分することで、「ST-Z 220」は約120%、「ST-X 220」は約128%とスイートスポットが広がっています。

フェース素材には一般的なチタンよりも強度が高く、たわみ量の多い「フォージドβチタン」を採用。チタンはα型、α-β型、β型に分類され、主要メーカーはα-β型を採用しているとのこと。その理由は、β型は反発ルール規制前に使われていた素材であるため。

写真

しかし、ミズノは独自のフェース肉厚設計「コアテックフェース」や、インパクト時にフェース周辺のボディをたわませる技術「ウェーブテクノロジーソール」により、β型のチタンでも反発ルール内に収まるように調整しています。

昨年10月末から原英莉花選手、西郷真央選手、時松隆光選手、武藤俊憲選手、伊藤有志選手が「ST-X 220」ドライバーを使いはじめ、原選手は大王製紙エリエールレディスオープンで優勝しています。

写真
(C)Getty Images

禁断の高初速素材「βチタン」を搭載し、高初速、低スピンに加えて、高い安定性を追求した今作は、ミズノ契約プロがシーズン終盤にすぐ切り替えられたほどの仕上がり。

実際に打たせて頂きましたが、それぞれしっかりと特性が出て、打音や打感は相変わらず心地良かったです。もう少ししたら全国で試打会も開かれると思うので、是非お試しください。

なお、価格はともに7万2,600円(税込)からで、「ST-X 220」のみフェアウェイウッドユーティリティの展開があります。

■「ST-Z 220」「ST-X 220」の特設サイト

≪ 次の記事 | my caddie ノート一覧 | 前の記事 ≫

コメント一覧 2件

1. 一夜干し 2022/2/27 (日) 19:59
ポイント
3

今作は今までの中でもかなり期待出来そうですよ。
グローバル化してから進化を続けていると思います。
前作が尖った性能だったのでどのような方向に行っているか試打が楽しみです。

2. たんそくいぬ 2022/1/21 (金) 14:57
ポイント
1

ゴメン
全く食指が動かないわ

最新のmy caddie ノート情報
オデッセイ「ELEVEN」パターが好調 男子ツアーでの使用率が高め!?
ゴルファーの五感を刺激するPXGの新シリーズ「GEN5」登場
「BMW JAPAN OPEN 2022」開催! 豪華賞品と名門コースでのプレーが魅力!
ゴルフトライアスロン in 北海道が6月に開催 舞台は岩見沢パブリック雉ヶ森ゴルフコース
マイファーストマジェスティを体験 試打イベントの模様は近日公開

ヤフーショッピング

楽天市場

dot あなたもクチコミ投稿してみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner

クチコミが参考になった
  ユーザーランキング(直近30日)

一覧へ

Q&Aの回答が参考になった
  ユーザーランキング(直近30日)

PageTop