急上昇ワード
ギアカテゴリ
メーカー
  • ブランド
ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > my caddie ノート一覧 > my caddie ノート詳細

≪ 次の記事 | my caddie ノート一覧 | 前の記事 ≫

三菱ケミカルの新製品 軽量ブランド「VANQUISH」、5代目「Diamana GT」2022.07.05

my caddie 編集部です。

先日、三菱ケミカルのメディア向け試打会で7月15日に発売される「VANQUISH(ヴァンキッシュ)」と、9月上旬に発売予定の「Diamana(ディアマナ)GT」を打ってきました。



40g、50g台の軽量ブランド「VANQUISH」は、藤田寛之選手が国内シニアツアー(スターツシニアゴルフトーナメント)で初優勝を挙げた時に刺さっていたシャフトです。

打ってみた感想は、ダウンスイングからインパクトにかけて鋭く走るのですが、しなりで飛ばすよりも、シャフトがそのまま速いスピードで戻って来るような感じ(大げさに言うとシャフト全体が走る!)。

また、打ち出し角は高く、やんわり捕まるイメージ。先端が走って戻るようなシャフトは捕まりすぎる印象を持っていましたが、「VANQUISH」の硬さが捕まりすぎを抑え、操作性を高めているのかなと感じました。



藤田選手が「VANQUISH」を使用していることを考えると、ターゲットはアマチュアだけではないことが分かります。

PGAツアーで戦うゴリゴリなプロへの憧れか、重・硬シャフトを使用しているアマチュアも多いかと思いますが、オーバースペックなことも…。そうかもしれない?と思った方は「VANQUISH」のような軽・硬シャフトを試してみるのもアリだと思います。



ダウンスイング時の加速感を向上させた「Diamana GT」は5代目にあたり、「Diamana ZF」の後継モデル。先端の強靭さでヘッドのブレを低減しながら、手元剛性も高めることで中間部のしなりをより感じやすくなるとのこと。

打ってみたところ強い球が中弾道でそのまま飛んで行くイメージ。また、しなるスピードは速いのに、パワーフェード気味というか、左にはあまり行かずに着弾してから転がるようなボールが出ました。



「Diamana PD」と「Diamana TB」を混ぜて、中間部のしなりより強くしたのが「Diamana GT」なのかなとも感じました。捕まりすぎないことで着弾点が安定するので、キャリーやランをしっかりと計算できそうな印象です。

「VANQUISH」と比べたらハードな印象ですが、40gから80g台まであり、フレックスも豊富なので、アマチュアゴルファーでも十分に使えるシャフト。また、カラーはシルバーとどんなヘッドにも似合いそうなシックなデザインなことも魅力です。

■三菱ケミカル
https://www.mitsubishichemicalgolf.jp/

≪ 次の記事 | my caddie ノート一覧 | 前の記事 ≫

コメント一覧 0件

最新のmy caddie ノート情報
テーラーメイド「HI TOE 3 WEDGE」 どんなライからでも寄せワン?
ブリヂストンの新製品体験会 アイアンは3モデルを追加
石川遼、CHROME SOFTシリーズは「信頼を置ける存在」
お得な「ULTRA LENS」搭載サングラスが限定発売 抽選でキャッシュバックも
ドライバーを買うとハイブリッドがついてくる マジェスティの夏キャンペーン

ヤフーショッピング

楽天市場

dot あなたもクチコミ投稿してみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner

Q&Aの回答が参考になった
  ユーザーランキング(直近30日)

PageTop