急上昇ワード
ギアカテゴリ
メーカー
  • ブランド
ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > my caddie ノート一覧 > my caddie ノート詳細

≪ 次の記事 | my caddie ノート一覧 | 前の記事 ≫

テーラーメイド「HI TOE 3 WEDGE」 どんなライからでも寄せワン?2022.08.11

my caddie 編集部です。

先日、テーラーメイドゴルフのメディア向けイベントが開催され、2022年9月に27,500円(税込)で販売予定の「HI-TOE 3 WEDGE」がお披露目されました。「HI-TOE」シリーズ最新作はどんな仕上がりになっているのでしょうか?



まず、前作の「HI-TOE RAW WEDGE」で採用されたロウフェーステクノロジー(=ノンメッキフェース)を引き続き採用。

ノンメッキにすることにより、フェース面の摩擦が増えて適切なスピン量に。また、従来よりも高ヘッド重心なため、打ち出し角度が低くなります。



前作までは56度以降のロフトに採用していたフルスコアラインですが、今作からは56度から60度に採用。

フルスコアラインの良さは、フェース全面が溝なので、バンカーショットなどフェースを開く場面でも適切なスピンを得られることです。



新採用されたのはレイズドマイクロリブという技術。ウェッジでフルショットをする時はスイングスピードが速いためスピンをかけやすいですが、グリーン周りからのアプローチはそうもいきません。

そこで活躍するのがレイズドマイクロリブ。フェース面にあるバー状の突起の効果により、スイングスピードが速くなくてもバックスピン量が増加。つまり、グリーン周りからでもスピンが効きやすくなるのです。



ソールはスタンダードバウンス(SB)、ローバウンス(LB)、ハイバウンス(HB)の3種類。プレースタイルやフェースの開閉量に応じて選択可能。難しいことをせず、素直なアプローチショットでプレーしたい方はスタンダードがおすすめです。



トゥ側のフェースが肉厚かつバックフェースに2種類のキャビティを採用。フェースセンターに重心を持ってくる(=高重心)ことで、より低い打ち出しとバックスピン量の増加に繋がります。







デモンストレーションを行った竹村真琴プロと関雅史プロ。フェアウェイやバンカーから「HI TOE 3 WEDGE」を試打して性能を確かめていましたが、特にすごかったのはロブショットのとき。

ロブショットは高さを出したいときに選ぶショットですが、スピンのことはあまり考えません。なぜなら高さで止めるショットだからです。ただ、「HI TOE 3 WEDGE」だと高さも出てスピンがかかる。両プロともビックリした感じでした。

≪ 次の記事 | my caddie ノート一覧 | 前の記事 ≫

コメント一覧 0件

最新のmy caddie ノート情報
ガーミン「Approach」シリーズ30万台突破キャンペーン実施
「TW757 Type-D PLUS」発売記念 事前予約してイ・ボミらとプレーしよう
ANAトラベラーズゴルフならプレーするだけでマイルが貯まる!
「DAP チャレンジ 2022 U-15」決勝大会をZOZO会場で実施
「PING 2023 PUTTER」10モデル登場 デカANSERがおすすめ?

ヤフーショッピング

楽天市場

dot あなたもクチコミ投稿してみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner

クチコミが参考になった
  ユーザーランキング(直近30日)

一覧へ

Q&Aの回答が参考になった
  ユーザーランキング(直近30日)

Copyright © 2022 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop