新しいゴルフプレースタイル「Game54」が誕生!


マスターズ振りとなってしまいましたゴル吉です。
もうすぐGWですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。
そろそろゴルフに行こうかなーと考えてる方も多いと思いますが、今日は昨日発表されたばかりの
「新しいゴルフプレースタイル」についてご紹介します!

その名も「Game54」。
勘のいい方ならなんとなく察しがつくでしょうが、
ゴルフのルールやコース、道具はそのままに、18ホールをパー3でラウンドするようです。
それ、ショートコースじゃんって感じですが、ショートコースと違うのは実際のゴルフコースを使うという点。
本来のゴルフコースの途中に仮設ティを設置して、そこから打っていくというわけです。

それぞれのホールに設置される仮設ティの場所は公式サイトから抜粋をしますが、
Par3:通常のティグランドからのプレー
Par4:IP地点(バックティからフェアウェイの250ヤード地点)を基準として、フェアウェイ幅に仮設ティを設置。その位置からティアップ、もしくはそのままでショットを行います。Par4では、ピンまでの残り距離は一番大きくなります。打ち上げ、ピンがグリーン奥などでは200ヤードを超えることもあり、プレーヤーによってはドライバーを手にすることでしょう。
Par5:第二IP地点(250ヤード地点からさらに220ヤード進んだ地点)からのショットになります。距離の長いPar5でも、第二IP点からでは100ヤードを切ることもあります。

発表会でサンプルとなるスコアカードをもらったのですが、こんな感じ。

普段いくショートコースは長くても100ヤード、大体が50ヤード程度というところが多いのですが、game54は110~150ヤードぐらいのホールが多いですね。
さらに実際のコースを使用するので、打ち上げ、打ち下ろし、バンカー、池などが絡んでくる機会もショートコースよりは多い…
となると、結構難しそうです。60台で回れるかどうか…

とはいえ、曲がりまくるドライバーを使わないでいいので、OBとかロストボールとかで時間を食うことはなさそう。
実際のプレー時間もハーフで1時間15分、18ホールでも2時間半ぐらいとのことで、「ゴルフは1日がかりで面倒くさい」という印象をなくす効果はありそうです。
また、利用料金も通常プレーの50%程度になる予定とのことで、これは若い人たちにとってはありがたいこと。
1万5000円近いプレーフィーを払うのは20代にはつらいのです…笑

近々体験会が開催されるとのことなので、ゴル吉も参加予定。
果たして「Game54」はゴルフ業界を救う一手となるのか。
これじゃ物足りないという熟練ゴルファーもいらっしゃると思いますが、個人的には大ありです!