若者目線としては…


若者目線とかいうタイトルをつけながら、最近自分は本当に若者なのかと疑問に思い始めてきたゴル吉です。
ゴルフ携わっているとちょっと感覚がマヒしそうなんですが、
アイドルのさや姉(山本彩さん)っているじゃないですか?実は自分の1つ下なんですが、
そのさや姉が自分のことを「アラサー」って言ってて… 軽くショックを受けています笑

とはいえ、まだ若いと信じて今日はあるサービスを紹介します。
my caddieでもすでに取り上げているのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
「ゴルフ免許証」というサービスの開発にむけて、現在クラウドファンディングが行われています。

つい先日100切りを達成しましたが、今ゴルフへのモチベーションが高いんです。
涼しくなっていきやすくなったのもありますし。
最低でも月に1回ぐらいはラウンドに行きたいなーと意気込んでるんですが、
数ある障害の中の1つが、一緒に行く人いない問題。
これは深刻ですよ、かなり。

自分の場合はコンペなどに誘われない限り、いつもゴルフ行くのは同じ人です。
この方は高校時代からの仲良く、自分がゴルフに誘ったこともあるので
そこまで気を遣わないという意味では最高なんですが、
やっぱりゴルフという趣味を持ったからには、これを利用して繋がりを広げていきたいじゃないですか。

とは言っても、一人ゴルフに予約するのはかなりハードル高いし、ゴルフサークルというのもなんだかよく分からない。
ああ、もうどうしたらいいんだと思っていたところに、このサービスが生まれようとしていると聞きました。
ゴルフに近いところにいる自分もこんな感じなのに、
若いゴルファーの人たちは本当にどうしているんだろうと疑問です。

クラウドファンディングのページにも書いているように、
ゴルフってなかなか誘いづらいですよね。高いし、1日がかりだし。
でも、このアプリを使うとゴルフに行きたがってる人がすぐにわかるから誘いやすい。
しかも、年齢や住んでいる地域、ゴルフのレベルを免許証のように表示してくれるので、とても分かりやすいです。

いわばゴルフに特化したSNSですね。
今の時代、SNSは数多くありますが、ゴルファーが一番多く使っているSNSって何なんでしょうか?
年齢層的にはFacebookかもしれませんが、Facebookって双方向のコミュニケーションとしてはちょっと使いづらい…
かといってTwitterは相手のことが分からない怖さがある…
と、ゴルファーに最適なSNSって考えてみれば今まで無かったかもしれません。

クラウドファンディングの支援コースは3,000円から色々なリターンを受けれるものまである様なので、
是非一度見てみてください!これ、かなり流行る気がします。
あと、誰か自分をゴルフに誘ってください。(結局誘われるのを待ってる

クラウドファンディングの詳細はこちら