今年のテーマは「スピード」?


みなさん、3連休はいかがお過ごしだったでしょうか?
ゴル吉は色々出かけたりしていました。その話はもし機会があればどこかで…(ゴルフとは全く関係なしです笑)

あ、それと久々にショートコースに行きました。
1月の新ルールでゴルファーの皆さんが混乱しているとよく目にしますが、
旗竿を抜かないパッティングを初めて試してみたところ、個人的には好感触。
いつもよりストロークしやすい感覚を受けました。(たまたまかもしれないですが笑)
ただ、難点としてはカップインしたボールが取り出しにくい笑
手が大きめなのでスムーズに取り出せません。何か良い方法はないものか…

新ルールについては、本コースに行った際に試してみるつもりですので、
お楽しみに!

—————————————————————————————————————————————–
という文章からお分かりの通り、この投稿は先週から下書きに入ったまま放置されていました…笑
(風邪をひいてしまって仕上げる時間がなかた…)
1週遅れになりますが、みなさん気になっているあのクラブについてなので、あえてアップします!笑
それではどうぞ!
—————————————————————————————————————————————–

前回はキャロウェイさんの発表会について書きましたが、
今回はテーラーメイドさん!
そう、みなさんもうご存知かもしれないですが「M5/M6」シリーズが発表されました。
毎年モデルチェンジされているMシリーズですが、特に昨年の「M3/M4」はツイストフェースが話題になりました。
ゴル吉もM3を練習場で試打しましたが、かなり曲がりが軽減されている感じがして
ウエイトの調整次第ではかなり良くなりそうな感じも…

となると、その後継モデルに期待が高まらないわけがないですよね。
というわけで、「M5/M6」シリーズのテーマはスピード。ボール初速を限界まで高めるために、フェースの反発係数を高めているとのこと。
その高め方がちょっと斬新です。まずヘッドを製造する段階では全てのヘッドの反発係数をルール規制外にまでもっていく。
そして、そこに「スピードインジェクション」と呼ばれる赤いところにレジン素材を注入することで、ルール適合内にまで抑えるという製法をとっています。

こうすることで、市場に出回る全てのヘッドがルール適合内限界の部分に近づいたものになるということで、
これまではプロにしか提供できていなった最上級の出来のものがアマチュアゴルファーの手にもわたるということらしいです。

もちろんツイストフェースも搭載されているので、飛んで曲がらないとまさにゴルファーの理想を体現する性能を持つドライバーになっています。

既に店頭試打は開始されているで、my caddieにも続々とクチコミが集まっているところを見るとさすがの注目度という感じですね。
ゴル吉も近いうちに打ちに行きたいと思います。(M3がマークダウンしているから、そっちも気になってますが…笑)

今週も発表会は続きます!続々情報が出てくると思いますので、お楽しみに!