ドローを打つための脚の使い方


おはようございます!神谷です!

 

さて、今日はドローを打つための脚の使い方を考えてみましょう。という内容です。切り返し時にどの方向にプレッシャーをかけるか。どの部分で地面を踏むか??

 

まずはこの動画をどうぞ。おそらく今年のPGA SHOWだと思います。

GOLF WRX

https://m.youtube.com/watch?v=cnVlcoEepqo

 

動画を見てみると、切り返し時に左足つま先を踏むとクラブはインサイドアウトに振りやすくなると言っています。球を引っ叩くことを考えても極端に切り返し時に左足踵にプレッシャーがかかっていたら、、、、引っ叩きにくくなるのではないでしょうか。

 

“引っ叩く”

 

その行為に対しても適切なプレッシャー配分がわかればより効率的にボールを打っていけるわけです。「なんでうまくいかないのかなー」 って方は足のどの部分に力が加わっているか感じてみるといいかもしれません。これは実際にBodiTrakにのってバイオフィードバックする方が一発だとは思います。

 

“力を加える方向が大事じゃいかな” と

 

右足側でクラブを押し込むにもその時の押し込む方向が重要ですよね。どのポジションに自分がいてどの方向に力を出すのか。

 

良質なドローボールを打つためには、※右足踵から左足つま先方向にプレッシャー移動する必要があります。BodiTrakがなくとも自分の足裏を感じながら先ずは素振りからやってみてください。変わるきっかけになるかもしれませんよ。(※右打ちの場合)