株式会社スリリングのフィッティングへ行ってきました!


こんにちは!神谷です!!

あーーー、2018年ももうすぐ終わりますね!

今日は「ギャッピングテスト」した方がいいよって内容です。それでは、話を進めていきましょう!

 

さて、先日、株式会社スリリングのフィッティングへ行ってきました。皆様、「スリリング」はご存知でしょうか??スリリングでは、シャフトの展開をしています。皆さまもどこかで見かけたことがあるのではないでしょうか??

 

シャフトラインナップは以下の通りです ↓

HARUKANA

AOSAKI

KAZETOMO

 

圧倒的なデザイン!とても綺麗なシャフトです!

詳しくは公式HPへ → https://threering.jp

 

なぜ、ぼくがスリリングさんのフィッティングを受けに行ったのか。その答えはこちら!

 

見えづらくてすみません。

「ギャッピングテスト」です!

今回はアイアンのみ行いました。この内容としては、各番手で「何ヤード飛んでいるのか?」それをはっきりさせる為のテストになります。注目するデータとしては、「キャリーの距離」と、「ディセントアングル(落下角度)」になります。このようなデータは、できればドライバーからウェッジまでテストしたいものです。ちゃんと自分の距離が分からなかったらコースで思ったところに思った距離を打つ事は出来ませんからね。(*ディセントアングルに関しては、以前のブログにも書きましたのでこちらを→ こちらをクリック )

 

データの取得にはGCQuadを使用します。トラックマンやフライトスコープなど、弾道解析機はたくさんありますが、インドアでのデータに関しては、GCQuadがやはり一番かなと思っています。

 

 

さて、私の結果としては、

  • Pwと9Iの距離に差が大きい(Pwが飛んでいない)
  • 8番アイアンより上の番手から左右のばらつきがでる

 

Pwと9Iアイアンの距離の差がなんと平均して22ヤード もありました。以前からPwは飛ばないイメージがあったので、驚きはありませんでしたが、「クラブがゴルフを難しくしてるな。」と、感じました。あと今回、クラブの問題はもちろん。自分が上手くなるためにどの番手の練習をしないといけないのか。そして、現状だと9Iまでしかピンを狙えない。ということがよく分かりました。コースに行った時に、8番以上の番手であれば、ピンを狙わず、グリーンセンター狙いで攻めないといけないなと思いました。8番でもピンを狙いたいので、8番アイアンの練習を増やそうと思います。

 

皆様にもこのギャッピングテストはとてもおススメです!クラブの問題も気がつけるし、自分の精度についてもわかり、次の課題がちゃんと見つかります。ただ、漠然と練習する前に「どの番手の練習が必要か」課題がみつかれば、練習の質はぐっと上がります!

 

株式会社スリリング のフィッティングは下記からどうぞ ↓

https://airrsv.net/threering/calendar

 

 

今年、もう少しブログ書きます。

引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

[ BodiTrakの講習会受付中!!]

体重移動、プレッシャー移動の世界を知ってみませんか?

ボディトラックをお持ちでなくても開催可能です!

  • インパクトの時には、何%左に体重が掛かっているといいのか?
  • 飛ばし屋のプレーヤーの共通点
  • ツアープレーヤー達のアプローチの体重配分。左体重になっているプロは少ないという事実。
  • パター時の体重配分とストローク中の動き
  • バランスのいいスイングとは?
  • バランスを良くする練習方法  などなど。

 

 

お問い合わせ、講習会ご希望の方は→  misatodegolf@gmail.com まで

講習会希望とご連絡ください。