PING G400


色々なところで話題にあがっているG400シリーズですが、今回のモデルは今まで以上の大きな進化や革新性を感じさせてくれるクラブになっています。

PINGさんの社風というか追い求めているものは、大きな慣性モーメントと深低重心で世界的にツアーでも結果を出してきました。 ただ僕的(日本人的)な感覚で言うと、そのメリットが非力なゴルファーにとっては短所(スピードが出ない・振りにくい)になる場合もあるなぁっていうところでした。 以前アメリカ本社に行く機会をいただいた時にエンジニアの方とお話しした時に、そんな質問をすると「力があってもなくても、出るヘッドスピードに対する結果は変わらない」という答えでした。でもPINGさんの打出してきたものはSFテックと言う捕まりの良いモデルを登場させるという方向性で、非力なゴルファーでも恩恵を受けられるようになりました。

 

そしてここからが本題です。  今回のG400はヘッド体積が445ccとなり振りやすさと言う部分では歴代でNO-1のヘッドになっています。そのヘッドで今まで以上の慣性モーメントと深低重心を確保しているところは流石の一言だと思います。さらにフェースを鍛造にすることで打感・弾きも今までにないヘッドに仕上がっています。 まだありますよ(笑)空力の部分もさらに改良されて大きいヘッドをスムーズに動かすことが出来ます。この3つが相乗して飛んで曲がらないというPINGさんが追い求めているクラブが完成しているんです。 この他にも僕的に好感触だったのは「音」の部分でヘッド内にサウンドリブを搭載させて今までよりも低く響く音に変化しています!!  このように今まで追い求めていた部分は更に追求しながら今までにないアプローチをミックスさせてくれたんです。この新しくミックスされた部分(鍛造フェースやサウンドリブ)はどちらかと言うと日本メーカーさんの得意とする部分だったんですが、見事に取り入れてくれました! これは勝手な解釈ですが良い物を追及して造り続けるという姿勢をとても感じさせてくれます(拍手)

 

実際に打ってみても、明らかに振りやすく打出し方向も平均的になり自分の感覚とズレがなくなっています。 フェースの弾き感も心地よくて是非打ってみて欲しいクラブの1つに挙げさせてもらいます!!

 

褒め過ぎたかな(笑)  でもドライバーは本当にいいですよ! 僕は迷わずSFテックがお気に入りです。