| TOP |

チタンFWのメリット 〜「MYSTERY C-HT511 FW」〜

巷で話題のFW

2014101601.jpg

前回の記事でも書いたように、初代「RBZ」FWが登場してから、かれこれ3年近くになるんですけど、FWへの認識が変わったというか、飛距離はもちろんですが、性能にこだわるものが増えてきましたね。

多くのメーカーもFWの設計に力を入れるので、結果的に良いモデルが増えてきました。
その中でも、巷で非常に良い評判を聞くのが、このミステリー。フルチタン製で、178ccと気もち大きめな感じです。

高価すぎてなかなか購入するのがためらわれているんですけど、最近では文句なく抜群にいいFWだと思います。

ミステリーの知名度はこのところ高くなっているかもしれませんが、まだまだあまり知られてないかもしれません。せっかく良いクラブが出来ても、ゴルフショップに無かったり、ゴルフ雑誌に取り上げられないのはちょっと残念ですね。

高初速と適正スピン!

2014101602.jpg

具体的に何がいいかというと、まず飛距離。
写真のモデルは、FDといってロフト角15度のモデルですが、初速も速い感じで、安定して飛ばせます。

フェースの厚みは、写真を撮るとちょっと厚く見えますが、結構シャローで、地面から打つのに安心感のある程よい厚みです。実際に打ってみると、15度でもボールが上がりやすく、気持よく打てます。

スプーンを地面から打つのは、やはり力んだりしてそれなりにプレッシャーもかかりますが、ボールが上がって飛んでくれる安心感があるので、あまり無理せず、気分よく打てるわけです。

その意味では、流行の低スピン系ではなく、程よくスピンが入ってくれますが、それでも棒球っぽく距離が稼げるんですよね。スピン量が安定していて、現場に強いFWだと思います。

雑誌でもネットでも、どうしても広告の多いメーカーが目立ってしまいますが、こういうクラブが、正当に評価されないとダメだと感じますね。

チタンFWのメリットとは?

2014101603.jpg

FWはドライバーと違って、ヘッド体積が小さいのでステンレスで十分、チタンにするメリットはないというのがこれまでの定説でした。しかし、現代はチタン製でステンレス製のFWを凌駕する良いクラブが出始めています。

空洞の金属の塊を作るのであれば、ステンレスの方がむしろメリットがあるかもしれませんが、現代のクラブつくりから言えば、大きめに作ったヘッドで、余剰重量を有効に使うことが出来るチタンヘッドのメリットは小さくないでしょう。

以前の記事、「話題のミニドライバー! 〜 テーラーメイド「SLDR S mini driver」 〜」では、ステンレス製の260ccのミニドライバーを紹介しましたが、結果は良かったものの260ccのステンレス製ヘッドとなると、さすがに重量も重く、鈍重な感じになってしまいます。ステンレスでヘッドを大きくしようとすると、不可能ではないんでしょうけど、設計の自由度は低くなりますね。

この「MYSTERY C-HT511 FW」のつくりの良さの秘密は、そうした重量配分を上手く活用した、重心の配置の上手さだと思います。操作性もいいし、鈍感さも適度にあるし、ボールは上がりやすいけど、フケにくい。このへんのヘッド作りの妙味が感じられますね。ティーショットでも打ちやすいです。

もちろんソールの抜けとかも悪くない。
使う人が多ければ、もっと評価されそうなクラブです。

まあ、でも高いんですよね。
ヘッドと、アフターマーケットのシャフトを挿して、工賃もかかると、ドライバーがゆうに一本買えてしまう金額になります。その辺が、僕も購入を躊躇している理由。そんなに頻繁にラウンドでスプーンを使うわけではないですからね。

でも買うかなあ、やはり。
今年のFWでは、No.1のフェアウェイウッドだと思います。

カテゴリー:

| TOP |

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: チタンFWのメリット 〜「MYSTERY C-HT511 FW」〜

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mycaddie.jp/mt5/mt-tb.cgi/7269

コメント(6)

松浦清 :

今現在クランクゴルフ 1.3.5.7.の4本を仕様しています、昔ミズノから出たオールチタンドライバー、3.5.7番の四本を仕様していました、今まだ7番ウッドだけ持っていますが、オールゴールドなので使っていません、3.5.7.とドライバーのつながりを、詳しく説明頂ければと思います。松浦、

ドライバーから3.5.7番ウッド迄シャロウフェースのクラブを使いたい、今から15年位前にミスティドライバーにフジクラの軽量スピーダ長尺シャフト入れて飛ばした事があるので、今のチタンドライバー、ウッドに使用できるか、お聞きしたい、松浦

チタンドライバー、ウッドに、軽量シャフトフジクラスピーダ等を取り付けOKでしょうか、15.6年前に仕様していました。松浦、

チタンドライバー360に
長尺シャフト入れ仕様オーケーでしょうか、

マルコ :

率直に申し上げて、過去のシャフトやヘッドをお使いになるのがおすすめしません。詳細は省きますが、道具としてのバランスが悪くなります。取り付け自体は可能です。

松浦です、大変遅くなり申し訳ありません、良く考え最近のチタンドライバーから3.5.7.番ウッド、つながりとして同じメーカーのアイアンセットを使いたいと考えています、今仕様中アイアンは、ツアーステックCPウエッジからのセットです、有り難うございました、

コメントする

プロフィール

マルコ

ゴルフ大好き事情通が、国内外で見聞きしたゴルフ話をこっそり語るブログ。クラブは、自分にマッチしたものを選ぶのが大切だが、自分の好きなものを選ぶというのも大切というスタンス。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30