| TOP |

フォーティーン「UT716」

ティーショット用ユーティリティ

2016100901.jpg

山間に作られたコースだと、左右にOBがあったり、谷があったりして、トリッキーで狭いパー4が多くあったりします。短めのドッグレッグでドライバーだと突き抜けてしまいそうなホールもあります。
そうした狭いとき、プレッシャーのかかるときに、ラインを出したいティーショット用のクラブが欲しくなるときがあります。

これまでアイアン型ユーティリティを散々試してきたのですが、たしかにラインは出しやすく、アイアン感覚で打てるのですが、基本的にアイアン型は難しいです。ミスしたときのダメージが大きいですね。一方、スプーンやクリークではどっちかというとつかまりすぎるきらいがあります。ここというときに方向性をだすのにちょっと不安があるんですよね。

つかまりづらいFWもあるんですが、そういうFWは基本的に難しくなります。なかなか塩梅が難しいところです。

そこで、目をつけたのがフォーティーンの新しいUT「UT716」です。
これの「1i」が、ドライビングユーティリティというだけあって、16度ロフトで、ヘッドの大きさがFWと同じくらいあり、アイアン型っぽく打てそうな割に。許容性がありそうです。早速購入しました。

同じようなことを考えている人がいるみたいで、いまのところ欠品が多いみたいですね。

2016100903.jpg

アイアン型UTがにはないディープなフェース形状で安心感があります。

打つとなかなかの低スピン弾道で、曲がりが少なくなります。
ただ、もう少しつかまってほしいかな。重心角が小さめで、慣れないとヒールヒットが多くなりました。ヒールにあたると飛ばないですね。少し先よりのほうが、強いボールで飛んでます。

2016100902.jpg

構えると、大きなヘッドで安心感がありつつ、アイアンっぽく構えられて、ラインをイメージしやすいです。これなら、狭いホールでも活躍してくれそう。

なのですが、どうもシャフトがぴりっとしないです。
純正シャフトは悪くないですが、僕には軽すぎ。重めも入れてみましたが、思ったような感じになりません。振りやすいのですが、距離が出なかったり。基本つかまるヘッドではないので、ちょっとしっかり振らないとダメかなと。

現時点では実戦投入はまだ。
もう少しシャフトを研究して、気分良く振れる感じにしたいですね。

カテゴリー:

| TOP |

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: フォーティーン「UT716」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mycaddie.jp/mt5/mt-tb.cgi/9894

コメント(2)

宮田和幸 :

いつも楽しく拝見させていただいております。
ut716の打感はどうでしょうか?
また、リシャフトされた結果、いかがでしょうか。
絶対に曲げたくない、また狭いホールのティーショット用の武器を探しています。

マルコ :

感触はまあまあですかね。音も甲高い感じだし、あまり良いとは言えません。リシャフトして多少つかまるようになりましたが、基本的にかなりつかまらないクラブです。曲がりも少なく、飛びも期待できますが、いかんせん他のクラブと違いすぎるので、使いこなすのを断念しました。このクラブに合わせると他のクラブがひっかかり気味になります。近々売却予定ですw
狭いホール用のクラブは、私もいろいろ試しているので、ひきつづきブログに載せていきます。

コメントする

プロフィール

マルコ

ゴルフ大好き事情通が、国内外で見聞きしたゴルフ話をこっそり語るブログ。クラブは、自分にマッチしたものを選ぶのが大切だが、自分の好きなものを選ぶというのも大切というスタンス。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30