| TOP |

プロギア「RS-F」(2017)ドライバー

販売停止からの新モデル

201707301.jpg

何度か書いていますが、プロギアの「RS-F」ドライバーが、高反発すぎるということでR&Aから不適合との扱いを受け、製品を回収するという出来事がありました。一度、適合認定しておきながら、R&Aもろくでもないことをするものだと思いましたが、使ってみて僕の率直な印象としては、不適合になっても仕方ないかも...と思えるほど飛距離がでる(笑)

不適合になったモデルも、交換品のプロトタイプもさんざん打ち比べましたが、計測器で測ってもコースで打ってみても、やはり飛んでる気がします。計測値では初速が速いと感じます。

前作があれだけ飛ぶモデルだったということ、そしてR&Aの不当な裁定に日本のメーカーが負けてほしくないという思いから、新しい「RS-F」(2017)を購入しました。すでに何度かラウンドし、競技でも使ってみました。

競技で使ったのは、それまでのラウンドで結果が良かったからですが、その日はなぜかチーピンが止まらないという事件が起きてしまい(笑)
現在は、10.5度ヘッドのロフトを減らして使ってます。強めのオープンフェースで左にいかないという触れ込みのクラブですが、重心が深めなので、タイミングによってはヘッドがまわって、つかまるおそれもないわけではないかなと。フックに悩む人には、果たしてどうなのかなという気もします。カチャカチャでの弾道調整が色々出来るわけではないので、シャフト選びが大事になりそうです。
普通に打てば、方向性が良くて、曲がらないドライバーだと思います。

新モデルになっても相変わらず飛んでる感じがします。
今のスペックで、スピン量もほどよく、このモデルのウリであるボール初速の性能が高い。不適合モデルと遜色ないんじゃないかと。海外ブランドのクラブに比べると、打感もいい感じもあって、完成度が高いドライバーだと思いますね。

使い勝手なら「917D3」、曲がらなさでは「M2」(2017)かなと思っているのですが、この飛距離性能はかなり魅力。少しなれてみようかなと思ってます。

カテゴリー:

| TOP |

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: プロギア「RS-F」(2017)ドライバー

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mycaddie.jp/mt5/mt-tb.cgi/10032

コメントする

プロフィール

マルコ

ゴルフ大好き事情通が、国内外で見聞きしたゴルフ話をこっそり語るブログ。クラブは、自分にマッチしたものを選ぶのが大切だが、自分の好きなものを選ぶというのも大切というスタンス。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント