アクセサリー類の最近のブログ記事

傾斜計購入

2016072101.jpg

今年の頭にグリーンの傾斜計を買いました。
傾斜の方向と傾度を0.1度単位で表示してくれるアイテムです。

写真は「0.1度」ほど、真上か少し左に傾斜しています。つまりこのテーブルはほんの少し傾いているということです(笑)

ツアープロが試合で使う『ゴルフメモ』には、グリーンの傾度がかなり細かく記載されています。松山選手をはじめ、PGAツアーの選手の多くが、練習ラウンドで傾斜計を使って、グリーンの傾斜を調べているともいいます。これは、買ってみるしかないなと。

この半年でプライベートのラウンドでは、傾斜を測りながらラウンドしてみたので、使用感を紹介したいと思います。ちなみにラウンド中の使用はもちろんルール違反です。


よく知られているように、グリーンは水はけを考えて、少し傾斜がついています。比較的平らに見えるところでも、1度以内の傾斜があります。

ちなみに、1度とは、10mの距離で10cmほど高さが違う状態のことです。1度の下り傾斜なら、10m先は10cm下がっているというわけです。

明らかに上りや下りの傾斜を感じるほどの傾きがあれば、2度前後の傾斜があります。グリーンが速いと、2度の傾斜ではなかなかボールは止まらず、横からだと曲がりもかなり大きくなります。

3度の傾斜を超えると、そのゴルフ場で名物になるくらいの強い傾斜です。強い上り傾斜では、ボールがカップを通過してから、また下って来るような珍事が起こりますが、それは3度以上の傾斜です。

4度を超える傾斜は、2段グリーンの段の境目など、かなり強い傾斜の場合です。グリーンが難しいと言われるゴルフ場では、6度から9度くらいの強烈な傾斜があるところもあります。

こうしてみると、グリーンの傾斜の度合いは、だいたい4段階くらいで考えると良さそうです。傾斜を見てタッチを合わせるときに、傾斜の度合いを加味して、上りなら強く、下りなら弱く打ちますが、その加減を傾度の段階で打ち分けるわけです。

2016072102.jpg

色々と役立つ傾斜計ですが、まず練習グリーンで活躍してくれます。

僕は、スタート前に10mの距離をたくさん練習して、その日のグリーンの速さをつかみます。その際に傾斜計で練習グリーンの傾斜を測るわけです。出来れば平らか、1度以内の弱い上り傾斜で練習したいですが、ゴルフ場によっては練習グリーンに強い傾斜がついていることがあります。その場合、傾斜を測って把握しておくと、距離感のアジャストをしやすくなります。例えば、2度上り傾斜だったとすると、ちょっと届かないくらいのタッチでも、平らなところでは届くだろうと見込みがつくわけです。

何度もグリーンの傾斜を測っているうちに、この傾斜は何度くらいの傾度かというのが、少しずつわかってきます。見た目で感じる傾斜と、実際の傾度があってくるわけです。そうなると、距離感も合いやすくなります。

写真は、上やや右に向かって1.4度の傾斜です。
ほんの少しスライスラインですが、下りでスピードがつくとそのまま真っ直ぐ下ってしまうかもしれません。

と言った具合に、自分の感じる傾斜とアバウトではない実際の傾度をすりあわせ出来るのが傾斜計の面白いところです。ゴルフ場によって違うグリーンのスピードを当てずっぽうではなく、タッチを出すのにそれなりの目安が出来ます。

実際のグリーンはより複雑で、芝目の影響もありますが、一番影響があるのがやはり傾斜の度合いです。切れるように見えて切れないラインや、思ったよりも大きく曲がるラインなどは、見た目と傾斜のギャップがあるということです。そういう経験を積んで、より傾斜が読めるようになるといいなと思ってます。

 

 

カテゴリー:

| TOP |

スカイツリー型ティー

2016030401.jpg

クラブと関係ない小ネタですが。
先日、おふざけで購入した東京スカイツリー型のティー。
ブリヂストンから出てたみたいなんですが、これが僕のティーアップの高さにすごくちょうどいいんです。

末広がりになっているので、ボールも起きやすく、どっかに行っても探しやすいのですごく気に入っています。ちょっと硬いのでドライバーに傷がつきそうでちょっと怖いのですが、今のところ傷もなく使っています。

見つけやすいのでなかなかなくならないのですが、さすがに残りあと一本に。
補充しようかと思ったら、探してもどこにも売ってないのです、残念。

こういう色物は楽しいですね。
これにかわるいいティーはないか物色中です。

カテゴリー:

| TOP |

15年続くロングセラー

2015082001.jpg

また練習器具を買ってしまいました。
リョーマゴルフの「スウィングプロ」です。初代は2001年に発売され、これまでなんと17万本も売れているそうです。ゴルフの練習器具は1万売れれば大ヒットらしいので、かなりのものですね。室内用の短いタイプを買いました。

この練習器具は、シャフト部分が特殊な軟質樹脂でできているらしく、非常に軟らかくなっています。ふにゃふにゃのシャフトを振っていると、ボディターンが身につき、ダウンスイングにタメが生まれる効果があるといいます。

当初は、それ逆なんじゃないかと思っていました。
シャフトが軟らかすぎると、ひょいっと手であげてしまい手打ちになりやすいんじゃないかと。手で上げてしまうと当然タメもできにくくなります。今回購入して、取扱説明書を読んでみると、意外とこまかな使用方法が書いてありました。使い方を間違えるとダメみたいですね。

僕が購入したのは、バックスイングの時に左手が突っ張るのを矯正したいため。左手は伸びていたほうが良いと思われがちですが、僕の場合で言うと、左腕がつっぱりすぎることで、トップでスウェーが起こりやすくなっている気がしてます。伸びるのはOKですが突っ張るのはダメということですね。

こういう軟らかいものを振ると、腕はつっぱりにくくなります。ひじにゆとりをもちつつバックスイングするので、たしかにボディターンになりやすい効果があるようです。

室内で振れるので、こまめに練習できます。
どんな人にも合うかどうかはわかりませんが、見た目以上にいい練習器具だと思います。

練習器具はいいですよね。
意識してもなかなかできない動きを体感できるので。課題に応じて、色んな練習器具やドリルを使うことで、意外と矯正できるものです。

ただ、すぐブームが去ることも少なくありません。
飛距離アップ養成ギブスとかありましたが、大ヒットしたらすぐ消えてしまいました。効果を検証してみたかったですけど。

この「スウィングプロ」は15年売れ続けているということで、それだけ売れているということは、信頼感が増しますね。効果がなければなかなか使用する人は増えないでしょうから。

 

 

カテゴリー:

| TOP |

練習器具購入!

2015071101.jpg

パッティングの練習といえば、パターマットが定番ですが、写真のような鏡つきの練習器具を買いました。ツアープロでも使っている人がいるみたいです。

最近は、レールのようなものをなぞるようにして練習する練習器具も多く、ストローク改善には役立ちそうです。ただ、パッティングの方向性はストロークよりもフェース面の向きに寄るところが大きいらしいので、フェースを打ち出し方向に真っ直ぐ向けることも重要です。

この練習器具はボールを置くと打ち出し方向の延長にラインが入っていて、そのラインに直角になるようにパターを構えられるようになっています。これで打ち出し方向に対して、フェース面がスクエアになっている感覚を養えるというものです。

また、パッティングのセオリーとして、ボールは目の真下の置くというものがあります。この器具は鏡が付いているので、両目のラインとボールが転がるラインが一致しているかどうかをチェックすることが出来ます。

目の下にボールを置くという基本は、意識していなくても大体の人ができているものだと思っていましたが、実際にはこれがなかなか出来てないようです。僕の場合は、どうしても目線がボールの打ち出しラインよりも内側に入ってしまうクセがあります。
プロゴルファーで目線の外側にしている選手はいますが、内側にボールを置くのはあまりよくないらしいです。ちょっと練習して、矯正しようと思います。

当たり前ですが、練習器具で正しくセットアップしてパッティングすると、目標方向にいい転がりで打てます。この漢字をしっかり体感して、コースでもものにしたいと思います。

ゴルフの難しいところのひとつが、自分がやろうとしていることと実際にやっていることが一致しないことです。スイング動画を見ると、自分の頭のなかのスイングとかけ離れていることに驚きます。
パッティングでさえ、自分では思ってもみないような、ダメな動きをしているようです。この練習器具は、ラインと鏡ではっきりとアドレスやストロークのダメさがわかるので、上手く活用したいなと思ってます。

 

カテゴリー:

| TOP |

ゴルファー用日焼け止め

2015061301.jpg

5月、6月といい天気が続き、僕も何日かは最高のゴルフ日和でプレーしました。
この時期のゴルフは心地よくて最高ですね。
最近は、梅雨入りということで、雨も多くなってきましたが、それが終わると暑い夏がやって来ます。

日差しが強くなった時の必需品が日焼け止めです。僕はゴルフ用の「ゴルファーズプロテックUV」を使ってます。周囲でも日焼けなんて気にしないというゴルファーが多いのですが、日焼けするとヒリヒリするし、皮も剥けるしでいい事ないですね(笑)

パフォーマンス向上に

日焼け止めを使い始めてわかったのですが、強い日差しを受けると、自覚症状はなくても結構疲労しているものです。ラウンドが終わって、お風呂に入ったあとなどは、ヒリヒリするだけでなく、げっそり疲れて頭も痛くなります。

ラウンド中でも疲れてくると、集中力とか判断力も落ちてきます。
日焼け止めを塗って、頭に氷のうを乗せて、なるべくプレー中、フレッシュな状態を保ちたいですね。

「ゴルファーズプロテックUV」は、日焼け止め特有のゴワゴワっとした感じがなく、突っ張る感じもないので動きやすいのと、ネチョネチョする感じがないのが気に入っています。ハーフターン終わって重ね塗りする時もスムーズなのもいいですね。

ネックは価格が少し高めなこと。一本3500円なので、ドラッグストアなどで1000円しない日焼け止めを買って、併用するのもありかなと思います。顔の周辺は高い日焼け止めで(笑) 

あとは勝負ラウンドで使う感じです。

同伴プレーヤーで、日焼けで顔が真っ赤になっている人をみると、日焼け止めを薦めたくなります。疲れるし、紫外線は体にも良くなさそうなので、面倒くさがらずに使うことをおすすめしますね。

カテゴリー:

| TOP |

石川遼プロも使用!

FullSizeRender.jpg

石川遼プロが使ったという「DSTコンプレッサー」という練習器具を打つ機会がありました。

写真でもわかるように、スチールのシャフトが大きく後方に反っています。
これで実際にボールを打って練習します。

あとで気づいたのですが、フェースとネックの間にあるラインが垂直になるようにアドレスするのが正解らしいです(汗)

これを使うと、ハンドファーストのインパクトが体感できるというもの。使ってみると、確かにハンドファーストにしか打てません(笑)

面白いのは、石川遼プロをはじめツアープロが使っているという点。ヘンリク・ステンソンなんかも使っているらしいですが、ハンドファーストに打てるプロも使用しているのは興味深いです。

この器具を使うと、インパクトゾーンを長くする感覚とか、インパクト以降で上体が起き上がらず、フォローを長くできる感じがつかめます。どちらかというとスイングができている人が、ディティールを修正するのに効果がありそうです。

手を先行させようとすると、シャフトが寝たり、フェースが開いてシャンク気味に当たったりする人が多いですが、そういう症状の改善につながれば面白いですね。

ヘッドはソール幅が広く、打ってみてなんとなく感触も良いです。
値段は高めなので躊躇しますが、ちょっと継続して使ってみたい感じがしました。

カテゴリー:

| TOP |

2013122102.jpg

このところ僕の周りでは、天然皮革製のゴルフグリップ「Grip Master (グリップマスター」の話題を耳にします。

もともと以前から日本に入ってきていたグリップですが、取扱店も増えてきたのと、スーパーストロークグリップの大ヒットで、パターグリップに注目が集まっていることもあり、「あの革のグリップ知ってる?」みたいに聞かれたりしています。


2013122103.jpg

僕自身は、2年くらい前に塚田好宣プロがショット用を使用されていたのを見たことがありました。塚田プロは本革のしっとりした質感となんといってもクラシカルなフォルムを気に入られていた様です。

昔ながらの革巻きグリップを彷彿させるこの感じ。懐かしいですね。
しっとりと手に馴染む感じがあって、ショットでも変に力まずに打てるらしいです。
装着はかつての革巻きグリップよりは簡単になっているようですが、ショット用はちょっとコツが必要とのこと。ラバー製グリップに比べると難しいようです。

現在は、日本では田島創志プロが愛用されています。海外では、レティーフ・グーセンやジョン・デイリーなどメジャーチャンプたちも愛用しているということでなかなか知名度も高いようです。

2013122101.jpg

グリップマスター」のウリは、本革による質感や密着感。
それに加え、なんとも言えない雰囲気というか、高級感も魅力です。

僕がいいなと思ったのはこのステッチ。
やや太目の糸でしっかりと縫い付けられている様が、手作り感というかクラフトマンシップを感じます。この辺はラバーグリップにはなかなかないところです。

僕のパターにも羊革のグリップを装着したのですが、うっかり写真を撮り忘れ(汗)
改めてアップしたいと思います。


グリップマスター」は、スコッティー・キャメロンの中でもキャメロンのスタジオで少数だけ制作され、一部でしか市販されていないツアーパターに採用されたグリップでもあります。キャメロンの眼鏡にかなったパターグリップといえそうです。

ツアーパターで採用されている「CAMERON」ロゴ入りの「グリップマスター」製のレザーグリップは、安くても一万円以上で取引されています。

2013122104.jpg

先日、某所で「グリップマスター」の中でも供給が非常に少ないカンガルー革グリップを見せてもらいました。グリップエンドにカンガルーの型押しがあります。

このカンガルー革が薄めの革ながら、しっとりと軟らかな質感で最高でした。「グリップマスター」には、他にも羊革、牛革、ウミヘビ、ワニとあるようですが、日本では当面、供給が安定し、質感と密着感に優れたエチオピアシープ製の羊革をメインで展開するようです。
スーパーストロークっぽいノンテーパーの太めグリップのラインナップもあります。

価格は工賃込みで5000円をちょっと超える程度と高めです。まさに高級グリップですね。天然素材でもあり仕方ないかなと。革をなめすところから始めるわけで、製造にはずいぶんと手間がかかっています。

こうなると装着するパターにもこだわりたいですね。
キャメロンじゃなくても良いですが、削り出しのシャープなパターでL字とかだと、すごく雰囲気にはまりそうです。

なんだか流行るような気がして仕方がない、このグリップ。
ブームになる前に紹介してしまおうと思いました(笑)

 

↓下記のサイトで、詳細が確認できます。

2013121803.jpg

カテゴリー:

| TOP |

2013081601.jpg

僕の周りでは、サプリメントや機能下着など、ラウンドを快適にするための努力を惜しまないゴルファーが多いのですが、そんな彼らが意外にも日焼け止めを使わない事が多くて、いつも驚くのです。ラウンド後に腕や顔が真っ赤になっているのを見ると、痛くないのかなと思います。サングラスの跡がくっきりと残る人も多いですね(笑)

僕は、昔から日焼け止めは欠かしません。世間では紫外線の害が喧しく言われていますが、それより何より日焼けするとヒリヒリと痛いのが嫌なのです。あのヒリヒリ感は絶対プレーに影響すると思うのですが、どうでしょう。

ここ2,3年は、この「アフェクタス ゴルファーズプロテックUV」を使用しています。ゴルファーズというだけあって、ゴルフのために開発された日焼け止めです。2004年「日本シリーズ」、2006年「日本オープン」とメジャー2勝のポール・シーハンが共同開発者になっています。

メーカーのホームページをみると、P・シーハンをはじめ、所属プロの田島創志選手らが登場していますが、契約外で使用してるプロが非常に多い日焼け止めなんです。特に、海外で活躍する大物女子選手の多くが使用し、グランドスラマーの超有名プロも使用しているようです。有名選手は契約関係が厳しいので、なかなか名前が出てこないようですが、彼女たちのTwitterやブログなどでこっそり登場しているようです(笑)

この「アフェクタス」のいいところは、ドラッグストアで買う安価な日焼け止めと違って、ゴワゴワ感が無いこと。クリームもなめらかですっと伸びます。突っ張る感じもなく、プレー中に気になることがないんです。
重ね塗りもしやすいので、汗で落ちてきたら、また塗ります。

難点は、一本3,500円と高価なところですね。
僕は、あまり気にならない足などには安物の日焼け止めを塗り、顔や首筋、上腕部には「アフェクタス」を使用して、なんとか長持ちさせようとしています(笑)
プレー中はとても快適ですよ。夏場でのプレーのパフォーマンスが向上するアイテムだと思います。


お友達の女性ゴルファーも気に入って、夏場はもちろん冬でもかかさず使用している人もいます。女性物としてはそれほど高額ではないのだとか。当たり前のことながら、肌につけるものは女性の方が詳しいですね。

ちょっと宣伝っぽくなってしまいましたが、なによりも日焼け止めをつける習慣のない男性ゴルファーに試していただきたいのです。顔を真っ赤に日焼けされているゴルファーを見ると、なんだか痛そうで、いたたまれなくなります(笑)
騙されたと思って、最初は安価なタイプでもいいので、日焼け止めを使っていただきたいですね。日焼け止めには疲労を軽減する効果もあるようです。

カテゴリー:

| TOP |

2013071101.jpg
今月のベストバイのコーナーです。6
月、買ったクラブの中で良かったものを紹介します。

今月はこれです!
ピンの軽量スタンドバッグ「4 SERIES(シリーズ)」。

ピンのスタンドバッグといえば、なんといっても「HOOFER(フーファー)」が有名。学生ゴルファーが担いで使用する定番バッグです。
この「4 シリーズ」は、「フーファー」(2.3kg)よりもさらに軽い1.8kgという超軽量のキャディバッグです。一般的なキャディバッグの重さは、3.5〜4kgくらい。重いものだと、5kgを超えるものもありますから、かなり軽いです。


2013071102.jpg

「フーファー」と「4 シリーズ」の違いは、ゴルフショップオカムラさんのサイトに行き届いた説明があります。
ナイロン地が「フィーファー」よりも薄めで、さらに軽量化してるみたいですね。

【フーファーと4シリーズの違いについて】
http://blog.golf-okamura.com/?eid=1104656

購入した理由は、使い勝手の良い軽量のスタンドバッグが欲しかったから。カートに積んでラウンドするときは、プロが使うような大きめのスタッフバッグでいいのですが、練習場に行ったり、バッグを担いでラウンドする時のために、とにかく軽いのが欲しかったのです。以前使っていたスタンドバッグは3kgくらいあったので(汗)

ちなみに価格は1万5000円程度。
僕が購入したのは、ブラック/チャコールです。

2013071103.jpg

というわけで、「4 シリーズ」の良さはなんといっても軽い!
14本しっかり収納可能ですが、練習や担いでのラウンドの時は8本くらいしか入れません。
楽なので、持ち運びが楽しくなる快適さです。

担いでプレーすることを想定して作られているので、機能面も優れてるんですよね。
ポケットは多く、ここにはボール、ここにはティー、といった感じに大きさが変えてあるのもきっと意図的なものでしょう。ドリンクホルダーも使いやすくて気に入っています。

ちょっと気になったのは、スタンドが案外立ちにくい点。
僕のやり方が下手クソなせいかもしれませんが、ちょっと力が要るんですよね。ピンマニアの方にうまい使い方をレクチャーしていただきたいです(笑)。

2013071105.jpg
「フーファー」に代表されるピンのスタンドバッグは自立しないんですよね。つまり、スタンドを立てて使わないと立たないんです。ピンの愛好家の間ではそれがいいという人もいます。立ててよし、地面においてよしと、なにかと様になるピンのバッグならではですね。

カジュアルで楽しくゴルフが出来るアイテムだと思います。
セカンドキャディバッグとして、オススメです。

カテゴリー:

| TOP |

2013062405.jpg

連日の投稿です。
前回の記事では、愛用のレーザー式距離計「ピンシーカースロープV2」について書きました。

でも、どちらかというとゴルファーの間ではGPS式の距離計の方がポピュラーなのかなという気がします。最近ではスマホのGPS機能を利用した距離計測アプリも多いですしね。ゴルフ場のカートにGPSナビが搭載されるケースもこのところ増えてきて、以前よりも身近になったのではないかと思います。

写真は、「ショットナビポケットNEO」という距離が数字でのみ表示されるモデル。シンプルで使いやすく、愛用している人も多いようですね。僕もなぜか2台持っているのですが、前回の記事でも書いたように距離の精度がちょっと物足りないです。

2013062403.jpg

僕はデジタル物が大好きなので、この手のものを色々購入しました。
写真は、ユピテルの「AGN3100」というモデル。スマホよりも小さいくらいのコンパクトながら、コースレイアウトを見ることが出来る先駆けになったモデルです。有機ELが採用され、画面が綺麗で操作性も高いのがポイント。ハザードまでの距離が出ないのが不満なので、いつのまにか使わなくなりました。同心円での表示はあります。

買ったときは、たしか32800円くらいしたはずです。高いですねえ。。(汗)
逆にこの手のものは高機能のモデルがすぐ安くなるのでメーカーさんは大変だなと感じます。

2013062404.jpg

最近買ったのが、このユピテルの「AGN4200」。
芹澤信雄プロがキャラクターになっていて「NobNavi」と呼ばれているようです。ちょっと微妙なセンス。。

タッチパネル式で、操作しやすいのが特徴。パネルの反応もストレスなく、いい感じです。
しかもショップによっては15000円前後で購入可能のようです。

僕としては、「これが決定版!」と思い、一念発起して買ったGPSナビなのですが、期待感が高かったせいか不満に感じるところも多々ありました。
一番大きな不満は、ハザードまでの距離を確認するのに、何度もパネルを押す必要があること。例えば、正面のバンカーまでの距離を知りたいときも、そのバンカーまで矢印を合わせないといけないのです。これはちょっと面倒。

ボタンが電源ボタンしか無く、電源も地点登録も一個のボタンで操作するのもあんまり使い勝手がよくありません。うっかり連打してしまうと、地点登録して、地点間の距離(例えばティーショットがどのくらい飛んだかを計測)を上手く測れなかったりします。

画面は綺麗で、レイアウトも正確。
距離もグリーンエッジ、グリーンセンター、グリーン奥と表示され非常に便利。いいところが多いだけに残念に思っています。たぶんこれは手放すかも...。

2013062406.jpg

もう販売されていないのですが、意外と僕が長く使ったのが「ショットナビアドバンス」。

これは「AGN4200」と異なり、ハザードまでの距離とコースのレイアウトがひと目で把握できるようになっています。僕が必要としてるのはまさにこの点で、「あの池に届かないように打とう」とか「バンカー超えで200ヤードならドライバーで超えるかな?」といった、コース攻略に必要な情報がわかるメリットが大きいですね。他の機種でもわかるのですが、このように1画面で見えるのがいいところです。

ただこの機種は、厚みが大きかったり、タッチパネルの感度が良くなかったり、コースが自動で変わりづらかったりと、基本的な性能が劣っているところがかなりあります(汗) 初期不良もあったらしく、販売終了の遠因になったようですね。

結局、多くのゴルファーにはそれほど詳細な情報はいらないのかもしれません。
GPSゴルフナビも、最近は腕時計化したり、声で距離を知らせたりと、機能がシンプルな方向に傾いています。そちらの方のニーズが強いようですね。

僕が理想としてるのは、一部のゴルフ場でレンタルしている「ウォーカロング」。
コースレイアウトが正確なのと、OBがどこにあるかの表示も正確なことがいいですね。端末が大きすぎるのは難点ですが、あれがコンパクトになって、各ゴルフコースで使えるといいなと思います。

ゴルフが上手いプレーヤーは、ゴルフナビを使っている印象があまりありませんが、距離をしっかり把握したり、レイアウトを意識すると、より戦略的なコースマネージメントができるので、スコアメイクに貢献してくれるんじゃないかなと僕は思っています。

使用感が納得できるGPSナビが現れたら、また個別でレビューしたいですね。
使い勝手のいいGPSナビ、僕は切実に欲しいと思っています。
機能性や操作性が高ければ、きっともっと普及すると思うんですよね。


カテゴリー:

| TOP |

2013062401.jpg

セルフプレーが多い僕は、距離計が欠かせません。今はブッシュネルの「ピンシーカースロープV2」を使っています。

ご存知のように距離測定器にはレーザー式とGPS式の2種類があって、ブッシュネルはレーザー式です。この「ピンシーカースロープV2」は傾斜の度合いを測れるのが特徴で、傾斜を加味して、どのくらい打てばいいのかの推奨距離を教えてくれます。
例えば、実測138ヤードの打上げだと、145ヤードと言った具合に、傾斜を加味した推奨飛距離、つまりその分をプラスした飛距離が同時に表示されます。

距離計測は、ローカルルールで認められていると使用可能ということになっていますが、傾斜計測はルールに抵触するようです。プロなどは、練習日は距離計測器を使ってコースの下調べを入念に行い、試合ではメモを使うようですね。

2013062402.jpg

ピンシーカースロープV2」の良いところはレーザー距離計の中では比較的小さめなこと。
専用のケースもついていて、持ち運びしやすいのが特徴です。衝撃にわりと強いのも特徴で、カートからアスファルトに落としたりしても、助かる可能性は高いです。もちろんあんまり無茶するのは禁物です(笑) 精密機器ですからね。

レーザー距離計はニコンのものも含めて、色々出ていて何が違うのかよくわからないゴルファーも多いのではないかと思います。基本的にはあまり違いがないんですよね。注目するのは、この傾斜計測の表示があるかどうかと、もう一点重要なのは、最大測定可能距離です。

これは文字通り、どれだけ計測できるかを示したものですが、ピンフラッグのような小さな標的をストレス無く計測するにはなるべくこの数値が大きいほうが性能が良くなります。目安としては3?4倍は欲しいところです。
ピンシーカースロープV2」の最大計測距離は1000ヤードなので、250ヤード~330ヤードくらい先のピンはストレス無く計測できるはずです。

僕は、GPS式の計測器も利用していますが、距離の精度はやはりレーザー式の方が圧倒的に高いと思います。
GPS式はグリーンの決められたポイントまでの距離を計測している場合がほとんどなので、特にピンまでの実測で、大きな誤差が出てしまいます。1グリーンなどの大きなグリーンだとその傾向が顕著ですね。そんな理由もあって、ツアープロも大半がレーザー式を利用しているはずです。

ちなみに、日本の代理店は阪神交易という所で、正規品の保証書を付けてもらえます。たまにピントがずれたりする不良があるのですが、そうした場合も調整してもらえます。
並行輸入品のほうが価格は安価のようですが、保証を優先すると正規代理店経由のものがオススメですね。購入前に保証書がつくかチェックすると良いと思います。

今年の秋に発売される「ピンシーカーツアーZ6」というモデルは、なんと0.1ヤードの単位まで表示されるらしいです。すごいけど、そこまでの打ち分けは出来そうもないので、僕には必要ないかなと思ってます(笑)

次回は、GPS式の距離計についても紹介します。

カテゴリー:

| TOP |

プロフィール

マルコ

ゴルフ大好き事情通が、国内外で見聞きしたゴルフ話をこっそり語るブログ。クラブは、自分にマッチしたものを選ぶのが大切だが、自分の好きなものを選ぶというのも大切というスタンス。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30