機器類の最近のブログ記事

紛失を機に新型機種へ

2016010701.jpg

昨年の秋くらいに、長年愛用していたレーザー距離計を落としたようで、そのまま出てきませんでした。

高価なものでもあり、すぐには買い直さず、その後は距離計なしでプレーしていました。ゴルフ場の杭を見て、必要あれば歩測して距離を打っていきます。スコアも別に変わるわけではなく、そんなに不自由はありません。競技では距離計使わないですしね。

しかし、キャディさんがいればともかく、ちんたら歩測するよりも距離計を使ったほうがプレーは早いです。もともと、全て残り距離を測るわけではなく、要所要所で使っていたので、レーザー距離計があったほうがスムーズなのです。

あとは、ティーグラウンドの位置が変わるパー3や、パー5で2打目をレイアップしたい時など、残り距離が欲しい時もあります。結局、新しい物を買い直すことにしました。

僕は以前からブッシュネル党で、前に使っていたのもブッシュネルです。
そこで今回もブッシュネルを購入しようかと思ったのですが、これがなかなかの高額品でした。以前も4〜5万くらいしたはずですが、あんまり値段が下がっていないんですね。欲しい機能のものは、5〜6万円しているようで、ちょっと躊躇しました。

そこで、ニコンの距離計を見てみると、意外に安価なのに驚きました。前は逆だったような気もしましたが。一番リーズナブルなもので2万円弱、高機能なものでも3万5000円くらいでした。ここまで価格差があると、結構悩みますね。


結局、「ピンシーカースロープV3ジョルト」というモデルを買いました。
価格は4万円半ばくらい。手痛い出費です。

早速、1ラウンド試してきましたが、計測時間も短くなったようで、いい感じです。
ピンフラッグを補足するとバイブする機能(ジョルト機能)もあって、これもなかなか便利です。ピンにレーザーが当たらずに、奥の木や土手までの距離を測ってしまうことがありますからね。
今度は失くさないように、大事に使いたいと思います(笑)

なぜニコンにしなかったかというと、ブッシュネルがなんとなく好きだったということに尽きるのですが、最大計測距離の問題もあります。

最大計測距離と言うのは、文字通りどれだけの距離を測れるのか、ということなのですが、この距離が長いほうが優秀というか、短い距離でも安定して計測ができます。同じ200ヤード測るのでも、最大計測距離が500ヤードの機種よりも、1000ヤードの機種のほうがピンフラッグにも合いやすく、余裕を持って計測できます。

軽自動車で100km出すよりも、大型セダンで100km出すほうが楽に出せるのに似ています。
計測器のポテンシャルが高いほうが、ピンを補足しやすいのです。だいたい、ピンフラッグくらい小さなものだと、計測する距離の3倍は最大計測距離が欲しいところです。
木とか家とか、目標が大きければ、それほど問題はありません。

前に使っていたモデルが、最大1000m計測可能だったので、スペック的にそれよりも劣るものはあんまり使いたくないなと。だから、高額なのも一応納得です。

もちろん、ゴルフ用計測器として売られているものは、大きな問題はありませんから、念のため。

レーザー距離計のレビューで、ピンフラッグに合わないと低評価つけてる人がいます。あれはご自身の手ブレが一番の原因ですが、長い距離のフラッグを測るには、ある程度、上位機種のほうが計測しやすいということも言えますね。

GPS式距離計の誤差についても書こうと思いましたが、長くなったのでまた今度。

 

 

カテゴリー:

| TOP |

詳細なスペック計測

2014022601.jpg

今回もジャパンゴルフフェア2014の話です。
ゴルフフェアの面白いところのひとつに、普段ゴルフショップなどではお目にかかれないものに出会えることがあります。

こうした計測器類もそんなもののひとつ。
こちらの機材は、ロフト角・ライ角・フェース角を計測し、デジタル表示できます。

これらの機器類は高価なものが大半です。
唯一、比較的安価なのが5万円くらいで購入できるスイングバランス計です。ゴルフショップや工房などでの普及率も高いので、バランスの数値はゴルファーに広く認知されていると思います。

ちなみにバランス計はバネ式のものを使われているところが多いようです。天秤はかり式のものを多いです。より高価な油圧式のバランス計もあって、それなどは20万円以上します。

結局、購入する人が少ないから余計に高価になるんですよね。


こうした計測器類は、例えばあまりカタログに掲載されたりしないシャフトの振動数であったり、センターフレックスであったり、トルクや慣性モーメントなど、さまざまな詳細数値を計測できるものがあります。

数値が大好きなゴルファーは多いので、こうした計測器を見てワクワクする人も意外と多いんじゃないかと思います。

基準がはっきりしないゴルフスペック

計測器の話をすると、ゴルフクラブのスペックの基準がまちまちなことに触れないわけにはいきません。例えば、フレックスSと書いてあっても、違うメーカーはもちろんのこと、同じメーカーであっても、クラブによって硬さがまちまちで、選択基準としていささか心もとない事になります。

僕自身は、洋服のサイズもMサイズとかLサイズとか言っても、大きさに違いがあるのと同じようにあまり意識しなくてもいいのでは? と思ってますが、硬さの基準を統一するべきだという意見は昔からありますね。

ヘッドのスペックもスコアライン基準とかソール基準とか、基準によって色々変わるわけです。その辺りの基準も統一されてないんですよね。

個人的には、長さだけは統一したほうがいいのではないかと思います。
同じ45.5インチでもメーカーによって長さが違うんですよね。

46インチと表示されているけど、R&Aルールで測ったら46.75インチとか。
45インチと書いてあるけど、60度法で測ったら45.75インチしかないとか。

多くのゴルファーがそんな経験をしているのではないかと思います。

スペックを計測するのは、自分に合うクラブ探しの基準つくりみたいなとこがあるので、誰が測っても同じ数値であるほうが便利というか、それがあるべき姿なんじゃないかと思います。


カテゴリー:

| TOP |

プロフィール

マルコ

ゴルフ大好き事情通が、国内外で見聞きしたゴルフ話をこっそり語るブログ。クラブは、自分にマッチしたものを選ぶのが大切だが、自分の好きなものを選ぶというのも大切というスタンス。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30