ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
頭文字   メーカー名   ブランド名 
ドライバー
FW・UT
アイアン
ウェッジ
パター
ボール
シャフト
グリップ
シューズ
距離計測器
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

シャフトのランキング ] 

トゥルーテンパー、ライフル プロジェクトXの評価

ライフル プロジェクトXについてクチコミするお気に入りリストに加える

メーカー トゥルーテンパー
ブランド RIFLE
商品名 ライフル プロジェクトX (33件)
価格 オープン
公式ページ http://www.truetemper.co.jp/index.html
累計の総合評価 累計の総合評価  5.8点
ランキング
最近180日間
7位/901商品中
スペック キックポイント:元
重量:100、110g
フレックス:5.0、5.5、6.0、6.5、7.0
商品登録日 2010年11月29日(月)

クチコミする!

ライフル プロジェクトX
カテゴリー別評価
飛距離4.4点
方向安定性4.7点
操作性4.6点
フィーリング4.7点
フォトギャラリー 地クラブメーカーマップ アバターSHOP ポイント獲得ゲーム

ライフル プロジェクトXのクチコミ一覧

1〜5件/33件

参考になったポイント:2

2019/2/11 (月) 19:08
point

5.5 6.0と試打しました。
色んな書き込みを読んでましたので身構えてましたが全くハードさはなかったです。5.5が良さそうと思ってましたが、かなり掴まり良いです。

確かに重さを感じにくいのですがやはり6.0になるとダイナミックゴールドより
少し軽い程度なのでそれなりにずっしりします。硬さとかより重さの違いは5.5と6.0で結構感じ方が変わりますので気をつけてください。

硬さはそれ程感じませんし、掴まりも悪くないです。見た目もカッコよく欲しくなりました。ダイナミックゴールドのS200が振れるなら6.0で問題ないと思います。当方ドラのHSは概ね46-7です。

まっちー(116)
年齢:42歳
性別:男性
ゴルフ歴:6年〜10年
平均ヘッドスピード:46m/s〜50m/s
平均スコア:80〜84
平均ラウンド数:月に2回は行きます

参考になったポイント:7

2019/1/28 (月) 19:41
point

シャフト硬度「6.5」

プレシジョン時代からのライフル使いで、10年ぶりの再開に伴いいつのまにかプレシジョン社が無くなっていたので、これを選びました。

色々な方が??と思う事を書いていますが、このシャフトはスインガータイプのゴルファーに対して最適です。

特性はズバリ言うとあったフレックスで有れば、スイングテンポに素直に着いてきてその分しなる(要するに挙動に対して素早く反応する)と言う感じです。従ってコックを使って粘るシャフトとの組み合わせでタメを作るようなヒッタータイプには全く合いません。

逆に言うと、ヘッドスピードに合わせたフレックス選びというよりも、自分の切り返しタイミングなどでフレックスを選ぶのが正しい選択です。

昔のライフルから棒の様だと呼ばれるのはこれが理由で、スイングタイプやスイングテンポに合わなければどのフレックスでも全くしなってくれませんので、そう感じるのでしょう。

また同様にねじれに対しても挙動が素早いので、フェースローテーションを積極的に使う人には、捕まりすぎる傾向が高いともいえます。

そういう意味では振り遅れ傾向が強く、捕まえる球が打てないハードヒッターには最適かもしれません。過去の口コミで逆の意見が有りますが、おそらくこの特性がたまたま合致した結果かと思われます。

挙動が素早いというのはインパクト直前に対しても同じなので、スイング、フレックスを合ったシャフトであれば、トップの切り返しから流れる様に逆しなりが来ますので、先が走る感覚と共に、強烈な弾き感で高く強い球を打ち出すことができます。

PGAツアーでの使用率が高いのも、シャットに上げて、フェースローテーションを積極的には使わないスインガータイプが増えたからだと思われます。

これらの事から、スイングタイプやタイミングに合致するならば、ゴルフ歴にあまり関係なく万人向けであるとも言えます。

まさっちゃん(4)
年齢:48歳
性別:男性
ゴルフ歴:21年以上
平均ヘッドスピード:46m/s〜50m/s
平均スコア:80〜84
平均ラウンド数:週一でプレーしてます

参考になったポイント:7

2018/9/16 (日) 21:40
point

シャフト硬度「5.5」

このシャフト以外はダイナミックゴールドしか使用したことがありませんので、それとの比較とのなります。
“距離はDGS200と変わりはないです。
∧向は完全にPJXですね、球が捕まりやすいですが引っ掛かるわけではないです。
A犧鄒も私はPJXの方が全ての面において扱いやすいです。特にフェード系のボールを打ちたいときに結果がいいです。私はDGでは出ない捕まったフェードが簡単に打てます。
ぅ侫ーリング、個人のこれは感覚の問題ですので説明が難しいですが、周りの人が言うようなシャフトの硬さは全然感じません、切り返しで根元がしなり、インパクトは浅くヘッドが入り少し 走るのでのでダフリが出なくてたすかります。私にはパーフェクトなシャフトです、ゴルフはシャフトで変わりますね。

Koopee2005(5)
年齢:48歳
性別:男性
ゴルフ歴:21年以上
平均ヘッドスピード:46m/s〜50m/s
平均スコア:85〜89
平均ラウンド数:月1くらいかな

参考になったポイント:25

2018/5/25 (金) 0:09
point

716 AP2にメーカーカスタムで5.5を入れました。
DG200からの乗り換えですが、以前使用していたプレシジョン時代のライフルがとても気に入っていたので不安無しで乗り換えました。

1シーズン使用したので書き込みます。
DGとの比較でいうと、皆さんも書いているように粘りは無くシャープな印象です。
ダウンスイングでのヘッドの位置がわかり易く、インパクトで走る感覚も分かります。
厚いインパクトで強い球が簡単に打てます。
T-MBの4番にも入れていますが、球が吹ける事もなく強い球が出ます。
左右のバラツキも少なく、安心して振っていけます。ツアーで人気なのもうなずけます。
かと言って、アスリートでない方でも充分振れるシャフトですので、DGが重く感じてきた方や方向性を良くしたい方は一度お試し下さい。
モーダスに変えるより、必ず満足出来るはずです。

あきらっち(7)
年齢:45歳
性別:男性
ゴルフ歴:6年〜10年
平均ヘッドスピード:46m/s〜50m/s
平均スコア:85〜89
平均ラウンド数:月に2回は行きます

参考になったポイント:14

2018/3/31 (土) 17:23
point

シャフト硬度「6.0」

昔、キャロのRAZR XマッスルバックにPJX6.5を挿してブンブン振り回してましたが、
その頃のメチャクチャなスイングと相性が合わず、シャフトをすぐに昔から使い馴染んでいた
DGS200に戻したという経緯もあり、その後はPJXを敬遠してましたが、
ここ最近、DGS200は粘りすぎ重すぎでNG。エースアイアンにモーダス125を使ってきましたが、
もう少しスパッと振り抜けてくれるシャフトが欲しく、家にあったT-MBの4番に試しに挿して
振ってみると、想像以上の振り抜け感に今の感じとドンピシャで、早速違うアイアンセットに
PJXをぶち込んでもらったのをカスタムオーダーしました。

冬の間のHS(46m/s)と比べると、春夏はHS48まであがり、ドライバーのシャフトも
IZから暖かくなると振りやすいDIに戻しているので、DIとの相性も非常に合うPJXは
トータルバランスで最高な感じになってます。

現在のHSでは、6.5はちょっと硬すぎるので、6.0にしましたが、これが本当に振りやすく、
振り抜け順で言うと
PJX>>モーダス125>>>>>>DG

硬さは、6.0で振動数はDGX100以上って言われる方もいますが、
データ上で見るとX100以上ですが、フィーリングはしっかりと撓りも感じるので、
私はX100の方が重くて硬い感じがします。

方向性は抜群で、モーダスでは左に引っ掛けることが多々ありますが、
PJXは撓りのポイントがわかりやすく、コントロールし易いです。

PJXも色んな種類がでましたが、マキロイやスピース含め、プロは結局ノーマルPJXなんですよね。

プレジションがツルテンに買収されても基本設計は変わらないPJX。

Newアイアンが届くのが楽しみです。

TKC(103)
年齢:49歳
性別:男性
ゴルフ歴:6年〜10年
平均ヘッドスピード:46m/s〜50m/s
平均スコア:80〜84
平均ラウンド数:月に2回は行きます

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7  次へ>

dot あなたもクチコミ投稿してみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner

注目

banner
コーポレートカラーエディション発売記念
世界のツアーで活躍するBS TOUR B X/XSを試すチャンス!合計100名のモニターを大募集!
banner
トッププロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2019 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop