急上昇ワード
ギアカテゴリ
メーカー
  • ブランド
シャフトのランキング ] 

USTMamiya、ATTAS EE For Fairway Woodの評価

ATTAS EE For Fairway Woodについてクチコミするお気に入りリストに加える

メーカー USTMamiya
ブランド ATTAS
商品名 ATTAS EE For Fairway Wood (7件)
価格 24,840円
公式ページ http://ustmamiya.jp/
累計の総合評価 累計の総合評価  5.1点
ランキング
最近180日間
スペック キックポイント:中
トルク:3.2〜5.6
重量:55、65、75、85
フレックス:R、SR、S、X
商品登録日 2014年12月18日(木)

クチコミする!

ATTAS EE For Fairway Wood
カテゴリー別評価
飛距離4点
方向安定性4.3点
操作性4.3点
フィーリング4.3点

ATTAS EE For Fairway Woodのクチコミ一覧

1〜5件/7件

風の又(34)
年齢:62歳
性別:男性
ゴルフ歴:21年以上
平均ヘッドスピード:41m/s〜45m/s
平均スコア:85〜89
平均ラウンド数:月に2回は行きます

参考になったポイント:6

2020/3/24 (火) 15:06
point

シャフト硬度「SR」

G410の5W、7Wに入れました。

アルタJCBからの入れ替えです。

FW用のシャフトは、エボ2、ディアマナRを他に持っています。

が、寄る年波には勝てず、ハードすぎるシャフトは振り回して、肉体的にキブシく精度も落ち、かといってアルタJCBのように軽いシャフトだと、力の入り具合で、バラけるため、こちらのシャフトを入れました。

以前はフジクラのシャフトが好みでした。

しかし、アッタスのシャフトを試してからは最近ではアッタスの方が好みです。

そういった選択肢で選んでしまったこともありますが、アッタスの方がフジクラよりも同じSでも若干柔らかく、粘りを感じて扱いやすさはあります。

純正のシャフトに物足りなさを感じた方。

かといってハードスペックは・・・。

あるいは、名前ばかりが先行したシャフトは・・・・。

そんな方にお勧めいたします。

TKHR(7)
年齢:38歳
性別:男性
ゴルフ歴:11年〜15年
平均ヘッドスピード:46m/s〜50m/s
平均スコア:80〜84
平均ラウンド数:月1くらいかな

参考になったポイント:7

2018/1/10 (水) 14:21
point

シャフト硬度「S」

M2FW(2017)の3Wに65S、5Wに75Sを挿しています。
FW用のシャフトを始めて使ったので他のFW用シャフトとの比較はできませんが、FW用のシャフトということもあり、フルレングスのシャフトと比べると弾き感とか走る感じはありませんが、クセがなく、球が浮きやすい印象です。
1発の飛距離はないかもしれないですが、易しく打てるシャフトで気負わずに打てるので気に入っています。
フレックスは表示より柔らかく感じるけど、FWはライの状況もいろいろあるし、簡単に打ちたいので問題ないです。

Callaway(19)
年齢:37歳
性別:男性
ゴルフ歴:6年〜10年
平均ヘッドスピード:41m/s〜45m/s
平均スコア:80〜84
平均ラウンド数:月に2回は行きます

参考になったポイント:7

2017/4/14 (金) 17:49
point

シャフト硬度「S」

クリークに挿しましたが、これは思っていた以上に素直で良いシャフトだと思います。フェアウェイウッド専用シャフトは初めてですが、フィーリングは非常に良いです。これまでDI7sを使っていましたが、EEだと75xで良かったかもしれません。手元も少し撓るのでタイミングが合います。全体的に撓りは少ないけれど硬いとは感じない不思議なシャフト。
DIの方が重苦しい感じ。シャープに振りたいけど硬すぎるシャフトだとタイミングが取れない、と言う人にはハマります。

ぱぱちん(103)
年齢:
性別:
ゴルフ歴:
平均ヘッドスピード:
平均スコア:
平均ラウンド数:

参考になったポイント:14

2016/11/2 (水) 0:15
point

シャフト硬度「S」

『ピンG20』の4Wに75S、7Wに85Sにリシャフトしたものを購入し使っていました。
このシャフト、先が柔らかく安定感がいまいちで先調子好きの私でも安心して振れませんでした。アッタスのFW用シャフトの中でも飛距離重視とありましたが、安心して振れないため、私には謳い文句ほどの性能を発揮させることができませんでした。
特に7Wは先日もコースで「ナイスヒット!」と思ったらテンプラ?のような超高い弾道でドスンと上から落ちてきて、全く飛距離が出ず使い物にならないと感じました。
先日練習場の試打クラブで同じアッタスの『ATTAS FW』を装着した『ロマロFW Type−R』を試したところ、飛距離(これはヘッド性能の違いも大きいはず)方向性とも格段に良く、安心して振れるものでした。
『ピンG20』との相性もあるのかもしれませんが、このクラブには早々に見切りをつけ買い替えを決断。ロマロはお高いため断念しましたが、以前使っていて好印象だったツアステの2013モデル(純正70gシャフト)に買い替えしました。

ロンタンマニア(6)
年齢:42歳
性別:男性
ゴルフ歴:11年〜15年
平均ヘッドスピード:41m/s〜45m/s
平均スコア:85〜89
平均ラウンド数:月に2回は行きます

参考になったポイント:11

2016/10/22 (土) 22:17
point

シャフト硬度「SR」

HS42m/s
3w,5w,7wに入れました。
全体感は手元がしっかりしてるので、クラブがコントロールできます。打ち出しが高くなり、球が簡単に上がります。7wとかは上から落として止まる球です。

コスメは渋くて、ATTASらしくないかもしれませんが、これはこれでアリです!

コスパの高いシャフトだと思います!!

1 | 2  次へ>

dot あなたもクチコミ投稿してみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner

クチコミが参考になった
  ユーザーランキング(直近30日)

一覧へ

Q&Aの回答が参考になった
  ユーザーランキング(直近30日)

Copyright © 2022 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop