ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

頭文字   メーカー名   ブランド名 
ドライバー
FW・UT
アイアン
ウェッジ
パター
ボール
シャフト
グリップ
シューズ
距離計測器
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > 特集企画
特集企画
2015年2月13日(金)〜15日(日)に東京ビッグサイトで「第49回ジャパンゴルフフェア2015」が開催された。

今年の日本シャフト N.S.PRO展示ブースのテーマは、
『総合シャフトメーカーならではの幅広いラインナップとそれを表現できる技術力』

ブース正面には、各クラブメーカーのヘッドに日本シャフト製のシャフトを挿したアイアンが並べられ、来場者を待ち構えていた。

そして、ブースの右サイドには、2014年9月9日より発売している「N.S.PRO MODUS3 SYSTEM3 TOUR125」に関するムービーが常時流されており、その下には同製品に採用した最新の熱処理技術「MHT(Multi Heat Treatment)テクノロジー」と、通常の熱処理との違いがわかる展示物が設置されていた。色の違いがわかるだろうか!?
また、左サイドには2015年3月7日より発売の「N.S.PRO Regio fomula MB」が大きく展示され、その奥は「N.S.PRO Regio FormulaM」などのカーボンシャフトゾーン、その隣には2014年12月17日より発売の「N.S.PRO Zelos8」と前モデルの「N.S.PRO Zelos7」、中央右サイドには2015年3月上旬発売の「N.S.PRO MODUS3 Wedge」などN.S.PRO MODUS3 シリーズがディスプレーされていた。

そして中央にはメインの「N.S.PROの新提案!3つのタイプでベストマッチなシャフトを発見!!」が展示。
「N.S.PRO Regio Formula シリーズ(赤:Regio fomula M、黄:Regio fomula MB、青:Regio fomula)」と「N.S.PRO MODUS3 シリーズ(TOUR130、SYSTEM3 TOUR125、TOUR120)」のそれぞれ3タイプの剛性分布図が掲示され、各タイプの特徴や、日本シャフト独自の肉厚調整加工技術の説明が記載。今回3タイプが揃ったことにより、各タイプから選ぶことができ、フィッティングが簡単にできるようになった。
近くには試打コーナーもあり、ブース正面に展示されていたアイアンはもちろんのこと、新製品のシャフトはすべて試打できるようになっており、3時間待ちになるなど予約が殺到していた。
来場者の試打インプレッションはこちら
また開催期間中、N.S.PRO展示ブースでは、QPの愛称でお馴染みの関雅史プロ、クラブコーディネーターの鹿又芳典さん、ゴルフライターの鶴原弘高さんによるトークセッションも行われ、開発担当者や日米のツアーレップも交えて、『〜N.S.プロの秘密にせまる〜』というテーマで日本シャフトのシャフト作りについて、笑いを交えながら語られた。
その中で、使用するプロが増え、昨季はUSLPGAツアーでの使用率が50%、国内女子ツアーでは64%で使用プロが37試合中20勝近く飾ったという事実も明かされた。

ここでは今回、勢いに乗る日本シャフトの新製品について紹介!開発者インタビューの中では本邦初公開のネタも!?



注目

banner
昨季マスターズ王者の使用シャフト
昨季マスターズ覇者セルヒオ・ガルシアが使用するウッドシャフトの最新モデルとは?
banner
三浦桃香のドライバーシャフト
初優勝目指すアイドル級ルーキー・三浦桃香が使用するドライバーシャフトとは?
banner
トッププロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2018 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop