ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

頭文字   メーカー名   ブランド名 
ドライバー
FW・UT
アイアン
ウェッジ
パター
ボール
シャフト
グリップ
シューズ
距離計測器
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > 特集企画
N.S.PRO ジャパンゴルフフェア2016レビュー 最速試打インプレッション 特集企画

叩いて弾いて飛ばす強靭ボディ、進化した最新テクノロジー搭載
N.S.PRO Regio Formula B 2016年3月1日新発売!


製品特徴

シャフト特性と素材との両面から「飛び」を追求したドライバー用カーボンシャフトブランド「N.S.PRO Regio Formula(レジオ フォーミュラ)」シリーズの第4弾モデル『N.S.PRO Regio Formula B』。

2011年に発売した 初代『N.S.PRO Regio Formula』は、新先端剛性設計や超高弾性素材など、飛ばしのテクノロジーを注入し、ロースピン・ビッグキャリーの大きな飛びを目指したシャフト。2作目の『N.S.PRO Regio Formula M』、3作目の『N.S.PRO Regio Formula MB』と共に「それぞれのスイングにマッチする飛ばし方」を訴求してきた。

さらに、総合シャフトメーカーならではのアプローチとして、『N.S.PRO MODUS3』シリーズとの好マッチングを訴求。ドライバーからアイアンに持ち替えてもスムーズにスイングできるトータルシャフトセッティングを提案してきた。

本製品は、時代の変化に伴うヘッドスペックの変化や、フィーリングに対しての嗜好の変化に対応する形で、初代『N.S.PRO Regio Formula』を更に進化させたモデル。より遠くへしっかりとボールを飛ばすことの出来るシャフトの強靭さと、爽快な弾き感を兼ね備えている。

特徴としては、高い先端剛性が、飛ばせる“ぶ厚い”インパクトを作り、横風やアゲインストなどの風の影響を受けず、直線的に突き進む強弾道を生み出す。さらに、インパクトエリアにおけるヘッドの上下左右のブレも低減。オフセンターヒット時の飛距離ロスを抑え、ミート率の安定しないアマチュアゴルファーにも寛容性をもたらす。

また、日本シャフト独自の剛性マッチングで、シャフト中間部の剛性を下げ、ボールの上がりやすさやつかまりの良さを確保。一般に先端剛性の高いシャフトは安定性に優れる反面で、ボールが上がりづらい・捕まりづらいというデメリットを持つ。しなやかな中間剛性とのマッチングが、これらのデメリットを解消。ロースピン・ビッグキャリーを実現する。前モデルよりもシャフト中間部から手元部にかけての剛性にしっかり感を持たせ、より幅広いユーザーに対応出来るタイミングの取りやすさに繋げる。

ラインナップは「Type 55」「Type 65」「Type 75」の3タイプ。ピンゴルフの新製品「Gシリーズ」のドライバーに標準採用されている。



カリー・ウェブのエースシャフトに!?

使用している道具を替えないことで知られる日本シャフト契約プロのカリー・ウェブ選手が、試打するや否や、その飛距離と操作性を気に入り、すぐに『N.S.PRO Regio Formula B』に替えたという。発売前の2月、米女子ツアーのISPSハンダ・オーストラリアン女子オープンで使用し3位という好成績を収めた。

«カリー・ウェブ コメント»

Regio Formula Bの第一印象は、「エースシャフト(N.S.PRO GT500-S)よりもオートマチックにハイキャリーのボール(高弾道)が打ちやすいシャフト」という印象でした。

アゲインストの場面でもキャリーが落ちることなく、エースシャフトよりも飛距離が出ていることに、とても驚きました。スピン量が減ったことが要因だと思います。もちろんボールコントロールも可能でしたが、敢えて低いボールを打つ必要のない力強さを感じました。

また、エースシャフトを決めるポイントで絶対に外せない条件が、スイング中の意図と反する動きをしないシャフトであること。意図に反する動きをするシャフトは、例えエースシャフトよりも飛距離が出るとしても絶対に試合では使いません。今回のN.S.PRO Regio Formula Bはインパクトフィールがとてもソリッドで、どのようなスイングにもマッチする印象があります。



開発者インタビュー

■特徴は?
今まで「Regio Formula」シリーズとして、2012年に「Formula」、2014年に「Formula M」、2015年「Formula MB」を出してきた。去年のMBで3タイプのカーボンシャフトが揃ったので、今回は初代青(Formula)のリニューアルという形で「Regio Formula B」を出しました。
シャフト事業部 
駒ヶ根工場 開発課 藤原甲介さん

■初代との違いは?
歴代「Regio Formula」シリーズに関しては、超高弾性と言われている80tクラスのシートを全長に使ってきたが、それを踏襲。さらに初代「Regio Formula」では使用しなかった7軸組布という復元力に優れた素材を全長に採用しました。シャフト中間部と手元部のつぶれを抑えて、スイング時のシャフトの安定性を向上させます。また先端部にはCSR(コアシェルラバー)を継続使用しているが、高強度素材T1100GをMBの約3倍使用。フェアフェイセンターに向かって突き進む強弾道を連想させる爽快感と、高初速を生み出す弾き感が増しています。

■どのようなゴルファーに打ってもらいたいですか?
基本的にはモーダスの120に合わせて作ったのが「Formula B」なので、今アイアンで120を使っている方は違和感なく、ドライバーで「Formula B」を使用できると思います。重量帯は50、60、70と用意しているので、ヘッドスピードは問わない。とにかくドライバーで飛ばしたい方!うちのシャフトの中でNo.1で弾くので、飛ばしたくてしょうがない人にオススメです。

■弾道は?
先端を固めているので、歴代のM、MBと比べると球が一番低めになる。中弾道・低スピンで力強く飛んでいきます。

■開発にあたり苦労した点は?
評価の高かった初代「Regio Formula」を超えるものを作らないといけなかった。そして、時代の流れというものをくんで何ができるかを考えました。初代は今考えると、復元力が弱かった。7軸組布を全長に覆うことで復元力がアップし、弾きが良くなった。剛性分布をあまり変えずにより飛ばそうというのが難しかったが、そこを高強度素材で補った。そこが一番苦労した点です。

■カリー・ウェブが使用している?
カリー・ウェブはGTシリーズをずっと使用していてシャフトを変えてこなかったが、今回試打した瞬間に「なんだこれは!?」と。「ここまで飛ぶシャフトは見たことがない。飛び過ぎて自分の2打目が困るくらい飛ぶ」とコースマネジメントが変わってしまうほどの飛距離に驚いていました。

■試打された方の評価は?
赤(Formula M)青(Formula B)黄色(Formula MB)が揃っているので、どなたにもはまる。弾いて延びる、見た目で球が抑えられているのがわかるので、そこで気に入られています。



banner

注目

banner
トッププロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2019 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop