ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

頭文字   メーカー名   ブランド名 
ドライバー
FW・UT
アイアン
ウェッジ
パター
ボール
シャフト
グリップ
シューズ
距離計測器
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
50g台のXシャフトについて
7637
最近の製品では、50g台のシャフトにもフレックスXの設定があるようですが、どなたか試した事がある方(もしくは開発の意図をご存じの方)はいませんか?
これまでは漠然と60g台のSシャフトを使用してきましたが、評判によっては違うものも試してみようかと思い質問させていただきました。(ちなみに70g台のSシャフトは一度試したことがありますが、体調万全でないと厳しくて諦めました。)
 関連用語: シャフト  フレックス 
 回答数:5 | 閲覧数:33006質問者:cow  質問日時:2014/1/18 (土) 22:03 
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. ヴァル  回答日時:2014/1/19 (日) 19:02
1516
硬い軽量シャフトは昔からありますね。使った事はないですが・・

主な使用目的は、アベレージ、セミハードヒッター辺りの長尺ドライバーを組む時に使用する感じですね。
長くすると、人とシャフトへの負荷が大きくなるので、シャフトを軽く、硬くする訳です。
あとは重ヘッドに使うとかですかね。

長尺化せず、50g台のXフレックスの使用は、よほどの理由がない限り、お薦めしませんね。
メリットがあまり無いと思いますよ。
2. アンソニー・K  回答日時:2014/1/19 (日) 20:43
1512
私が今現在使っているのは70g台のSですが重さと硬さがマッチしているのか丁度あっているみたいです 

今迄はずっと60g台のSでしたが今回のツアーADのGTは先がやや弾くので70g台にすることで調整というか好きな弾道になりました 

ご質問にある軽くて硬いシャフトは確かに存在しますが ヴァル様が言われるように長尺仕様にする場合はしなりを考慮して有効かと思います しかし、それ以外はあまり意味がないように思います

50g台を使用されている女子プロやシニアの方(70歳以上の方)はたくさん知っていますがフレックスはRかSRが多くSでも少ない位です

軽い=柔らかい(しなる) 重い=硬い(しなりにくい)というのが普通一般の常識で、しならすことが出来なければ球も上げられないですよね

以上が私の知っている範囲です  アンソニー・K 
3. タイトマンフ゛ラサ゛ーズ  回答日時:2014/1/21 (火) 12:15
1535
昨今USPGAツアーでは飛距離が必要となり通常のドライバーでは飛距離をかせげない方たちがひとつの方法として50g台のXシャフトを試してるみたいですね。

イアンポールターはプロジェクトXのPXvTOUR52の7.0を46インチで使用してました。

マットクーチャーは三菱ワイバーン53のTSを44.5インチの短尺で使用しています。


両方組んで試してみました。

あたりまえの話になりますが、長尺のほうのヘッドスピードはやはり思惑通りあがりました。
それと上記のシャフトは先端部がかなり強化されているのでヘッド重量を上げてもしっかり戻ってくるし当たり負けしませんでした。

短尺のほうはヘッドスピードはあがりませんでしたがミート率はかなりあがります。

短尺で軽量シャフトを組む事によって全体重量の配分をヘッドに持っていけるので、
通常ボールをパーでヒットするとするなら、この場合グーでヒットする事ができるので、それを飛距離につなげさらに短尺でミート率をあげると言う事だと感じます。

これもシャフトの技術進化によって可能となったもので、昔のシャフトでやると軽く作る分シャフトの巻きが薄くなるので先端部の強度が弱く当たり負けして無理でした。
上記のシャフトはそれを技術で補い飛距離を求める新しい試みのひとつだと思います。

実際マットクーチャーの飛距離のステイツはあがってるので可能性はあると思います。

ちなみに私が作って打ってみたかぎりワイバーンは短尺のほうが飛距離安定度ともによかったです。
ヘッドは球もちがいいヘッドのほうが相性がいいと思います。
(タイトリスト913D3で試しました総重量は318g)
4. keizumi  回答日時:2014/1/21 (火) 20:28
1564
私は今、長尺に取り組み52gのSXシャフトを使用しています。(TRPXというブランド)。これは振動数も出ないのですが、かなりのヘッドスピードまで対応でき、軽いとは思えない強い球が出ます。それ以外にも、最近のものは軽くてもHS50近い方でも問題なく使用できるものも多く存在するようです。
確かに50g台はシニア、女子のイメージがあるかもしれませんがほんの数年前まではUSPGAのアップルビーやルークドナルドもフジクラのSIXという50g台のシャフトを使用していました。(アニカもこのシャフトでした)
今では素材の改良も進んでおり、長くしたい方を中心に50g台もありかと思いますよ。普通の長さで使うなら、スイングの固まった方がいいかとは思います。
5. ヨコヅナ  回答日時:2014/1/23 (木) 17:20
1510
海外の選手は軽くて硬いシャフトが好きですね。
必ずしも長くしない場合もあるようです。

例えば、タイガーも一時期60g台のXシャフトを使ってました。
タイガーの体力では60g代は軽すぎのようにも思えますが、同様の選手は多いです。

スイングのタイプや好みによって、軽くて硬いものもありえるのかなと思います。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
【広告バナー】日本シャフトブログ
 よく読まれているQ&A
ダイナミックゴールドS200とモーダス3を比較して 7 284482 25336
シャフト系の質問 今話題のモーダス3のシャフトが気になります。過去のコメントを拝見しましたが、自分が今使用しているダイナミックゴールドS200と比較し、どうなのかがよく分かりません。具体的に言うとシャフト重量が重く感じるのか軽いのか、球の伸びはどうか、打感はどうか、飛距離はどうか、コントロール性はどうか、球はDGに比べ低いのか高いのかと...
カーク  2011/10/9 (日) 10:39 
ハイバウンス、ローバウンスどちらのほうが簡単ですか? 14 251506 40264
ゴルフギア系の質問 サンドウェッジとして、タイトリストのヴォーケイシリーズを購入しようと考えています。 バンカーショットが苦手なので、とりあえずバンカーから脱出しやすいスペックとして、56度のバウンス08〜14のどれが一番簡単なのか教えてください。ちなみに湿った硬い(締まった)砂質のバンカーのコースでプレイすることが多いです。 どうぞよろしくお...
yuki72  2009/5/20 (水) 18:38 
シャンク病に悩んでます。ご指導お願いします。 25 208523 113681
レッスン系の質問 シャンク病に悩んでます。80台前半でコンスタントに回っていたのですが、先週から発病し、練習場・コースとも出っぱなしでした。いつもですと応急処置でクリアしていたのですが今は何を打ってもシャンクです。アイアンを握る気がしないのです。ご指導お願いします。
かずさん  2008/9/25 (木) 22:24 
ウェッジの選び方(56度と58度)について 5 207552 8188
ゴルフギア系の質問 いつも楽しく拝見しています。 ウェッジの購入を検討しているのですが、雑誌等では、52度-58度を選択されている方が多いようですが、現在、50度のUWを持っているので、50度-56度にするか50度-54度-58度にするか悩んでいます。54度の使い勝手のイメージがわかないのと、56度と58度の使いやすさの違い(56度のほうが簡...
nok  2013/5/26 (日) 16:52 
ライ角で悩んでいます。調整は本当に大事なのでしょうか? 15 206242 62760
ゴルフギア系の質問 ライ角で悩んでいます。 先日、ゴルフ5でスイングチェックしてもらった所、7Iでライ角66°。 市販の軟鉄アイアンではライ角調整ができないので三浦技研のアイアンを薦められました。 ライ角を調整すれば、抜群に方向性・飛距離がよくなるとのことでしたが、、、、。 ライ角の調整は本当に大事なのでしょうか?
ぼうず  2008/10/7 (火) 22:55 
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
新垣比菜のパターシャフトは?
注目のルーキー・新垣比菜を初優勝に導いたパターシャフトとは?
banner
三浦桃香のドライバーシャフト
初優勝目指すアイドル級ルーキー・三浦桃香が使用するドライバーシャフトとは?
banner
トッププロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2018 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop