ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

頭文字   メーカー名   ブランド名 
ドライバー
FW・UT
アイアン
ウェッジ
パター
ボール
シャフト
グリップ
シューズ
距離計測器
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
地クラブ 7w 所有者様への質問
8
ロッディオ 7wの購入を考えております

おおよその飛距離が気になり所有者様の飛距離、HS、インチ、シャフトを伺いたく思います

購入したいという経緯はUT20度以下の出球がなかなか止まりにくい、飛距離差が10ヤード前後とムラが多く7wをと考えております

ロッディオの可変ホーゼルで約20度のロフトにしようと考えており、地クラブ系のヘッドは飛距離がどのくらい一般メーカーと伸びるのか分からなかった為、今回の質問となりました

よろしくお願い致します
 関連用語: シャフト  ヘッド  ホーゼル  ヤード  ロフト 
 回答数:3 | 閲覧数:1552質問者:バンスのイタズラ  質問日時:2018/10/23 (火) 12:53 
バンスのイタズラさんのコメント
回答を締め切らせて頂きます
ご回答いただきありがとうございました

我慢できずロッディオの7w試打もせず購入しました
飛距離やスピン量もやはり想像内で収まりちょっとした賭けではありましたが今回はとても運良く仕上がりました






何故7wのロッディオなのかというとロフトをほぼ20度にして使える点、どのシチュエーションでもゲタソールの利用でミスショットを減らす以上の点からロッディオという選択肢となっております

飛距離に関しましては220から230ほど飛んでくれればと思っております

UT24で190前後
UT21で200前後
以上の飛距離なのでバフィー との距離を埋めるクラブとして7wのチョイスとなりましたが通常のクラブでは21度設定が多いので飛距離が気になる事からの質問です

総重量の点もすでに勘案してあり下記の通りに組み付けようと思っております

ドラ 45.25 313g
4w 42.75 348g ロッディオfw 16.1°
7w 41.5 365g
UT21 39.75 390g ロマロ初代レイ
UT24 39.25 398g ロマロ初代レイ
5鉄 422g

1インチ辺り13gピッチでフローさせております

以降もご回答お待ちしております
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. rioibuban  回答日時:2018/10/24 (水) 7:23
4
飛ぶといわれる地クラブのヘッドは沢山ありますね。しかし実際打ってみると思ったほどではなかった、というオチも多々あります。

地クラブのFWがなぜ飛ぶといわれるのか。
一般メーカーのFWは価格を抑えるために比較的安価な素材のステンレススチールを使うことが多いのですが、地クラブFWはドライバーに使われるDAT55や6-4チタンなどを使ったフルチタンヘッドを使う事で高弾道設計を狙っています。
従来、球が十分に上がらず飛距離が出なかった人は地クラブを使う事で飛ぶように。その結果、地クラブのFWは飛ぶという評価になったのでしょう。
しかし、もともと高弾道で飛距離が出ていた人にとってフルチタンのFWは意味が無く、打感が変わるくらいの恩恵しかありません。

今回、質問者様はロッディオの7Wでスペックを気にされていますが、3Wならともかく7Wはそもそも球が浮くロフトなので、地クラブとしての優位性は無いかと考えられます。
今お使いの前後のクラブに合わせて決めれば良いかと思います。とくに総重量はドライバーからの流れを気にしましょう。シャフトと長さを想定してスペックを決めていきますが、高弾道狙いなら42〜42.25インチですかね。私なら方向重視の41.5インチにして、それに見合ったシャフトとヘッド重量にすると思います。
ロッディオはソール外してヘッド内部に鉛貼れますね。貼る位置も自由なので重心位置も変えられるし、外からは見えないので恰好良いですよね。私も欲しいと思っていました。
2. ロナウド  回答日時:2018/10/24 (水) 8:21
3
なかなかマニアックな質問なので有益な回答が無いですよね。

当然ながら購入されようとしている7Wの前後のクラブとの飛距離差を合わせないとダメでしょうが、どこまでシビアになるのか?どこまで打ち分けられるか?

一般的には7W辺りのクラブの飛距離差は、同一クラブのFWやUTを使って作ってる人が多いと思います。
(つまり同じクラブの3度ロフト差などは、気にしなくても飛距離の階段が上手く出来るので)

7W前後のクラブに何をお使いか分かりませんが、違うメーカ・種類にされようとしてるなら「ロッディオ」にご自分の情報(HSや他のクラブの飛距離や、スイングのクセや経験値などなど)を示して確認されるのが一番かと感じますね。

最後は実際に打ってみないと分かりませんけども。
3. jey  回答日時:2018/10/27 (土) 2:36
1
私はMuziik DFの7Wを池袋にあるChip Golfでオリジナルシャフト(コンポジットテクノ製)で40インチで組んでおります。飛距離は芝生より210Y、Tee shotで220Yでこのヘッドの良し悪しは製品別口コミをご覧下さい。
私のセッティングは役割のないクラブはセッティングに入れないというもので、1W,7W,6-PW,56度,PTの計9本で、7W用途はBackの長めのPAR3とPAR5の2ndです。あとはPAR4のドックレッグでしょうか。ラウンド毎平均2回程度しようしています。3Wは相当な腕前、5Wも打ち切れない、7Wはロフトがあるので曲がりにくいという感じで結構良いですよ。5Wで狙うという方もいますがほぼ止められないですね。なので10Y程度の距離差であれば7Wの方が使い勝手が個人的には良いです。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
 よく読まれているQ&A
ダイナミックゴールドS200とモーダス3を比較して 7 333982 26186
シャフト系の質問 今話題のモーダス3のシャフトが気になります。過去のコメントを拝見しましたが、自分が今使用しているダイナミックゴールドS200と比較し、どうなのかがよく分かりません。具体的に言うとシャフト重量が重く感じるのか軽いのか、球の伸びはどうか、打感はどうか、飛距離はどうか、コントロール性はどうか、球はDGに比べ低いのか高いのかと...
カーク  2011/10/9 (日) 10:39 
ハイバウンス、ローバウンスどちらのほうが簡単ですか? 14 274689 40865
ゴルフギア系の質問 サンドウェッジとして、タイトリストのヴォーケイシリーズを購入しようと考えています。 バンカーショットが苦手なので、とりあえずバンカーから脱出しやすいスペックとして、56度のバウンス08〜14のどれが一番簡単なのか教えてください。ちなみに湿った硬い(締まった)砂質のバンカーのコースでプレイすることが多いです。 どうぞよろしくお...
yuki72  2009/5/20 (水) 18:38 
ウェッジの選び方(56度と58度)について 5 240319 8515
ゴルフギア系の質問 いつも楽しく拝見しています。 ウェッジの購入を検討しているのですが、雑誌等では、52度-58度を選択されている方が多いようですが、現在、50度のUWを持っているので、50度-56度にするか50度-54度-58度にするか悩んでいます。54度の使い勝手のイメージがわかないのと、56度と58度の使いやすさの違い(56度のほうが簡...
nok  2013/5/26 (日) 16:52 
シャンク病に悩んでます。ご指導お願いします。 26 225428 114830
レッスン系の質問 シャンク病に悩んでます。80台前半でコンスタントに回っていたのですが、先週から発病し、練習場・コースとも出っぱなしでした。いつもですと応急処置でクリアしていたのですが今は何を打ってもシャンクです。アイアンを握る気がしないのです。ご指導お願いします。
かずさん  2008/9/25 (木) 22:24 
ライ角で悩んでいます。調整は本当に大事なのでしょうか? 16 222235 63576
ゴルフギア系の質問 ライ角で悩んでいます。 先日、ゴルフ5でスイングチェックしてもらった所、7Iでライ角66°。 市販の軟鉄アイアンではライ角調整ができないので三浦技研のアイアンを薦められました。 ライ角を調整すれば、抜群に方向性・飛距離がよくなるとのことでしたが、、、、。 ライ角の調整は本当に大事なのでしょうか?
ぼうず  2008/10/7 (火) 22:55 
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>

注目

banner
本間TW747ロングランクチコミCP
本間TW747シリーズの対象商品にクチコミをすると豪華賞品が当たるチャンス!
banner
トッププロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2018 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop