ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

頭文字   メーカー名   ブランド名 
ドライバー
FW・UT
アイアン
ウェッジ
パター
ボール
シャフト
グリップ
シューズ
距離計測器
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
飛距離
59
仲間内でよく交わされる飛距離の話題です。「この前は300飛んだよ!」等々。実際に打っているところを拝見すると「ん?かなり盛ってない?」「芯くってもせいぜい240でしょ?」
人それぞれなのでどうでもいいことなのですが、こと飛距離になると何故に話を盛るんでしょうね?
 関連用語:  
 回答数:12 | 閲覧数:2209質問者:Gitanes  質問日時:2018/11/5 (月) 19:11 
Gitanesさんのコメント
mokomoko様
仰る通り把握するものですね(^-^)

teraiterai様
見栄以外なにものでもないですよね。
条件揃えば自分の飛距離、仰る通りですね(^-^)

まっちー様
一打目は運動、二打目からはゴルフ、名言ですね。
上がってナンボ、シニアの方々の熟練した技を見れば飛距離だけではないですからね(^-^)

rioibuban様
女性からはランチの良し悪しは聞いても飛距離の話しは聞かないですよね。誇張された飛距離とコースマネジメントは無縁ですものね。

新浦技研様
とても分かりやすい例ですね。この手の話しが多すぎてお腹捩れました( ≧∀≦)ノ

825様
飛距離自慢の殆どは自称が多いですね。いくらHC速くてもミート率が悪く適正スピン量を伴っていなければグッドショットとは言えないですし。思い込みの強い方を温かく見守ります(^-^)

ロナウド様
中部銀次郎著、正に核心であり至言ですね。中部さんの本を購入したいのですが書店に置いてなくて。
当サイト(他の口コミサイトもそうですが)もHS項目を無くし、平均キャリーやミート率を新たに加えた方が良いのではないかと思っています。
仲間のトップアマは飛距離には重きを置かずやはりマネジメント。彼等は飛ばそうと思えばいくらでも飛ばせる術を持ち合わせておられますからね。
私も当サイトでのヘッドスピードを控えめに掲載します。

HIRO様
パブリックに有りがちですね。
自身の飛距離は把握しておりますのでパブリックでのヤーデージ距離はあてにしていません。
飛距離も大切ですが如何に少ないスコアで上がれるかを競うスポーツですものね。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. mokomoko  回答日時:2018/11/5 (月) 19:27
9
飛距離の話をしているときに思うのは、ハンディが低い人はキャリーで会話をします。ハンディが高いもしくはない人は昔あった最大飛距離の話をします。盛ってしまうのは飛ぶ人に憧れがあるんでしょうが、飛距離は自慢するものではなく把握するものです。何yardのハザードなら越えられるのかを把握するためにキャリーで知っておく必要があります。
300飛んだよって人には、「凄いですね。そんな凄いなら今度ラウンドで見せてください」と誉めてあげてください。次回のラウンドはあなたが勝ちますからo(^o^)o
2. teraiterai  回答日時:2018/11/5 (月) 19:59
11
見栄でしょう。
ベストショットが240ヤードの人なら条件が揃えば280ヤード付近まで行きます。それを自分の飛距離とするんですよ。
まあ自分なんて吹き流しまで行ったら万々歳なレベルなんで、飛距離や番手の話には入っていきません。
3. まっちー  回答日時:2018/11/5 (月) 20:39
6
スコアではヒョロヒョロのご老人にすら普通に負けることがあるのがゴルフの醍醐味ですよね。

スポーツらしさという意味ではパワーの証明なので飛距離を自慢したくなるのでしょう。まあとばないより飛んだ方が良いので当然かもしれませんし、風や地形で異常な飛距離がでることはあるのでそれを楽しんでやることもゴルフの楽しみなので良いと思います。自分も最初はそうでした。

前に上手な方が、一打目は運動で二打目からがゴルフなんだよって言われた時は目からウロコでした笑
4. rioibuban  回答日時:2018/11/5 (月) 22:54
7
女性からは聞かない飛距離自慢。男の性ですね。ついつい強さを誇示したくなるんですよ。
上手い人ほど謙虚にリアルな平均飛距離で語り、現実を見ています。何故なら自力のキャリーを把握していないとコースマネージメント出来ないから。
5. 新浦技研  回答日時:2018/11/5 (月) 22:55
6
こんにちは。

距離表示の甘いコースで左ドッグレッグの打ち降ろしの350yのミドルホールでまあまあ当たったヒッカケで低スピンのボールが下り傾斜に落ちて転がって残りが50yだから300y飛んだ

みたいな論法なのではないかと推測します。
6. 825  回答日時:2018/11/6 (火) 6:10
7
コースでの残り距離からの数字というのはよくある話です。
練習場でレンジボールの中にコースボールが混じっていて150yd先のネットの300ydの表示に当たったというのもあるでしょう。

飛距離に限らずヘッドスピードでもゴ〇フ5などで盛られた数字を鵜呑みにしている方も一緒ですね。
自称「振れば50」という方のほとんどが40台前半ですからね。

こちらのサイトでもよくある話ですが、みな盛ってる訳じゃなくホントにそれだけ飛んだ、それだけのヘッドスピードがあると思っています。

仲間内でそんな話をしてるのはどうでもいいですけど、その飛距離を前提にこちらで質問されると正すのもめんどくさいし、正したところでそれだけ飛ぶと思い込んでいるので逆切れするケースもありますね。

教えてあげたほうがその方の為とも思いますが、まあ私も含めて今では自分の飛距離や現実を理解している方でも当初はそういう部分が少なからずあったことでしょうからあたたかく見守ればいいのではないでしょうか?
7. ロナウド  回答日時:2018/11/6 (火) 9:27
5
私はゴルフ始めた頃に「中部銀次郎」モノの本を沢山読みました。

彼は「平均飛距離」を説いていました。
一発の飛距離で語るのではなく、1R(18H)での平均がどうなのか。

OBすれば0ヤードなので平均飛距離は半分になる。
力自慢ほど、たった一発のマグレ当たりを自慢する・・・と。

大事なのは、安定した平均飛距離なのだと。
その言葉に感銘しました。

それ以外にも彼の言葉には大きな影響を受け今の自分が居ます。

まあココのサイトでも自称HSが46〜50m/s(ややもすれば51m/s以上)の人が多いのでビックリしてます。
それこそ平均280yは飛んでるんだろうなあ・・・って。

しかし実際のラウンドでそんなに飛ばす人は殆ど見たこと無いです。
(練習場でも打ててる人は研修生や若いプロだけです)
8. ロナウド  回答日時:2018/11/7 (水) 13:23
4
Gitanesさん

中部銀次郎の本は沢山出版されてますよ。
書店には無いかも知れませんが、今はネットでも買えますね。

私はヤフオクで綺麗な古書を買いまくりました。15冊ほどあります。
全部がバイブルで何度も読み返してます。

マンガになったものもありますね。

彼のゴルフ哲学と言うか、ゴルフ感と言うか、名言は、誰もが賛同するものじゃないと思ってます。

飛んでナンボ・上がってナンボ・イケイケゴルフで楽しけりゃOK・・・
みたいな方には面白くないでしょう。

彼の思想を「辛口」だとか「それ言っちゃおしまい」で済ましてしまうか、実践してみて何かを掴むか人それぞれでしょうね。

私は間違いなく自分のゴルフに大きな影響を受けましたし、レベルアップさせて貰っています。

私はゴルフの技術(スイング)もマナーや精神論も誰にも教わらず完全独学でやってきましたが、唯一の師匠と言えるのが彼です。

参考に貼っておきます。
https://booklog.jp/author/%E4%B8%AD%E9%83%A8%E9%8A%80%E6%AC%A1%E9%83%8E
9. HIRO  回答日時:2018/11/9 (金) 14:23
2
ティーグランドの表示が330ヤードのパー4だとします。ドライバーを打ちセカンド地点に行くと、残り50ヤード杭よりグリーンに近い場所にボールがあると、300ヤード弱飛んだという、引き算になります。しかし、パブリックゴルフ場のほとんどがヤード表示を長めにしています。実際は300ヤードしかなかったとしたら、ドライバーの飛距離は250ヤードという計算。ほとんどがそういうケースです。レーザー計測器で測らないと正確な距離はわかりません。
近所の超名門のバックティーは6700ヤード。ドライバーが当たってもセカンドは6アイアン以上がほとんど。もう一方のパブリックのフルバックティーは7000ヤード表示。なぜか超名門より短く感じ、実際に短い。
そして、距離よりも、あがってなんぼ がゴルフです。
参考になれば幸いです。
10. ロナウド  回答日時:2018/11/9 (金) 17:03
2
>300ヤード弱飛んだという、引き算になります・・・

これ、完全に間違いですね。

良くある勘違いです。

完全な直線コースなら有り得ますが、本来はIPポイントを結んだ距離で計測してるはずです。

なのでドッグレッグなどは全然違ってきますね。

マラソンコースで最短コースを走れば、42.195km走って無いのと同じです。

まあ、逆も有り得ますので一概に飛んだ・飛んでないは分からないですね。

あくまでもティーグランドから測らないと・・・・
11. takeshick  回答日時:2018/11/10 (土) 12:28
0
単純な話だと思います。
ゴルフで一番魅力があるのが飛距離だからではないでしょうか。
この前のラウンドは○パットだった、この前はパーオンがいくつあった、とかは自慢になりづらいですよね。やはりこの前はいくつで回った、何番ホールで
どこどこまで飛んだ、というのが一番自慢になりやすいですよね。ローハンデになればなるほどその手の話は無くなっていきます。
やはり、ゴルフは飛距離!と思っているゴルファーは非常に多いですからね。
12. meruview  回答日時:2018/11/13 (火) 19:05
0
陸上の投てきの最高記録と勘違いしている。

ブラインド・ホールでスプリンクラー・ヘッドで跳ねたとか
高速道路を利用したとかです。
キャリーだの実測だの話を展開するとイヤミに聞こえるので
有り得ないような話でも相手の尊厳を損なわないようにこやかに頷きましょう。
願望で盛り上がるのもゴルフの醍醐味です。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
 よく読まれているQ&A
ダイナミックゴールドS200とモーダス3を比較して 7 333982 26186
シャフト系の質問 今話題のモーダス3のシャフトが気になります。過去のコメントを拝見しましたが、自分が今使用しているダイナミックゴールドS200と比較し、どうなのかがよく分かりません。具体的に言うとシャフト重量が重く感じるのか軽いのか、球の伸びはどうか、打感はどうか、飛距離はどうか、コントロール性はどうか、球はDGに比べ低いのか高いのかと...
カーク  2011/10/9 (日) 10:39 
ハイバウンス、ローバウンスどちらのほうが簡単ですか? 14 274689 40865
ゴルフギア系の質問 サンドウェッジとして、タイトリストのヴォーケイシリーズを購入しようと考えています。 バンカーショットが苦手なので、とりあえずバンカーから脱出しやすいスペックとして、56度のバウンス08〜14のどれが一番簡単なのか教えてください。ちなみに湿った硬い(締まった)砂質のバンカーのコースでプレイすることが多いです。 どうぞよろしくお...
yuki72  2009/5/20 (水) 18:38 
ウェッジの選び方(56度と58度)について 5 240319 8515
ゴルフギア系の質問 いつも楽しく拝見しています。 ウェッジの購入を検討しているのですが、雑誌等では、52度-58度を選択されている方が多いようですが、現在、50度のUWを持っているので、50度-56度にするか50度-54度-58度にするか悩んでいます。54度の使い勝手のイメージがわかないのと、56度と58度の使いやすさの違い(56度のほうが簡...
nok  2013/5/26 (日) 16:52 
シャンク病に悩んでます。ご指導お願いします。 26 225428 114830
レッスン系の質問 シャンク病に悩んでます。80台前半でコンスタントに回っていたのですが、先週から発病し、練習場・コースとも出っぱなしでした。いつもですと応急処置でクリアしていたのですが今は何を打ってもシャンクです。アイアンを握る気がしないのです。ご指導お願いします。
かずさん  2008/9/25 (木) 22:24 
ライ角で悩んでいます。調整は本当に大事なのでしょうか? 16 222235 63576
ゴルフギア系の質問 ライ角で悩んでいます。 先日、ゴルフ5でスイングチェックしてもらった所、7Iでライ角66°。 市販の軟鉄アイアンではライ角調整ができないので三浦技研のアイアンを薦められました。 ライ角を調整すれば、抜群に方向性・飛距離がよくなるとのことでしたが、、、、。 ライ角の調整は本当に大事なのでしょうか?
ぼうず  2008/10/7 (火) 22:55 
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>

注目

banner
本間TW747ロングランクチコミCP
本間TW747シリーズの対象商品にクチコミをすると豪華賞品が当たるチャンス!
banner
トッププロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2018 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop