ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
24,777
登録商品件数
8,158
Q&A質問数
2,879
Q&A回答数
12,518
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ニアレスト・ポイントが修理地だった場合
1804
打ったボールがカード道路の右側に止まりました。スタンスがカート道路にかかるため、ニアレスとポイントを決め、この時点ではカート道路に右側、ドロップしようとしたのですが、ドロップ箇所が修理地に指定されていました。そのため、さらに修理地からの救済を受けると、ドロップ箇所は更に右側になりました。すると当初のボールの位置から見ると、カート道路の左側の方が修理地からの救済を受けた場合より近いポイントとなりました。この場合、どのような処理が正しいのでしょうか?
 関連用語: 救済  修理地  スタンス  ドロップ  ボール 
 回答数:2 | 閲覧数:14595質問者:わし  質問日時:2012/7/7 (土) 10:52 
わしさんのコメント
ガッチャンさん、回答ありがとうございます。
ということは、ドロップするのはカート道路の左側が正しいということでしょうか?
AproYipsさん、詳細な回答ありがとうございました。
質問投稿後もサイトを探したり、ルールブックを読んだりしていました。規則では球がスルーザグリーンの場合、ハザード内、パッティンググリーン上であってはならないと記載されているので、逆に、修理地にドロップして、再救済というAproYipsさんのおっしゃる処理が適切なのだと思います。
質問のケースはカート道路と修理地が50cm程離れた状況で、カート道路からの救済後の修理地からの救済箇所は、最初のボールの近くになってしまう状況でした。つまり規則では救済は受けられるのであって、受けなければいけないわけではありませんので、結局、カート道路にスタンスを取って、打たなければならない状況であったということであり、そのような問題が生じさせないために、隣接の場合は一体が推奨されているのだと想像します。
みなさん、回答、ありがとうございました。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. ガッチャン  回答日時:2012/7/7 (土) 21:22
912
おそらくその処置の仕方で正解だと思いますよ。
2. AproYips  回答日時:2012/7/8 (日) 23:41
892
本来はゴルフ場は質問にあるような修理地の設定の仕方は避けるべきです。
カート道路(動かせない障害物)に隙間なく修理地(白線で表示)が隣接するような場合には、R&Aの競技運営のガイドラインでは白線をカート道路も含むような形状で表示し、かつ臨時ローカルルールで「白線で囲まれた区域はカート道路と一体の障害物である」と定めることを推奨しています。

質問のケースでは、カート道路とは別個に修理地が設定されているものと推定します。

カート道路(動かせない障害物)からの救済を受けるためにニアレストポイントを決める際にはカート道路以外の障害物や修理地など(更には立木や急斜面などスタンスを現実的には取れないようにする自然物の状態を含みます)は全てスルーザグリーンであって、これらの『障害』を避けることは許されません。
つまり、質問のケースでは、修理地であることは一切無視して、カート道路の右側にスタンスを取り、ニアレストポイントは修理地内になります。更にニアレストポイントから1クラブレングス内にドロップをするのもおそらく修理地内になる可能性が大です。

このようにして正規にドロップしたインプレーの球が修理地内にとどまったり、あるいは、修理地外に転がり出たけれども、その球を打とうとするとスタンスが修理地にかかる場合には、今度は新たに修理地から救済の処置を取ることになります。

カート道路からの救済処置において、上記の修理地内でのニアレストポイントの決定や修理地内へのドロップを省略して(やったものとみなして)、最初から修理地外にドロップすることは不可との裁定があります。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
イメージが膨らむアイアン
ゼクシオならではのやさしさと飛びに高い飛距離安定性を+したXXIO FORGEDアイアンがデビュー!
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
賞金王池田勇太が愛用するシャフト
今季3勝を挙げ、自身初の賞金王に輝いた池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
三代目“赤スピーダー”誕生!
今までにない飛距離性能と操作性が共存した『Speeder EVOLUTION III』10月7日デビュー!
banner
『TW737』デビューキャンペーン
TEAM HONMA今季国内外ツアーで20勝。TOUR WORLD『TW737』デビューキャンページ実施中!詳細はこちら
banner
SRIXONドライバープレゼント!
NEW SRIXON Zシリーズ発売記念、抽選で3名様にドライバーをプレゼントします。今すぐ特集をCHECK!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
待望のシャフトが日本上陸! ジョーダン・スピースが使用しているシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2016 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop