ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
24,761
登録商品件数
8,157
Q&A質問数
2,873
Q&A回答数
12,474
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
アプローチでのトップの解消方法
397
この時期に拘わらず、アプでのリーディングエッジに当てての、とんでもなくオーバーに悩まされてます。ダフリはめったになく、すべてトップです。また、冬場では、80ヤード以内位いからのアプローチショットでダフリます。そこで、上文のリーディングエッジにつながり、へとへと状態になります。
80ヤードのアプでは芝が薄くきっちりコンタクトしていないため、また、グリーン周りのアプでは、心がチキンなため、腕がチジコマル所為かな、と自己判断してますが一向に治りません。
何かいい助言をお願いしたいです。
当年73歳、まだもう少しはゴルフ楽しみたいです。
よろしくお願いいたします。
 関連用語: アプローチ  トップ  ヤード 
 回答数:7 | 閲覧数:3151質問者:きたぎ  質問日時:2016/3/3 (木) 19:54 
きたぎさんのコメント
皆さん早く、親身に回答頂き、本当に感謝しております。
ご指摘の一つ一つがなるほど、と納得でき、当てはまり、
試行前から既にいやなトップが解消された思いがあります。
すべてメモ書きにして携帯します。
まだまだ、他にも悩みは尽きませんので、
また宜しくお願い致します。
ありがとうございました。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. Monchichi  回答日時:2016/3/3 (木) 20:38
58
きたぎさん。
私はきたぎさんの半分にも満たない若輩者ですが、私の経験からするとアプローチは当てようとして悪く言うと手振りになっている。逆にある程度距離がある寄せはしっかりとコンタクトしようとして右肩が落ち気味で振っているのかなと推測致します。
短めのアプローチはしっかりとバンスを使う。つまりダフリをしてもクラブがボールを拾ってくれる様な打ち方を覚えるのが良いのかなと思います。すると気持ちにダフっても良いと考えると楽になると思います。ダフリ気味に入ると短めのアプローチだと出玉は低くなりますが総距離はさほど変わらないと思います。ですので寄せの場合は広いソールのウェッジがオススメです。また、ある程度距離のあるアプローチはしっかりと腕を振って左に振り抜く。こういうイメージがあると極端なダフリは軽減すると思います。しっかりと振り抜くイメージがあると少しぐらい噛み気味に入ってもスピードで芝の上を滑りボールを拾っていく感じです。上記はあくまでも私の感覚なので合う合わないあると思いますが私の場合これで怪我は相当減りました。バンスを使える様になると本当に楽です。V字では無くゾーンU字でボールにコンタクトするとトップやダフリはそんなに気にならなくなると感じています。参考になれば良いのですが。
乱文失礼しました。
2. まっちー  回答日時:2016/3/3 (木) 21:15
54
大先輩に失礼します!
私もかつては同じでした。
今でもうまくはありませんがかなり治ったのでシンプルに。
まずは、ヘッドアップが原因です。結果を見ないように頭を残す意識を強く持ってください。トップは頭の動き特に上がりがほとんどかと。
次に、体重移動しないように左足一本でうつくらいのつもりで打ってください。80ヤード内でしたら体重移動は不要だと思います。
これだけまずは意識されてみてはいかがですか?
色々言われてもなかなか難しいと思いますから。
ぜひ、治るといいですね。
3. アルシビスト  回答日時:2016/3/3 (木) 21:23
56
上体が極端に反り返るスイングは解消しましたでしょうか。トップが多いのもそのせいかもしれません。対処法としては、アドレスで左足体重、ウェイトシフトなしでショットもアプローチもトライしてみて下さい。ものすごく違和感があるでしょうが、慣れるとトップはなくなります。また、アプローチでは足を閉じて、その場合も左足足体重のままでボールを打つことも有効です。参考まで。
4. レフティベア  回答日時:2016/3/4 (金) 0:23
57
私のイメージを伝えます。試してみて良い、悪いは  きたぎ様  が判断されてください。



ダフらないように、トップしないようにすると、少しのダフり、トップが大きなミスになります。
なので、ダフることが多くて、ダフりを何とかしたければ
最初から「ダフらせる」つもりで打つ。です。そうすればグリップ圧など自然に強くなりますし、入斜角も落ち着きます。結果は「良いダフり」になります。滑らせる打ち方です。

さて、本題のトップですが、これも同じです。
悪いトップは使えませんが、良いトップは使えます。
最初からトップ〜クリーンヒットはオッケー!と考えます。
このときの私のイメージはリーディングエッジではなくフェース面、「面」を意識します。
リーディングエッジではなく、フェース面でヒットさせようとすると、必然的にダウンブロー時にヒットしやすくなります。

少しタイミングが早くてリーディングエッジ寄りにヒットすることもありますが、この場合高い確率で良いトップです。

どうしてもトップが解決しなければ、前半に書いた方法で、良いダフりでトップのミスを減らすことも選択肢に入れてはいかがでしょうか?
5. ダーハヤ  回答日時:2016/3/4 (金) 9:10
62
球と地面(芝)の接点をジャストに捉えようとするとシビア過ぎます。
もちろんそんな場面もありますが、出来れば遭遇したくない場面です。

ウェッジはフェースが寝ていますので、フェースで捉えるより刃を入れるイメージの方がイメージが湧くとも思います。

御年齢も考えると、今回はスイングを変えない、という方向がよろしいかと思います。

見直すのはセットアップです。
球の右側(地面との接点)では無くて、左側(打ち出し側)に合わせてセットアップしてください。

ダウン軌道でのトップとアッパー軌道でのトップは異質です。ご存知だと思います。
練習場でダウン軌道のトップを何度も試されると、実際はインパクトのポイントに許容があると分かると思います。

アプローチの場面はほとんどが左足上がりです。
意識は色々とあるでしょうが、そんな状況では、実際は右足に体重がかかってます。
アッパーになりやすい状況ですので、思ったより右に最下点が来ます。注意されてみて下さい。

70歳を越えられてもゴルフをされていて、とても健康的で尊敬いたします。
是非、若い方たちにもゴルフの楽しさを教えてつつ、存分に楽しまれて下さい。
失礼いたしました。
6. 酔竜  回答日時:2016/3/4 (金) 22:19
59
他の方が書かれていないことで言いますと、クラブの問題ってないでしょうか。アプローチと同じ力感、同じスイングで例えば7番アイアン(もしくは得意な番手)で打つといかがでしょうか。

7番アイアンはナイスショットできるのにSWはトップばかりだとすると、SWが重すぎてダフるのを嫌ってトップしているかもしれません。
7. taj  回答日時:2016/3/7 (月) 18:12
51
わざわざ難しいことをしないでUT辺りでパターみたいにコツンと
転がしていけば何の問題もないと思いますよ。

ガードバンカーが絡んでたり池が絡んでたりしてなければ
50Y以内くらいならUTで転がしたほうが簡単です。

最近4本でラウンドしてるんですが、UTかなり役に立ってます。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
イメージが膨らむアイアン
ゼクシオならではのやさしさと飛びに高い飛距離安定性を+したXXIO FORGEDアイアンがデビュー!
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
賞金王池田勇太が愛用するシャフト
今季3勝を挙げ、自身初の賞金王に輝いた池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
三代目“赤スピーダー”誕生!
今までにない飛距離性能と操作性が共存した『Speeder EVOLUTION III』10月7日デビュー!
banner
『TW737』デビューキャンペーン
TOUR WORLD『TW737』10月18日。デビューキャンページ実施中!「TEAM HONMA」今季国内外ツアーで20勝!
banner
SRIXONドライバープレゼント!
NEW SRIXON Zシリーズ発売記念、抽選で3名様にドライバーをプレゼントします。今すぐ特集をCHECK!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
待望のシャフトが日本上陸! ジョーダン・スピースが使用しているシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2016 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop