ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
26,756
登録商品件数
8,446
Q&A質問数
3,146
Q&A回答数
14,420
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ドライバーの購入相談
5179
現在はマルマンのメタバイオにPT6(S)です。
HS48程度ですが、若干フェード、スライスが出ておりますが、

X-DRIVE GR9.5°でPT6(X)にするのはどうでしょうか?
オーバースペックでしょうか?
アドバイスいただきたいです。
 関連用語: スライス  ドライバー  ライ 
 回答数:3 | 閲覧数:20524質問者:支配人  質問日時:2009/5/23 (土) 18:41 
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. しゅん  回答日時:2009/5/26 (火) 10:25
1796
はじめまして。

ほぼ満振りで48なのか、コントロールできて48なのかにもよりますが
、自分のコントロールの範疇で48あってきちっと振れてれば、たいがいのクラブはオーバースペックってことはないと思います。が・・・

PT6がお好みであれば振動数も変えずに(S)にしてみては如何でしょう?慣れ親しんだシャフトというのはなかなか良いものだと思います。
買い替え時にシャフトのスペックを変えるとヘッドが失敗(成功)なのかシャフトが失敗(成功)なのか頭がゴチャゴチャすると思いますよ!
但し、GRとPT−6のマッチングについては私には不明です。

自分もHS48くらいはありますが、GRの9.5度 EV−6(S)がかなり気に入ってます。EV−6は癖が無く扱いやすいシャフトですよ!
2. ochoice  回答日時:2009/5/29 (金) 9:54
1672
メタバイオ自体あまりよく知りませんが、GRはよく捕まるヘッドなのでスライス傾向の方には良いのでは無いでしょうか?
でもシャフトフレックスを変える理由は?
硬くすると自分でしならせないといけないので余計に力が入ってスライスを助長する可能性もあるかと・・・・
球が左右に散るなら飛距離を落としても硬くして・・・という考えもあるかと思いますが。
軽い物はどうしても手で振れてしまう分速くは振れる可能性はあれど安定感に欠けるという反面を持っています。HSが48と速いので、逆にPT-7(S)で総重量を重くしてゆっくり振れるセッティングというのも有りかと思いますが。
参考になれば何よりです。
3. callawaygolf  回答日時:2009/6/13 (土) 14:35
1715
メタバイオからGR 硬さSからX と ヘッド、シャフトともに難しくなります。 今使用しているメタバイオのPT−6(S)で物足りない感じがあれば問題ありませんが、シャフトが気に入られているようであれば、硬さは変えない方が良いのではと思います。また重さもメタバイオのPT-6付きですと約310g程度ですが、GRのPT-6にすれいば318gぐらいになると思われますので若干重くなります。その辺りも考慮してお考えになられた方が良いでしょう。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner

注目

banner
美女ゴルファー香妻琴乃の使用ギア
ツアー初Vを目指す香妻琴乃が今季使用しているドライバーシャフトとは…?
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
新しいZはどうだ?
松山英樹が選んだボール「NEW SRIXON Z」シリーズの実力は?
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
全英OPを制したメジャー3勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop