ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
24,773
登録商品件数
8,158
Q&A質問数
2,878
Q&A回答数
12,506
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
BASSARA Wシリーズ
2992
教えてください!キャロウェイのレガシーに挿そうと考えています。
HS45〜48程度ですがフレックスはSとTSとどちらが良いですか?

普段のドライバーはインプレスXのD201 TypeSにFUBUKIα60です。
 関連用語: ドライバー  フレックス  ライ 
 回答数:2 | 閲覧数:16290質問者:Pocco  質問日時:2011/5/30 (月) 22:07 
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. shingo119  回答日時:2011/5/30 (月) 23:24
1494
私のイメージだけの回答です。

あえてなぜバサラ?と思ってしまいますが,
フレックスだけの話であればTSだと思います。

そもそも,軽量シャフトを挿されると言うことはタイプSであっても長尺使用にしたいとの意図に感じました。
となれば,フレックスSはアンダースペックは明白だと思います。
45インチ使用であったとしても,チップカットは避けられないでしょうし,少なくとも7gダウンはメリットを感じられません。
体格と年齢は必ずしも一致しませんが,御年齢とヘッドスピードから考えると,バサラは避けた方が良いように思います。

普段のドライバーがFUBUKIα60との記載ですので,このシャフトは悪くないものと察します。
どちらかと言うと,FUBUKIαの60Xか70Sかいずれでしょうか?の質問の方がしっくりきます。

スイングの状態や球筋などが解りませんので何とも言えませんが,もう少し重めのシャフトの方がよいのではないでしょうか?
2. FUMI PaPa  回答日時:2011/5/31 (火) 11:58
1500
長尺化を検討しているのでしたら、バサラ ワイバーンは適していると思いますが、硬度がやや柔らかい傾向にあります。

現在ご使用のD201 TypeS バサラですと255〜260cpm位でしょか。
同等の長さでワイバーンのSですと245cpm程度なので2ランク位柔らかいでしょう。

よって、近い硬度にするにはTSで、必要に応じてチップカットを選択することになるでしょう。

ワイバーンの剛性分布を見ると分かりますが、赤マナやイリマに似た剛性分布を示していますので、硬度的に不安があるようでしたらイリマ60のSフレックスでもよろしいかと思われます。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
イメージが膨らむアイアン
ゼクシオならではのやさしさと飛びに高い飛距離安定性を+したXXIO FORGEDアイアンがデビュー!
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
賞金王池田勇太が愛用するシャフト
今季3勝を挙げ、自身初の賞金王に輝いた池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
三代目“赤スピーダー”誕生!
今までにない飛距離性能と操作性が共存した『Speeder EVOLUTION III』10月7日デビュー!
banner
『TW737』デビューキャンペーン
TOUR WORLD『TW737』10月18日。デビューキャンページ実施中!「TEAM HONMA」今季国内外ツアーで20勝!
banner
SRIXONドライバープレゼント!
NEW SRIXON Zシリーズ発売記念、抽選で3名様にドライバーをプレゼントします。今すぐ特集をCHECK!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
待望のシャフトが日本上陸! ジョーダン・スピースが使用しているシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2016 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop