ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
26,923
登録商品件数
8,475
Q&A質問数
3,165
Q&A回答数
14,564
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
R11SのUS仕様と日本仕様の違い
1490
R11Sのヘッドに関して 重量、製造工場など 同じかどうかご存知の方がいたらお教えください。宜しくお願いします。
 関連用語: ヘッド 
 回答数:1 | 閲覧数:25291質問者:DEION  質問日時:2012/5/3 (木) 8:44 
DEIONさんのコメント
ありがとうございます。知りたいことが 要点別に解説されていて とても参考になりました。純正シャフトは最初から捨てる気なのでR11と同一シャフトで違いを試してみたく、並行モノがもう少し安くなったら購入してバラして組んでみようと思います。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. ClubKenAma  回答日時:2012/5/3 (木) 9:56
1490
ヘッドだけはそれほど変わらないと思いますよ

ただし、シャフトとアッセンブルする工場や人は違っていると思ったほうがいい。
低価格ほど、低レベルの入れ方のものが存在する可能性があると思います。R11Sではまだ見ていませんが、アイアンはサンザンで、まともに入っていないものを見ています。

例えばですが、低価格帯ほどそれ並みの加工となり、高価格帯ほど丁寧にいいものになっていると見ていい。

また、純正ドライバーシャフトはいいものがあまりないですね、格好がいい印刷ですが性能は?で、印刷代の方が高い気がする程。

ではもっとヘッドについて詳細に話しますと、
ヘッド重量は誤差がつきものでして、必ず調整のためジェルを入れています。
それもだれがいれても差が出ないように、シュークリームの皮にクリームを入れるようなもの。
しかし、もともとのヘッド重量が差が出ています。この誤差でやはりばらつく。
これもR11Sはウェイト調整できるのでリスクが少ない、大きいメリット。ただし、重心距離は誤差の範囲で差が出る。

これがたまたま大ハズレのものもないとは言い切れない。それは公差を発表していないからね 品質管理では設定しているはず。
一般には公差はずれ(解らないもの)が、出回っている可能性も否定できないと言うことになる。過去にはこれがあったようでして、特売されていた。

契約外プロは支給されたドライバーでは、そのまま使用することもあまりなく、ヘッドは必ずスペックを調べて自身に合うように調整しています。組んだものではバラシテ、シャフトはポイ、自身の特定のものを入れますね

結論として、日本仕様であろうとUS仕様でもヘッドは同じ製造です。そしてバラツキはどんなものでも存在する。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
全米プロ王者の使用シャフト
ジャスティン・トーマスをメジャー初制覇に導いたドライバーシャフトとは…?
banner
TOUR B Xボールモニター大募集!
発売前に打つチャンス!!ブリヂストンスポーツから10月6日に発売される『TOUR B X』のボールモニター100人を募集します!詳しくは>
banner
通算8勝 成田美寿々の使用シャフト
成田美寿々を2年ぶりの優勝、ツアー通算8勝目に導いたプレミアム・アスリートモデルのウッドシャフトとは?
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
新しいZはどうだ?
松山英樹が選んだボール「NEW SRIXON Z」シリーズの実力は?
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop