ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
26,321
登録商品件数
8,385
Q&A質問数
3,072
Q&A回答数
13,842
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
体重移動しないスイングについて
2732
体重移動しないスイングの動画を見るとやはり少しは体重移動しているように見えるのですがそれは置いておいて、どういうメリットがあるのでしょう?
すごくソフトな感じがするのですがよく飛ぶのでしょうか?
スタンスは普通のようですが、ごく狭くても打てるのでしょうか?
体や腕の回転や捻転の力で飛ばすということでしょうか?
体重移動によるエネルギーのロスを押さえ腕やクラブの運動エネルギーに効率よく伝達するということでしょうか?
どういう原理でどんなメリットがあるのでしょう?
 関連用語: スイング  スタンス 
 回答数:4 | 閲覧数:24345質問者:furemaru  質問日時:2012/7/27 (金) 0:31 
furemaruさんのコメント
皆さん、どうもありがとうございました。皆さんのアドバイスを基にもう一度じっくり考えて見ます。どうもありがとうございました。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. シロナ  回答日時:2012/7/27 (金) 9:36
719
詳しい原理はどなたかが説明してくれるでしょうから(笑)

大きな飛距離は左への強い踏み込みが必要になります

が、タイミングや体調で芯をはずすと曲がりが大きくなります

今のPGAの試合コースは本当にライやグリーンが難しいので精度が絶対条件です

ただ普通のコースで月例をやる程度のアマにはどうでしょう?

自分も体を鍛え2年ぐらい前から、体重移動より股関節の乗り換え位でのスイングに変えました

精度は多少良くなりましたが・・・

普通のコースでやる、普通の体力のアマは目一杯振って飛ばしたほうが有利かも
2. アルシビスト  回答日時:2012/7/27 (金) 12:00
633
 数年前からスタック&ティルト打法に取り組んでいます。最近、邦訳が出たマイク・ベネットとアンディー・プラマーの共著のオリジナルですが、自分なりに取り組んでいます。雑誌などでは、この本で書いていないことまで紹介しているので、このスウィングを試される方は是非、この2人の書いたレッスン本に沿ってやってみてください。
 このスウィングのメリットは左足体重でスウィングするので、体重を右にうっかり残したままのショットしてしまうミスは少なくなると思います。ただし、ドライバーとショートアイアンではウェイトシフトのスウィングでも、アドレス時に左右の足へのウェイト配分が違うように、スタック&ティルトでも左足ウェイトの程度は違います。
 やはり、アドレスでもロングアイアンやウッドではあらかじめ左足へのウェイト配分はやや少なめですが、バックスウィングでの右足へのウェイトシフトはありません。ウェイトシフトをしてしまうとプッシュアウトやひっかけなどのミスが出ます。左足の股関節を中心とした軸をキープすることが基本になります。
 飛距離については、どちらかというと球筋はドローになりやすいので、結果としてウェイトシフトしていた当時よりは距離が出ていると思います。私自身、体が標準的な日本人より大きいほうなのですが、標準体型の方にも対応でき、ミート率も向上するのではないかと思います。馴れるまでに時間はかかりますが。
3. やんきち  回答日時:2012/7/27 (金) 16:42
704
スタック&チルトのスイングは芯に当たりやすくなる為か特に下の方のアイアンで確実に距離が伸びてしまいます。

私の一つの課題だったシャフトが寝るくせが消え、意識しないで上からボールにコンタクトできるようになりました。
なんでそのようになるかは不明です。

フェード命からドローに変えるとイメージを作りなおすのに時間はかかりますが、今まで以上の大きな大会で予選をいくつも通過できているので効果があったということだと思います。

私自身の最大の欠点であった右膝のテイクバックでの伸びが、むしろそうするスイングで救われた気がします。
4. わし  回答日時:2012/7/29 (日) 23:12
676
質問の答えになっていませんが・・・
スイングはアドレスした状態から腕を右に左に動かすわけですから、それだけで体重、重心、は動きます。試しに、左足一本で立って、素振りをすればわかると思いますが、テークバックをした時、体を左に傾けなければ倒れてしまいます。頭を動かさず、体重移動をしないようにするとすれば、腰を不自然に左に動かさなければなりません。
体重移動しないスイングを考えることは背理法的にスイングを検討することにはなるとは思います。また、体重移動をしないスイングというのがスタック&ティルトを指しているのであれば、私の知っている限りで言えば、インパクト時90%左足荷重になるにもかかわらず、多くのゴルファーはテークバックで右に移動した重心をうまく左に動かせないため、テークバック時の右への体重移動を少なくし、インパクト時の左足荷重を実現しようとする理論だと思っています。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
PHYZボールモニター結果発表
ブリヂストンスポーツ『NEW PHYZ』のボールモニターを120名に実施。体感したゴルファーの評価はいかに!? 飛距離は?
banner
J.トーマス使用シャフト限定発売
今季3勝を挙げているジャスティン・トーマスが愛用するウッドシャフトとは…? 使用スペックを917本限定で発売!
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
新しいZはどうだ?
松山英樹が選んだボール「NEW SRIXON Z」シリーズの実力は?
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop