ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,151
登録商品件数
8,187
Q&A質問数
2,931
Q&A回答数
12,866
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
シャフト硬度と長さ
752
US仕様のアヒナシャフト付きを検討していますが、アヒナは硬いときいているのでSかXかで迷っています。カイリのXの45インチは問題ないのでアヒナの長さが45.75なのでXでもいいかと思っています、45.75だと硬度はSXぐらいと考えていいのでしょうか?詳しい方お教えください。因みにヘッドスピードは46~49程度です。
 関連用語: シャフト  ヘッド  ヘッドスピード 
 回答数:2 | 閲覧数:6889質問者:三宿  質問日時:2013/5/23 (木) 14:08 
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. 赤の2本線  回答日時:2013/5/25 (土) 0:00
371
当方HS46〜47m/SでUSアヒナ・S・45インチを使用していますが、特に硬さは感じません(重量感はあります)。
質問者様の場合、硬さだけならXでも十分いけると思います。
一般的に、同じシャフトで長くなるほど柔らかく感じるのは事実です。
ただ、当然重量も増えますし、長い分振りにくくなります。
ヘッドにもよりますが、アヒナXで45.75インチだとおそらく330gを超えるのは確実なので、相当パワーが必要になると思います。
この長さだと320gくらいには抑えたいですね。
男子プロでも最近は長くても45.5インチで、重量は320g前後です。
雑誌で見ましたが、一番長い片山プロで46.25インチ、318gでした。
ドラコン一発狙いならわからなくもないですが、18ホール仕様ということであればちょっと厳しいかもしれませんね。
2. ヴァル  回答日時:2013/5/25 (土) 0:01
381
アヒナ63Xを使用しています。

ん〜・・・その条件下なら、自分ならXにすると思いますね。(g数はわかりませんが・・)
アヒナは硬いという意見はありますが、カイリも硬いという意見がありますし、同g数、同フレックスなら振動数的にあんまり差がないんですよね。

硬い?柔らかい?という評価は、振動数だったり、トルクだったり、剛性分布の差からくる個人の感じ方の違いだったり、色んな項目が総じて評価されるものなので、一概に「アヒナが硬い」と言っても「人によって感じ方が違うのに、何を基準に硬いのか?」って、なんだかややこしい話になっちゃうんですよね・・

余談はさておき、普通に考えれば長くなる前提で硬度を落とす必要はない訳で、カイリXで問題ないんであれば、アヒナでSを選択する理由がないかな、と思います。

実際のところは振ってみるのが良いと思いますよ。
アヒナのSなら、ゴルフショップを2、3件回れば試打可能だと思うので、実際に試してフィーリングを確かめてみるのが確実かと思います。

ちなみにSX相当かどうかは、フレックスの表記基準はシャフトメーカーによってバラバラなので、あまり気にしない方が良いかと思います。

参考になれば幸いです。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
禁断のドライバー、解禁。
キャロウェイより革新的な2本の柱「JAILBREAKテクノロジー」を搭載した『GBB EPIC STAR/Sub Zero』ドライバー登場!2月17日発売
banner
絶好調 J.トーマスの使用シャフト
SBS&ソニー・オープンと2017年2連勝を飾ったジャスティン・トーマスが使用するウッドシャフトとは…?
banner
発売前に全世界で18勝!
松山英樹が選び、すでに5勝を挙げたボール「NEW SRIXON Z」シリーズが2月に発売開始に!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop