ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
24,776
登録商品件数
8,158
Q&A質問数
2,879
Q&A回答数
12,512
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

トップ > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
砲台グリーン、ラフからのアプローチでダルマ落としの防止について
695
先日、ボールが沈んでいる長い草丈のラフから、砲台グリーンのピンまで距離25ydを
58度のウエッジで、バンカーショットの要領でフェースを開き気味にして打ちましたら、
見事なまでのダルマ落としとなってしまいました。
フェースを開いたのがいけなかったのか、バンカーショットと同様の打ち方をせずに、
普通に構えて普通に打つのが正解だったのかわかりません。
どなたかご教示をお願いします。
 関連用語: アプローチ  エッジ  バンカー  バンカーショット  砲台グリーン  ボール  ラフ 
 回答数:7 | 閲覧数:5313質問者:Murasan  質問日時:2015/7/13 (月) 15:35 
Murasanさんのコメント
ご親切にご助言頂いた皆様方に感謝申し上げます。
要するに、1にこのような難しいシチュエーションになる所に打たないこと
     2に、難しい所に行ってしまったら脱出第一の打ち方と倶楽部選択
       をすること。打ち方はいろいろあるが、やさしい法選択する。
     3に、脱出を決めたら、余計なことをせず、考えずにさっさと
       打つということで、
     4に、仮に失敗したとしても、その失敗の仕方はハンディキャッ
       プに見合っていればあきらめて、次に引きづらいない。
ということでがんばってみます。皆様有り難うございました。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. PWING  回答日時:2015/7/13 (月) 16:09
96
この質問に正しい回答は難しいかと。
イメージ通りに寄れば正解でしょうけど
その状況、打ち方に理想は合ったとしてもその時に打てる保証もありません。
世界で戦うトッププロでも悩む事例かと思いますので
次こそ成功させるくらいの気持ちで良いのではないでしょうか?
2. Dragon33  回答日時:2015/7/13 (月) 23:14
115
どのぐらいショートしたのでしょうか?砲台グリーンに対しては、ショートしてもう一度打たなくてはならないのを防ぐため、いつもギリギリを狙わず大きめで良しとして打ちます。
58度を開いてバンカーのように打てばダルマ落としになる可能性は大きいですね。
そのように打つのなら、40ヤードとか?飛ばすスイングが必要だったと考えるべきではないでしょうか。
クラブのロフト、開き方、スイング方法、スイング大きさ、ライの状態など色々な状況で判断ですね。
3. sayonarasu  回答日時:2015/7/14 (火) 1:36
95
グラスバンカーで高低差が1メートルから2メートルという前提でしたらバンカーショットの要領で打つのもありかと思われますが、かなりの難易度です。

最初普通に構えてクラブのシャフトを寝かせてそのままの角度で適正な位置に手首が来るようにスタンスを変えます。
この状態で打てることは打てるが、自分が意図する方向よりも左に飛び出すはずなので、最初の方向取り(エイミング)を目標より15度から30度右にとっておくとピッタリです。

傾斜が10度から20度位のしんどい場合は地球に鉛直に立ち出すだけに専念します。
入れてはいけないところに入れてしまったと、前のショットを反省します。
4. シロナ  回答日時:2015/7/14 (火) 9:12
99
ここでダメなのはダボ(3打目として)

失敗はだるま落としのショート、スピンがほどけてのランでオーバー

腰を落とし、可能な限り短く持って勇気をもってフルスイング

とにかく高さを出すこと(ランを出さない)

ピンではなく真ん中にとめる気持ちで
5. ダーハヤ  回答日時:2015/7/14 (火) 9:30
93
先日同じような状況を経験しました。

結論から言うと、ダボで良いと思う事でした。
結果トリを打ってその後も流れを崩しボロボロでした。

まずそこに打ってはいけなかった。

そして、オンすれば万々歳と上から鋭角に入れるべきでした。
結果奥にこぼれても、そこから寄せてボギーを狙うべきでした。
状況が違うかもしれませんが、ピンを狙わずに寄せやすい方向へ出すべきだったということになるかと思います。

ただ、出来ると信じてチャレンジしたという事は経験値として残ります。
同じ状況になったらまたチャレンジするかもしれませんし、スコアの事を落ち着いて考えるかもしれません。

どちらにしても有意義な経験だったと思います。
6. 岡ちゃん1007  回答日時:2015/7/14 (火) 18:04
101
分からない状況は勝手に妄想させて貰いますが、

パーを取らなければならない状況で、可能性が残っていればし、自分もロブショットを選択しますが、開くというよりはアッパー※ハンドレイト※に打ちます。

もしくは、球をクリーンに打てる軌道を意識して振ります。

逆に絶対パーを取る必要がなければ、ロフトのたったクラブで、転がしあげたいですが、自分は転がしが苦手なので、選択しないかもしれません。
こういう時に寄せが得意だと、FWにだすだけ。という選択もできるかと思います。

余計なおせっかいかもしれませんが、
最大の問題は状況把握能力ではないでしょうか?
沈んでいると認識していて、だるま落としした訳ですから、ラフに入っていても実際は浮いていた訳なので、それが分かっていればだるま落としになってしまう可能性は随分下がると思いますので。
7. 825  回答日時:2015/7/15 (水) 8:56
96
どのようなショット、打ち方が正解かはともかく完全なマネージメントのミスですね。

詳しい状況がわからないのですが開いて打つくらいなのでおそらくピン位置はかなり手前なのでしょう。

想像するとピンはエッジから5yd、フリンジやファーストカットみたいな部分が3yd、残り17ydが砲台打ち上げ部分で長い草丈のラフというようなシチュエーションでしょうか?
グリーンの奥行きが30ydだとするとピンから奥までは25ydあることになります。

誰が打つにしてもこのシチュエーションからなりそうな結果は

20ydキャリーしてベタピン
打ち方はともかく今回の様にショートしてほぼ同じ状況からもう一打
上手く上がったけれどキャリーが出すぎて、もしくは足が出すぎて奥からのパット
ぢが出るのを嫌がってスピンをかけるべく強く振りに行って、もしくはカツンと入ってしまいグリーン奥へ大オーバー

あたりでしょうか?

なお長い草丈のラフという悪いライであればよほどのロブを打たない限り手前フリンジに止まることはあり得ないでしょうからそれは除きました(フリンジとラフの境目5儖米發縫ャリーすれば別ですが)。
△両豺腑團鵑砲篭瓩鼎ますが長い草丈のラフからスピンが効く訳がないのでフリンジから5ydを切らない限りそこから1ピン以内に寄せれることはほぼないでしょう。
い両豺臻ぢ罎ら僅かにこぼれて左足上がりのアプローチが残る場合と、もっとオーバーして左足下がりのさらに難しいアプローチが残る場合があります。

私がこのシチュエーションに遭遇したら1ピン以内に寄るイメージはほぼ持たないですね。
失礼ですが質問者様より平均ストロークで10打以上違いますが寄せるつもりでは打たないということです。

というのもそこから悪くとも3打で上がるためには△鉢い世韻論簑佝鬚韻覆韻譴个覆蕕覆ぬですから20ydのキャリーを狙う(,鯀世辰新覯未箸靴騰△鉢い出るので)事も間違って50yd飛んでしまうスイングで振ることも選択しません。

ピンまではキャリーさせるつもりでサンドウェッジで25ydのピッチショットを打てば残り距離はともかく次の一打は間違いなくパターを選択できると思います。

このシチュエーションであれば奥でもいいから確実に乗せると思えるかがシングルクラスとの差、思っただけでなく確実に10m以内に乗せる事が出来るのが5下、(ロブを選択するかはともかく)高い確率で5m以内につけれるのがスクラッチだと思った方がいいでしょう。

100点のショットイメージ(ロブでベタピン)と0点のミス(ショート、オーバー)が隣りあわせではマネージメントとしては及第点以下です。
70点のイメージ(25ydキャリーで10m前後の奥からのパット)であれば50点のミスでも15mのパット、僅かにキャリーがイメージよりショートすればショットとしてはミスであっても結果オーライですが5m以内に寄ることもあります。

ショットやスイングが上手いのとゴルフが上手いのは別物ですよ。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
イメージが膨らむアイアン
ゼクシオならではのやさしさと飛びに高い飛距離安定性を+したXXIO FORGEDアイアンがデビュー!
banner
侍ゴルファーたちへ
“Made in Japanスチールシャフト”の新定番『MODUS3』。200万本を超えて、世界のツアーで力を見せつける。
banner
賞金王池田勇太が愛用するシャフト
今季3勝を挙げ、自身初の賞金王に輝いた池田勇太が使用するウッドシャフトとは…?
banner
三代目“赤スピーダー”誕生!
今までにない飛距離性能と操作性が共存した『Speeder EVOLUTION III』10月7日デビュー!
banner
『TW737』デビューキャンペーン
TEAM HONMA今季国内外ツアーで20勝。TOUR WORLD『TW737』デビューキャンページ実施中!詳細はこちら
banner
SRIXONドライバープレゼント!
NEW SRIXON Zシリーズ発売記念、抽選で3名様にドライバーをプレゼントします。今すぐ特集をCHECK!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
待望のシャフトが日本上陸! ジョーダン・スピースが使用しているシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2016 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop