ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
25,819
登録商品件数
8,291
Q&A質問数
3,015
Q&A回答数
13,502
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
sldr sフェアウェイの国内仕様と米国仕様の違いについて
197
sldr sのfw17度を購入しようか検討しています。 国内仕様の白ヘッドと、米国仕様のシルバーのヘッドのスペックについてお詳しい方、いらっしゃいましたら違いを教えていただけますか?
ライ角や重量、重心の特性など教えていただければ助かります。
使ってる方の感想も聞いてみたいです、よろしくお願いします。
 関連用語: 重心  フェアウェイ  ヘッド  ライ 
 回答数:1 | 閲覧数:2845質問者:sauvignon  質問日時:2015/10/7 (水) 10:18 
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. 825  回答日時:2015/10/9 (金) 20:01
197
なかなか回答がつきませんね。

メーカーHPを見る限りJP/USの順で長さ43/43.25、ライ角58/57、重量314(純正シャフト重量Sフレックスで50g)/(総重量が明記されていませんが純正Sフレックスでシャフト重量が70g)になってますね。

短くてアップライトなのでどうやらJPの方がつかまりやすい設定になっているみたいですね。
日本での売れ筋を考慮した設定になっているのでは?と想像できます。

失礼ですがHP見ればわかるんですからここまでは自分でお調べになってはどうですか?
作文するよりも全然簡単な作業でしょう?

特性に関しては私は打ち較べたことはないのですが常識的な事としてホーゼル部分やウエイト等を除くヘッドそのものはJPとUSではおそらく何の違いもないと思います。

メーカーが商品のラインナップを増やす場合、工場のラインを増やす必要があります。
工作機械や金型をより多くする必要があるということです。
余計な投資を回収しなければならない訳で、日本市場が世界的なシェアとしてどれだけ大きいかはさておき現実的にそのために生産ラインを増やしているとは考えづらいです。
調整機構付きのヘッドであれば尚更ではないでしょうか?

ウエイトに違いがあるかはわかりませんがライ角調整のためホーゼル部分を調整して塗装を変えているだけ、もしくは製品誤差でたまたまライ角58度の物を日本仕様として扱っているだけと考えるのが現実的です。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner
banner

注目

banner
Steelhead XR PRO アイアン
これが全米No.1のアイアンブランドが作った飛びだ。飛びと打ちやすさに操作性を追及した「Steelhead XR PRO アイアン」誕生!
banner
マルマンSHUTTLE NX-1誕生!
ラクラク、ぶっ飛びシャトル。フルラインで登場!今なら試打アンケートに答えると、坂田信弘プロのレッスンDVDプレゼント!
banner
J.トーマス使用シャフト限定発売
今季3勝を挙げているジャスティン・トーマスが愛用するウッドシャフトとは…? 使用スペックを917本限定で発売!
banner
女性専用設計 新SWEEP誕生!
飛べば、いいのよ! プロギアより、女性ゴルファーが“もっと飛ばせる”高反発ドライバー登場!「SWEEP」3月10日発売。
banner
宅配試打キャンペーン
往復の送料のみ!レンタル料は無料でXXIOシリーズフルラインナップが試せます!
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop