ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
26,117
登録商品件数
8,324
Q&A質問数
3,041
Q&A回答数
13,672
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
【プレゼント】極 PREMIUM ゴルフグローブ≫≫
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ドライバーのシャフトを替えてみたい
754
最近、アイアンのライ角を適正に直してから、安定感が増したせいもあり、自分に合ったクラブの大切さを痛感しました。続いて欲がでてドライバーのシャフトを交換しようと思います。現在はタイトリスト913D3の純正シャフトのランバックス55のSRを使っておりますがミヤザキのクサラ インディゴ雪というシャフトに替えようと思います。フレックスは同じ、トルクは0.1上がり、中調子から元中調子になり、重量は10g程重くなります。なるべく数字的に変わらず、安い(ヤフオク)ものを探したら今回のシャフトにであったのですが、それでも振り心地や弾道はかわるものなのでしょうか?良く変ればよいのですか…
ご意見宜しくお願い致します。
 関連用語: アイアン  シャフト  ドライバー  トルク  フレックス  ライ  ラン  リスト 
 回答数:7 | 閲覧数:4629質問者:yokothi  質問日時:2016/2/11 (木) 22:37 
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. PWING  回答日時:2016/2/11 (木) 23:12
121
もう別物かと。

調子が手元に近付けばそれだけで硬くなったかなと錯覚するときもあります。
また重量が1つ重たいクラスになれば振り心地のレベルではなく別物です。
スイングや弾道が分かりませんが通常これだけ変化させると
球が上がりにくくなるかと思います。
現状のシャフトで球が左に飛ぶ時がある、弾道が高いのでしたら良くなる可能性はあります。
ただシャフトを重たくしたら安定したって人もいるので、新たな境地を開拓する可能性はあります。
2. カズマだに  回答日時:2016/2/12 (金) 1:01
107
シャフトのフレックスはメーカーにより基準が異なるので、SRと言っても違うメーカーだと参考になりません。同じメーカー内であっても異なる場合が多いです。フジクラですと、同じシリーズであっても、重量帯が異なると振動数が全然違います。例えば、フジクラのランバックスタイプSの55sは65srと55srは65rとほぼ同じ硬さです。
シャフトの調子も基準がないので、メーカーごとに異なると思っていた方が良いです。
トルクも雑誌の企画で計り直すと全然違うということもあるようです。計測器のちがいかと。

正直重量以外はあてにならないと思った方が良いです。

初めてということで、実際に試打をして、ちゃんとしたところでリシャフトすることをお勧めします。
ヤフオクなどご利用するのでしたら、それこそ勉強という意味でお金を捨てるくらいの気持ちは必要と思います。
3. rioibuban  回答日時:2016/2/12 (金) 9:09
107
数字的に近いものを選んだということは、いまのシャフトでも不満はないのではないでしょうか?
 
ただリシャフトすれば良いということではないので、どういう意図をもって、シャフトに何を期待するのかを決めることです。

現状でドライバーでの課題は何でしょうか?
それによってシャフト選びを始めましょう。

自分に合ったクラブ選びの大切さは身に染みて実感しているのですから、フィッティングで客観的にみることも良いでしょう。

ゴルフ5などの量販店でも最近はしっかり計測できるので目安がつきます。フィッティングだけなら無料ですし。
一度、試してからどうするかを決めても遅くはないですよ。

ゴルフ道具はどうしても値がはるので慎重に選びましょう。
4. レオブリッツ  回答日時:2016/2/12 (金) 19:33
108
今回質問者様の選んだ「ミヤザキのクサラ インディゴ雪」にした場合全く別物のクラブに仕上がります。
更に言えばショップで希望のシャフトを試打していい結果が出ても自身のクラブに挿したら合うかどうかも不明です。
ヘッドによって重心の位置が違うので走りやつかまりの感覚がガラッと変わるはずです。
安易にオークションで購入せずにショップのクラフトマンなどに自身のクラブを持て行って相談するのがベストかと思います。
5. shun66  回答日時:2016/2/12 (金) 23:28
111
僕はドライバー用シャフトはバイメイトリックスツアープロトタイプフレックスSを現在使用していますがこのシャフトはちょっと特殊なシャフトなんで例外だと思いますが工房の方曰くフレックスは同じSでもメーカーによってカーボンシートも違うし巻き方でも変わってくると聞きました。

LOOPというシャフトがありますがそのシャフトは巻く職人さんの技術が高くスイングの時にトゥダウンをほとんどしないシャフトで
シャフトがしっかりしているため硬さを普段のものより落として組む人が多いとかって聞きました。
メーカーそれぞれに個性があるのでカタログスペックだけではなくタイトのように多くの中古シャフトが出回っているものなら実際に試打させてもらってから購入することをお勧めします。
6. taketin  回答日時:2016/2/14 (日) 21:53
105
私もドライバーのシャフトにこだわっているので、シャフトを変えたらどうなるのかという気持ちは分かります。あくまで個人の経験ですが、私はディアアマの白マナが一番合いました。ここに至るには中古ショップに行っては色々なメーカーのシャフトを試打してネットでそれがささってるクラブを見つけては購入し売却しを繰り返し最終的に自分なりに出した結果です。ただし先に書き込みされているようにヘッドが違ったり、同じメーカーでもシリーズが違えば(当たり前か?)全然感じが違うし出球も振り味も違うと思います。回答になっていないと思いますが、数値だけじゃなく、少なくても試打をして振った感じをもとに決めた方がいいと思うので、それをしてからシャフトを決め選んだ方がいいと思います。これを言ったら元も子もないと思いますが、あまり数値を信じない方がいいと思いますし、何よりも自分がいいと思うものが一番だと思います。
7. なとかり  回答日時:2016/2/16 (火) 20:41
95
実際に振ってみないと何とも…です
感覚は個人差があるので(っと言うより、大きいので)実際に付いているクラブで振ってみる。
なければ同じメーカーの似たシャフトで振ってみる
って事を何回もやってみないと何とも言えません

よく言われる○○調子と言うのは、あまりあてにしなくても良いです
フレックスも同様です
メーカーによってマチマチで同じ基準ではないので、気にするだけ無駄です(笑)

あとシャフトで10g変わったらクラブは別物になりますよ
これは同じシャフトでも言える事です

なので、数値に拘るのではなく、実際に振ってみて選ぶのが一番良いです
でないと安物買いの銭失いになりますよ〜〜〜

あと、どんなシャフトでも『ダメなシャフト』は存在するけど『悪いシャフト』は存在しません
その人に合っていればどんなに古くて人気のないシャフトでもその人にとっては最高のシャフトです
最新のシャフトでも合っていなければその人にとってはダメなシャフトです

宝探しと思っていろんなシャフトを試してみてくださいね!
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
PHYZボールモニター結果発表
ブリヂストンスポーツ『NEW PHYZ』のボールモニターを120名に実施。体感したゴルファーの評価はいかに!? 飛距離は?
banner
QP&鹿又さんN.S.トークショー
N.S.PROジャパンゴルフフェア2017レビュー公開!QPさんと鹿又さんによるトークショーや2人の試打インプレッションもお届け!
banner
【特集】FJフィッティング体験レポ
本当の足のサイズをご存知ですか?皆さんはゴルフシューズをどのように選んでいますか?これを読んでからの購入をオススメします!
banner
J.トーマス使用シャフト限定発売
今季3勝を挙げているジャスティン・トーマスが愛用するウッドシャフトとは…? 使用スペックを917本限定で発売!
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
新しいZはどうだ?
松山英樹が選んだボール「NEW SRIXON Z」シリーズの実力は?
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop