ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

banner
ただいまのクチコミ件数
26,351
登録商品件数
8,386
Q&A質問数
3,078
Q&A回答数
13,905
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
ソケットが
4260
アイアンのロゴ部分の色入れを落としてやろうと、除光液で脱色したのはいいのですが、みるとソケット部分に除光液がたれて表面が少し解けた状態になってしまいました。変形はしていないのですが、ただれた様な感じで見かけが悪るくなってしまいました。この程度では安全上問題ないでしょうか。除光液が全く隙間に入ってないことはないでしょうが、どぼどぼと入っていないと思います。また、ソケットを交換するにはシャフトを抜かないと無理ですよね。
 関連用語: アイアン  シャフト  ソケット 
 回答数:2 | 閲覧数:23356質問者:taishi  質問日時:2009/7/14 (火) 12:27 
taishiさんのコメント
かなり元の状態にに近づきました。ありがとうございます。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. 芝刈大好  回答日時:2009/7/17 (金) 21:34
2203
ソケットは塩ビ(塩化ビニール)という材質です。
除光液はアセトンという有機溶剤が主成分で、これは塩ビを溶かす性質があります。

が、除光液が表面を溶かしただけで、深部まで溶かすには数時間或いは数日というレベルで漬け込んでおく位の時間が必要ですのでクリーニングの際に付着してしまった位では安全上なんら問題はありません。

外観上気になるようでしたら、再度除光液で綺麗に拭いてやればよいでしょう。
その際に使用するウエスは繊維の軟らかい物かキッチンペーパーにもったいぶらずに、垂れる位たっぷりしみ込ませて「サッ」とひと拭きして完全に乾くまで(5〜10分以上)触らないで下さい。

ラッカーうすめ液(俗にいうシンナーの事です)であればアセトンより少し弱いので多少作業が楽でしょう。

また、ソケットの交換ですが、機能上或いは外観上、使用に耐えられないのであればやむを得ませんが上記の理由のみであれば全く交換する必要はありません。

プロのクラフトマンも同じ方法で有機溶剤でソケットをクリーニングするのですよ。ご心配なく。

以上、塩ビの専門家の意見でした。
2. モンキーパンチ契  回答日時:2009/7/23 (木) 14:46
2059
コレぐらいでは、ソケットを買える必要は全く有りませんし
除光液にもよりますが、アセトン成分の弱いモノと強いモノがあるはずです
アイアンの色入れは100均などの安い除光液で十分です、上からネール用のトッポコート(クリア)を色の上からコートすると色持ちが良くなります
アセトンで成型してにほぼ元に戻ったんですね〜ならば最終的に自動車用の鏡面コンパウンド(2000〜4000)で吹き上げるとピカピカに成りますよ
アセトン成分が強い除光液は黒いフェルール(ソケット)に付着するだけで白濁するはずです
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>
banner
banner

注目

banner
PHYZボールモニター結果発表
ブリヂストンスポーツ『NEW PHYZ』のボールモニターを120名に実施。体感したゴルファーの評価はいかに!? 飛距離は?
banner
J.トーマス使用シャフト限定発売
今季3勝を挙げているジャスティン・トーマスが愛用するウッドシャフトとは…? 使用スペックを917本限定で発売!
banner
2017 プロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
新しいZはどうだ?
松山英樹が選んだボール「NEW SRIXON Z」シリーズの実力は?
banner
メジャーで勝利を重ねるシャフト
メジャー2勝のジョーダン・スピースが使用しているウッドシャフトとは?
banner
ゴルフ会員権ってお得?
「ゴルフ会員権を持つメリットは?」など会員権に関することなら何でもお気軽にご相談ください!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2017 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop