ゴルフ用品に関する国内最大級のクチコミサイト

頭文字   メーカー名   ブランド名 
ドライバー
FW・UT
アイアン
ウェッジ
パター
ボール
シャフト
グリップ
シューズ
距離計測器
ようこそゲストさん
ログイン
新規会員登録

ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > みんなのQ&A > すべての質問 > 質問と回答
みんなのQ&A
すべて |ゴルフギア系 |シャフト系 |レディース系 |ツアー・トーナメント系 |ゴルフ場・練習場系 |レッスン系 |その他
すべての質問
アイアンのスイングが安定しない
7917
ついこの前まで安定していたアイアンが突如としてフックやスライスが多発するようになりました。8,9番は比較的マシですが、5,6,7番を持つと顕著に現れます。以前と変わらない振りのつもりでも、何かが悪いのだと思いますが、迷路に入り込み困っています。
どんな些細なことでもいいので、アイアンのスイングを安定させるためのお知恵をお貸下さい。
最近のスコアは95〜100前後です。
使用アイアンはキャロウェイのX20 カーボンRでドライバーのH/Sは42〜43です。
元々はスライサーでが調子良いときはストレートボールが出ていました。
 関連用語: アイアン  スイング  スライス  ドライバー  フック  ボール  ライ 
 回答数:3 | 閲覧数:42650質問者:金曜ちゃん  質問日時:2009/8/6 (木) 17:43 
金曜ちゃんさんのコメント
shingo119さん
アドバイスありがとうございました。
そうですね 自分ではスクエアに構えているつもりでも 開いているのかも知れないので、いろいろと試してみることにします。
これを治そうとして他が悪くなったら元も子もありませんものね。


Murasanさん
初心に帰りハーフショットから徐々にやってみようと思います。
自分では知らないうちにどこかに力が入り その結果 グリップを強く握り過ぎたりしているのかも知れないです。
ゆったりしたスイングリズムでやってみます。
ありがとうございます。

ていおうさん
アドバイスありがとうございます。
グリップ、スクエアに構える、ゆったり振る、ハーフショットなど改めて見直したところ、昨日随分と改善されフックも消え 気持ちよく振れるようになりました。これを維持するよう頑張ってみます。
どうもありがとうございます。
回答一覧 古い順 |  新しい順 |  ポイント順 
1. shingo119  回答日時:2009/8/6 (木) 21:26
2801
アドレス時に,フェースを開いて構えていませんか?
意外と閉じているように見えている状態でスクエアです。
また,アドレスでスクエアに構えられていたとしても,インパクト時に,フェースが開いている可能性があります。

このため,もともとスライス軌道のスイングによるスライスが出てきます。また,それを嫌ってヘッドを返してしまうフックも出ているのでしょう。

ショートアイアンでは,少々のフェースオープンでもつかまってくれますので安定しているのだと思います。


ワッグルなどで,テークバックからインパクト直前の状態を試して作ってみることにより,インパクト時のフェースの状態を確認してみてください。
もちろん,腰はアドレス時よりも開いている本当のインパクトを再現してみてください。
ただ,振る真似をするだけでなく,本当に球を打つ気持ちで,インパクト前の再現をするのです。
おそらく,フェースが開いていると思います。

この時のフェースをスクエアにしてグリップしなおすことによって,弾道をストレートに戻すことができると思います。
あとは,無理せず,今までどおりのスイングでいいです。

他には,球の位置やスイング軌道など,根本に迫るものでの対処が必要となるように思いますが,今のスイングで,球を曲げないようにするには,インパクト時のフェースがスクエアになるように構えるのが最短です。

また,曲がり幅を少なくする,つかまりをよくするための応急処置として,クラブを短く持つことをあげられます。
スライスしなくなってくれば,少しずつ長く持つようにしてみてください。

あくまでも,持ち球はスライスですので,無理なスイングをして逆球がでないようにしてください。
両方でると対処が複雑になってきます。

まずは,スライスの度合いを縮めていくことが第一です。
2. Murasan  回答日時:2009/8/7 (金) 16:12
2448
私も、「金曜ちゃん」さんと同じような時がありました。
その時、上半身、特に腕とグリップがガチガチに力が入ったり、飛ばそうと思って力が入った余裕のないスイングになっていた気がします。
構えもスイングの時も上半身、下半身がバラバラだったりしていると思いますね。
,修海如
・バックスイングの時スエーはしないようにして、・バックスイングは、 背中(肩胛骨)を飛球方向に向ける意識。
・下半身は、「礼!」でキメ、上半身の胸を張り、猫背に気をつける。
・腕と特にグリップの手はゆるゆるにしてバックスイング。
・いつもよりも、ゆったりとしたカンジで打つ。
△修譴任蘯らない時には、AWなどで30〜40ヤードをきっちり
 ヒットしてのクオーターショットを何回も続ける。
 続けていると、きっちり打ててるか感触がつかめる。
 次に、少しずつ距離を伸ばし、きっちりとフォローが取れるように
 していく。グラグラしないフォローですよ。
3. ていおう  回答日時:2009/8/7 (金) 18:36
2672
僕も、ちょうど同じ時期にありましたよ。だんだんグリップが都合よく変わってきてませんか? 初心に帰ってグリップから点検しましょう。人間って都合よく出来てまして、あの小さなボールに小さなフェイスって案外当たるもんなんですよ。だけど、ギュっと握ったり、手首が硬ければ、狙っている所に当たらないだけなんですよ。
回答
ネットコミュニティ上のマナー・エチケットを守り、ゴルファーとしての良識を持ってご利用ください。
一覧に戻る
 よく読まれているQ&A
ダイナミックゴールドS200とモーダス3を比較して 7 258388 23776
シャフト系の質問 今話題のモーダス3のシャフトが気になります。過去のコメントを拝見しましたが、自分が今使用しているダイナミックゴールドS200と比較し、どうなのかがよく分かりません。具体的に言うとシャフト重量が重く感じるのか軽いのか、球の伸びはどうか、打感はどうか、飛距離はどうか、コントロール性はどうか、球はDGに比べ低いのか高いのかと...
カーク  2011/10/9 (日) 10:39 
ハイバウンス、ローバウンスどちらのほうが簡単ですか? 11 238031 38621
ゴルフギア系の質問 サンドウェッジとして、タイトリストのヴォーケイシリーズを購入しようと考えています。 バンカーショットが苦手なので、とりあえずバンカーから脱出しやすいスペックとして、56度のバウンス08〜14のどれが一番簡単なのか教えてください。ちなみに湿った硬い(締まった)砂質のバンカーのコースでプレイすることが多いです。 どうぞよろしくお...
yuki72  2009/5/20 (水) 18:38 
シャンク病に悩んでます。ご指導お願いします。 24 198029 108369
レッスン系の質問 シャンク病に悩んでます。80台前半でコンスタントに回っていたのですが、先週から発病し、練習場・コースとも出っぱなしでした。いつもですと応急処置でクリアしていたのですが今は何を打ってもシャンクです。アイアンを握る気がしないのです。ご指導お願いします。
かずさん  2008/9/25 (木) 22:24 
ライ角で悩んでいます。調整は本当に大事なのでしょうか? 14 196416 59947
ゴルフギア系の質問 ライ角で悩んでいます。 先日、ゴルフ5でスイングチェックしてもらった所、7Iでライ角66°。 市販の軟鉄アイアンではライ角調整ができないので三浦技研のアイアンを薦められました。 ライ角を調整すれば、抜群に方向性・飛距離がよくなるとのことでしたが、、、、。 ライ角の調整は本当に大事なのでしょうか?
ぼうず  2008/10/7 (火) 22:55 
ウェッジの選び方(56度と58度)について 4 190383 7554
ゴルフギア系の質問 いつも楽しく拝見しています。 ウェッジの購入を検討しているのですが、雑誌等では、52度-58度を選択されている方が多いようですが、現在、50度のUWを持っているので、50度-56度にするか50度-54度-58度にするか悩んでいます。54度の使い勝手のイメージがわかないのと、56度と58度の使いやすさの違い(56度のほうが簡...
nok  2013/5/26 (日) 16:52 
あなたもゴルフに関する質問・回答をしてみませんか!?
会員登録はこちらから>>>

注目

banner
マスターズ王者の使用シャフト
昨季マスターズ覇者セルヒオ・ガルシアが使用するウッドシャフトの最新モデルとは?
banner
柏原明日架の使用シャフト
初優勝が期待される若手注目株・柏原明日架が使用するウッドシャフトの最新モデルとは?
banner
トッププロのギアセッティング
世界のトッププレーヤーたちはどのクラブを使ってる?随時最新情報に更新していきます!
banner
全国試打会情報
話題の新製品、まずは購入前に試打してみよう。お近くの試打会へGO!
banner
ゴルフTwitter集
my caddieはもちろんプロもツイッターで最新ゴルフ情報をつぶやいております。

Copyright © 2018 International Sports Marketing,co.ltd

PageTop